取引信用保険とは?ファクタリングとの違いを分かりやすく解説

売掛金を対象にしているという共通点がある取引信用保険とファクタリングですが、利用目的や取引先の範囲は異なります。ここでは取引信用保険とファクタリングを比較して説明していきます。

 

 

今回は以下3点のポイントについて詳しく見ていきましょう。

  • 取引信用保険とファクタリングの3つの違い
  • それぞれのメリット・デメリット
  • 取引信用保険とファクタリングどちらを利用するべきなのか

 

取引信用保険とは?

取引信用保険とは保険サービスの一種です。

売掛金発生後に保険を掛けることで、

  • 取引をしている企業が業績不振で倒産した場合
  • 資金繰りの悪化による売掛金未払いなどに陥った場合

に売掛金が回収できないというリスクを回避します。

売掛金に保険を掛けてあらかじめ保険料を払うことで、売掛金が回収できない場合に、保険会社から保険金が支払われるシステムです。

取引信用保険とファクタリングの3つの違い

同じ売掛金を対象にしている取引信用保険とファクタリングですが、大きく3つの違いが挙げられます。

  • 利用目的が異なる
  • 取引先の範囲が異なる
  • 債務回収のリスクが異なる

利用目的が異なる

取引信用保険とファクタリングでは利用目的が異なります。

取引信用保険  :売掛金の貸し倒れリスクを防ぐために利用

ファクタリング :売掛金を売却することによって資金調達するために利用

取引信用保険は売掛金の未払いを防ぐための保険サービスで、ファクタリングは資金調達サービスです。

ファクタリングは貸し倒れのリスクを防ぐためよりも、早期で資金調達するための目的で利用されています。

取引先の範囲が異なる

取引信用保険は包括的に取引先の売掛金を保全するサービス、ファクタリングは1つの売掛金を売却して資金調達をするサービスのため、取引先の範囲も異なります。

取引信用保険  :取引先が少なければすべてが対象、取引先が多く会社の規模が大きければ、
売掛金の多い10社などに条件を絞ることができる。
(例)売掛金100万以上の会社のみ保険をかける

ファクタリング :取引先の数や規模に関係なく売掛金の売却可能、
1社でも5社でもファクタリング会社の審査に通れば売却して現金化できる。
(例)翌々月末入金予定の売掛金のみ売却し、資金化する

取引信用保険は売掛金の未払いリスクを回避する保険ですが、ファクタリングは売掛金を売却するのですべての取引先が範囲になるわけではありません。

債務回収のリスクが異なる

取引信用保険とファクタリングでは債務回収のリスクが異なります。

・取引信用保険

資金繰り悪化により売掛先が売掛金の支払いを渋っている、取引先より保険会社にクレームがある、など何らかの問題が生じた場合、利用社は債務回収ができない

・ファクタリング

売掛金の売却になるので、買取手数料は生じるが、ファクタリング契約を締結した際の買取金額は確実に振り込まれる

取引信用保険は売掛金に掛ける保険です。

被保険者の重大過失や法令違反があった場合の損害や、長期間支払い遅延をしている取引先に商品を引き渡してしまった際に生じた損害など、状況によって保険が下りない場合もあります。

しかし、ファクタリングは売掛金を売却してすぐに現金化することができるので、確実に債務回収が可能です。

取引信用保険のメリット・デメリット

取引信用保険を利用するメリットとデメリットについて見ていきましょう。

メリット

取引信用保険のメリットは以下の3つが挙げられます。

  • 保険会社の審査に通ることで、取引金融機関からの信用が上がる見込みがある。
  • 保険を掛けることで確実に売掛金と同じ額は回収できるので、キャッシュフローの流れを止める心配がない。
  • 保険会社が売掛金を管理することになるので、小口取引先の管理が効率的になる。

デメリット

取引信用保険のデメリットは以下の3つが挙げられます。

  • 保険を掛ける前に審査があるので、希望額より支払限度額が下げられる可能性がある。
  • 貸し倒れリスクの高い取引先に保険を掛けたくても、審査次第では対象外になる可能性がある。
  • 取引信用保険では入金を前倒しすることができない。

ファクタリングのメリット・デメリット

もちろん、ファクタリングにもそれぞれ利用するメリットとデメリットがあります。

メリット

  • 売掛金を最短即日~3日で現金化できる
  • ファクタリングで調達した資金は使用使途が自由
  • 売掛先に承諾を得ることなくファクタリング契約可能
  • 税金や社会保険を滞納していても利用可能

デメリット

  • 売掛金を売却するのに手数料が発生する
  • 売掛金の入金日に一括で振込をしなければならない
  • 売掛金の範囲内でないと現金化できない

ファクタリングのメリット・デメリットは下記コラムでご説明しております。

詳しくは以下リンクからご確認ください。

資金調達に困ったら!ファクタリングを利用する8つのメリット

取引信用保険を利用した方が良い会社

取引信用保険は売掛金が回収できない場合に備えて、取引先に保険を掛けておくサービスです。

取引信用保険は、製造業や運送業、通信業など様々な業種に利用されています。

しかし、取引信用保険は保険を掛ける取引先の選択は原則できません。

保険を掛けたい取引先が多い、売掛金の回収に心配があるなどのお悩みをお持ちであれば取引信用保険の利用がおすすめです。

資金調達が目的ならファクタリングを利用した方が良い

ファクタリングは売掛金を売却して、早期で現金化するサービスです。

急ぎで資金調達をしたい方、融資の審査結果が出るまでのつなぎ融資として利用される方におすすめしております。

特に、建設業や製造業、運送業など、入金サイトの長い業種でファクタリングは人気の資金調達方法とされています。

ファクタリングであれば、売掛金を売却し現金化するので、申込から最短即日の資金調達が可能です。

ファクタリングを通した資金調達はビートレーディングにお任せください。

丁寧なサポート、良心的な手数料、最短即日で資金調達のお手伝いをさせていただきます。

資金調達を検討される方はぜひお問い合わせください。

お問い合せはこちら

まとめ

取引信用保険は、包括的に取引先の売掛金を保全するサービスなので、売掛金の未払いリスクを回避することができます。

一方で、ファクタリングは、売掛金を売却して現金化する資金調達方法です。

スピーディーに調達できるため、急な資金調達やつなぎ融資が必要な企業に人気のサービスです。

取引信用保険は保険サービスでファクタリングは資金調達サービスになるため、利用目的や取引先の範囲、債権回収のリスクなど異なる点が多くあります。

利用目的によって使い分けるようにしましょう。

 

資金調達であればファクタリングの利用をおすすめします。

気になる点があればビートレーディングにお気軽にご相談ください。

サイトマップ