売掛金のリスク回避に使える売掛保証とは?

取引をするにあたって、掛取引を採用しているところも多いでしょう。
しかし売掛先が倒産して、売掛金が受け取れない状況になると経営が悪化する可能性があります。
このような売掛金を回収出来ないというリスクを回避する為に利用してもらいたいのが、売掛保証というサービスです。

売掛保証とは?

売掛債権には大きなリスクがあります。
それは、売掛先の倒産などで債権の回収ができなくなってしまうことです。
最悪の場合、連鎖倒産も起こりえます。
このリスクを軽減するために、売掛保証が利用されています。
売掛債権に保証を掛け、貸し倒れのリスクを軽減する為のものです。

売掛保証にも様々なサービスがあります。
今回特に詳しく紹介するのは、売掛保証の中で保証ファクタリングと呼ばれるサービスです。
ファクタリングには、他にも2社間ファクタリングと3社間ファクタリングと呼ばれる種類があるのですが、これら二つは保証ファクタリングとは違い、実際に売掛債権を売って早期に資金にするサービスになります。

売掛保証を使うタイミングとは

では、そもそも売掛保証はどんなタイミングで使うのが良いと言われているのでしょうか。
一般的には、主に以下のようなタイミングで使うのが良いとされています。

  • 取引先が業績不振になってしまった
  • 大きな金額の取引をしたい

それぞれについて、より詳しく解説していきましょう。

取引先が業績不振になってしまった

取引先の業績不振はこちら側でコントロール出来る部分ではありません。
しかし業績不振だからと言って、これまで取引をしてきた会社の契約を突然切るということは難しいです。
それぞれの掛け取引の状況もありますし、会社同士の繋がりをそんなに簡単に切ることは出来ないからです。

そんな時に使えるのが売掛保証のようなサービスになります。

大きな金額の取引をしたい

大きな金額の取引をする場合、基本的には掛け取引をすることになります。

けれども、高額な売掛金を発生させるのはリスクがあります。
もしも取引先が売掛金を払えなかったりしたら、大きな損になってしまうからです。

一方、保証ファクタリングを使えば未回収リスクを軽減させることが可能になります。

売掛保証(保証ファクタリング)のメリット

売掛債権(保証ファクタリング)にはさまざまなメリットがあります。

(変更)売掛金の回収不能リスクを回避可能

売掛保証(保証ファクタリング)のメリットとして大きいのは、貸し倒れリスクを回避できるということです。

貸し倒れのリスクが回避できることで、同時に資金繰りの悪化も防ぐことができます。
健全に事業を続けていく為には欠かせないことですね。

回収に際しての手間を省ける

売掛先が期日通りに売掛金の支払いをしなかった場合、催促をしなければなりません。
そのためには、時間もかかりますし、精神的な負担もかかりますよね。

しかし、保証ファクタリングを利用すれば、ファクタリング会社が売掛金の回収を代行してくれますので、その手間を省くことができます。

与信審査をアウトソーシングできる

保証ファクタリングを利用する際、売掛金保有会社の義務でもある与信審査は不要です。
売掛先の審査は、ファクタリング会社が行うからです。
与信審査をアウトソーシング出来れば、業務コストの削減に繋がりますね。

経営に集中することができる

貸し倒れのリスクを気にする必要がなくなるので、経営に集中することが出来ます。

事業に集中することが出来れば、その分新たなアイディアなども浮かびやすくなります。
会社の発展に尽力できるので、経営をさらに安定させることが可能になりますね。

新たな業種や会社との取引もしやすくなる

通常であれば新たな業種や会社が取引相手となると、リスクを考えてしまう為に、掛け取引を躊躇してしまうこともありますよね。
売掛金を保証してもらえれば、新たな業種や会社との取引もしやすくなります。

新たな業種や会社との取引を進めていくことが出来れば、それだけ利益に繋がる可能性を上げることが出来るようになっていきます。

売掛保証(保証ファクタリング)のデメリット

一方で、売掛保証(保証ファクタリング)をするデメリットもあります。
これらのデメリットについて、さらに詳しく解説していきます。

審査に通らない場合もある

審査に通らない場合もある<保証ファクタリングを利用する際にも、もちろん審査はあります。
この審査に通らない限り、サービスを受けることは出来ません。

保証ファクタリングを利用する上での審査で最も重要視されるのは、取引先の信用力です。
この信用力とは、基本的に取引先の経営状態のことを指します。
経営状態が悪い会社が相手の売掛金だと保証してもらえない可能性がある、ということです。

あまりに経営状態が悪い状態の取引先の売掛金に関しては、保証してもらえないリスクがあるということは知っておきましょう。

保証料を払う必要がある

当然ではありますが保証料を払わないことには、サービスを受けることは出来ません。

売掛金によって保証料の額は変動しますが、保証をつけなければかからない費用を払わなくてはならない、といった面ではデメリットと言えます。

売掛金の未回収がない限り、掛け捨てになる

保証ファクタリングは、あくまで売掛債権の回収を保証するもの。
その為、何事もなく無事に売掛金が回収出来れば、払った保証料が返ってくることはありません。
保険と一緒で、掛け捨てのサービスということですね。

保証のサービスの特性上仕方のないことではありますが、これもデメリットと言えます。

売掛債権の残高によってはリスクがある

取引先によっては、売掛債権の残高が多くなる場合もあります。
しかし、保証できる金額には上限があるので、あまりに売掛債権残高が多くあるとリスクがあります。

例えば保証の上限は1000万円までなのに、すでに売掛債権の残高が2000万円もあったら、保証してもらったとしても1000万円損をしてしまう計算になります。
売掛債権の残高の状況については、常にチェックしておくようにしましょう。

倒産保険と売掛保証の違い

ここまで売掛保証の詳細を解説してきましたが、似たようなワードとして「倒産保険」と混同されることがあります。
経営者として、どちらのサービスを使えばいいのか分からないということもありますよね。

倒産保険と売掛保証は売掛金を保証するというサービス自体は似ているものの、中身が少し異なります。
そこで、ここでそれぞれのサービス内容の違いについても、解説していきましょう。

倒産保険

倒産保険は、別名「取引信用保険」とも呼ばれています。
言葉の通り、万が一売掛先が倒産してしまっても金銭的な損害を最小限に出来ることが一番のメリットになります。
対象となる売掛先が多くなれば保険料率を安く設定できるようになりますが、原則として優良な取引を出来ている売掛先上位何割かの適用になることが多く、任意で保険を設定出来ない場合もあります。

売掛保証

保証ファクタリングは、売掛先が倒産しなくても売掛金が未回収になった場合に保証会社が保証するサービスです。
売掛金の未払いのリスクを回避できるのは、売掛金保有会社にとって大きなメリットといえます。

売掛保証(保証ファクタリング)を利用する流れ

ここからは、売掛保証(保証ファクタリング)を実際に利用する流れについてみていきましょう。
売掛保証を利用するにはいくつかのステップがあります。

簡単に解説すると、以下の3ステップです。

  1. 商談資料請求
  2. 審査見積依頼
  3. 契約

これらのステップについて、一つずつみていきます。

ステップ1:商談資料請求

売掛保証会社に資料を請求します。そして、担当者と商談をし、サービス内容の詳細を聞きます。
もし気になることがあれば、どんな些細なことでも質問し、確認しておくとよいでしょう。
この確認作業は、インターネットや電話を通して行えるケースもあります。

ステップ2:審査見積依頼

次に保証会社(ファクタリング会社)へ見積もりを取ります。
保証料がいくらになるかを確認しましょう。
見積もり内容に納得できれば、申し込みをします。
申し込み後、売掛先の審査があります。売掛金を保証できるかどうか、保証会社(ファクタリング取引におけるファクタリング会社)が検討するためです。

ステップ3:契約

審査の結果、保証限度額、保証料率が設定されます。その内容に納得できれば、契約となります。

売掛保証を活用する際の確認ポイント

売掛保証を活用する際には、確認した方がいいポイントをいくつかご紹介します。
それぞれのポイントは、売掛保証サービスをスムーズに利用するためのものなので、ぜひ参考にしてください。

保証の対象となる取引先の選定

1つ目のポイントは、数ある取引先から保証の対象を選定することです。
この場合、自社で前もって基準を定めておくことで、取引先の選定がスムーズになります。
例えば、「与信額を超えた取引をしている」「売掛債権の残高が一定以上でありながら、評判があまり良くない会社」などが、売掛保証の基準になり得るものです。

保証額を決める

保証の対象となる取引先が決まったら、次は売掛債権の中からどれくらいの額を保証してほしいのかを決めましょう。
例えば、『実際の取引額と与信額の差額分』や『資金繰りに影響が出ないように最低でも受け取っておきたい金額分』などが、保証額を決める要点となります。

保証しようとしている取引先の支払い状況

売掛保証を活用する際には、取引先の支払い状況を確認しておくことが重要です。
既に売掛金の支払い期日が過ぎている、つまり未回収の状態の取引先は、保証の対象外になるからです。

ちなみに、つい最近に支払いが遅れたことのある取引先も、保証してもらうのが難しいです。
もしも支払いが遅れたことがあるにもかかわらず、それを告げずに売掛保証の対象にしてしまうと、保証料をきちんと支払ったとしても、保証が履行されない恐れがあります。

売掛保証に費やすコスト

売掛保証に費やすコスト売掛保証は、確かに効果的なサービスであることは間違いありませんが、保証料を支払わなければなりません。
会社によっては保証期間が定められていますし、いくつかのプランに分かれているケースもあります。

そのため、売掛保証を利用する際には、保証期間やプランに沿った保証料を継続的に支払う必要があるのです。
その点を失念してしまうと、そもそもとして資金繰りに悪影響を及ぼす恐れがあります。

不安を抱いてしまうような取引をしてしまい、そのための保険を掛けるのは至極当然のことではありますが、保証料もきちんと留意した上で、売掛保証を活用するようにしましょう。

まとめ

この記事では、「売掛債権」について詳しく解説してきました。
今回は中でも保証ファクタリングについての紹介になりましたが、参考になりましたでしょうか。

記事の中でお伝えした保証ファクタリングのメリットやデメリット、利用時の流れを参考に、是非利用を検討してみてくださいね。

サイトマップ