【簡単解説】ファクタリングとビジネスローンの違いは?メリット・デメリットも

資金調達といえば銀行融資のイメージが強いですが、銀行融資は審査のハードルが高く、借入までに時間もかかります。
スピーディな資金調達を希望する場合は、ファクタリングとビジネスローンがおすすめです。

 

この記事では、ファクタリングとビジネスローンについて、以下の5点を詳しく解説します。

  • ファクタリングとビジネスローンの違い
  • メリット・デメリット
  • ファクタリングをおすすめするケース
  • ビジネスローンをおすすめするケース
  • 利用前に確認するべきポイント

 

ファクタリングとビジネスローンの違いを知りたい方、どちらを利用するべきか悩んでいる方は、最後までお読みください。

ファクタリングのご利用をお急ぎの方は、下記よりお問い合わせください。

簡単スピード見積り!

ファクタリングとビジネスローンの違い5点

ファクタリングとビジネスローンの違いとして、主に次の5点が挙げられます。

ファクタリング ビジネスローン
①サービス内容 売掛金買取サービス 法人向け無担保ローン
②調達可能額 数十万円~数億円 ~1000万円
③審査基準 売掛先の信用力 利用者の返済能力
④支払い方法 2社間:自身で支払う

3社間:売掛先が支払う

自身で返済
⑤売掛先への通知 2社間:10~20%

3社間:2~9%

ノンバンク:5~18%

銀行:1~15%

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①サービス内容

ファクタリングとビジネスローンには、スピーディな資金調達方法という共通点がありますが、そのサービス内容は全く異なります

ファクタリングは売上代金をあとから受け取れる権利である「売掛金」を、ファクタリング会社が買い取ることで資金化するサービスです。

売掛金を売買する仕組みのため、借入ではありません。

一方、ビジネスローンは法人向けの無担保ローンを指します。

主な提供先は銀行やノンバンクです。

融資のため、借入にあたります。

②調達可能額

ファクタリングとビジネスローンでは、調達できる資金額にも違いがあります。

各サービスの調達可能額は次のとおりです。

ファクタリング:数十万円~数億円
ビジネスローン:~1000万円
ファクタリングは、売掛金をファクタリング会社に売却することで資金化するため、調達できる資金は保有する売掛金に応じた額です。

高額な売掛金でも、売掛先の信用力が高ければ問題ありません。

ただし、対応可能額はファクタリング会社によって異なるため、高額の売掛金を売却したい場合は問い合わせが必要です。

ビジネスローンの限度額は、最大1,000万円が一般的です。

ビジネスローンは、金利を上げて中小企業・零細企業に融資するために作られたローン商品のため、高額融資が想定されていないためです。

③審査基準

売掛金買取サービスであるファクタリングと融資にあたるビジネスローンでは、審査基準も異なります。

それぞれの審査基準は次のとおりです。

ファクタリング:売掛先の信用力
ビジネスローン:利用者の返済能力

 

ファクタリングは売掛金の買取サービスのため、ファクタリング会社は「売掛先の信用力」を重視して審査します。

利用者本人に赤字決算や税金未納などがあっても、売掛先に信用力があれば利用できます。

対して、ビジネスローンは融資であるため、審査には「利用者の返済能力」が重視されます。

銀行よりも審査ハードルが低く柔軟な対応をしてくれますが、赤事決算や税金未納、債務超過などがあれば、返済能力を疑問視され、審査に落ちてしまうでしょう。

④支払い方法

ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2つがあり、契約方法によって支払い方法が異なります

2社間ファクタリング:支払い期日までにファクタリング会社に一括で支払う
3社間ファクタリング:売掛先からファクタリング会社に入金されるため、利用者からの支払いは不要

 

一方、借入であるビジネスローンは、資金調達後に元本と利息を自身で返済していきます。

返済期間が最大10年まで設定可能で、以下の2種類の返済方法から選択できます。

元利均等返済:毎月の返済額が一定
自由返済:決められた返済日に利息を支払い、元金は自由に返済

⑤売掛先への通知

ファクタリングは借入ではないため金利はかかりませんが、手数料がかかります。

手数料の相場は次のとおりです。

2社間ファクタリング:10~20%
3社間ファクタリング:2~9%

 

一方、ビジネスローンの金利は次のとおりです。

ノンバンク:5~18%
銀行:1~15%

 

2社間ファクタリングの手数料と、ノンバンクのビジネスローンの金利を比較すると、大きな差はありません。

一方、3社間ファクタリングは手数料が低めに設定されているため、ビジネスローンを利用するよりもコストを抑えられる可能性があります。

メリット・デメリットを徹底比較

ここでは、ファクタリングとビジネスローンそれぞれのメリット・デメリットを、以下の3つの視点から比較します。

  • 審査基準
  • 手数料(金利)
  • 信用情報への影響

ファクタリングは審査が柔軟

前述のとおり、ファクタリングの審査基準は売掛先の信用力です。

利用者本人の審査に関しては、赤字決算や税金未納があっても通過できる柔軟さがあります。

事情があって銀行やノンバンクで融資を受けられない人でも利用できるのは、大きなメリットです。

一方、ビジネスローンの融資を受けるには、利用者の返済能力が重要です。

返済能力がないと判断されれば、審査に落ちてしまう可能性があります。

ビジネスローンの方が金利が低い

ファクタリングとビジネスローン、それぞれの手数料(金利)は以下のとおりです。

■ファクタリング
2社間ファクタリング:10~20%
3社間ファクタリング:2~9%
■ビジネスローン
ノンバンク:5%~18%
銀行:1~15%

 

2社間ファクタリングは売掛先が関与しないため、未回収リスクはファクタリング会社が負担します。

そのため、手数料が高く設定されており、コストを抑えたい人とってはデメリットです。

少しでも資金調達のコストを抑えたい場合は、ビジネスローンを利用するとよいでしょう。

 

3社間ファクタリングの場合は、ビジネスローンより手数料を低く抑えられるケースもあります。

ただし、2社間ファクタリングと違い、売掛先への承諾が必要です。

ビジネスローンは信用情報に影響する

ファクタリングは売掛金を売却して資金化するため、借入ではありません。

そのため、利用しても信用情報に記録は残りません

 

一方、ビジネスローンはノンバンク、または銀行から融資を受けるため、借入にあたります。

信用情報に記録が残り、万が一返済を滞納してしまえば、信用情報にも悪影響を与えます。

信用情報に記録を残したくない、将来的に融資を希望する場合は、ファクタリングがおすすめです。

ファクタリングとビジネスローンどちらがおすすめ?

ここまでファクタリングとビジネスローンの違いや、メリット・デメリットを比較してきました。

「結局どちらを選べばいいの?」と迷っている方のために、おすすめのケースを紹介します。

ファクタリングをおすすめするケース

ファクタリングをおすすめするのは、以下の4つのケースです。

  • 銀行融資やビジネスローンの審査に落ちた
  • 調達額がビジネスローンの限度額を超えている
  • 会社が設立して間もない
  • 信用情報に記録を残したくない

 

ファクタリングは、ビジネスローンよりも利用者の審査が柔軟という点が大きなメリットです。

赤字決算や税金未納がある会社が設立して日が浅いといった場合は、ビジネスローンの審査に落ちてしまう可能性があります。

そのような要素がある場合は、売掛先の信用度が高ければ利用できるファクタリング会社を選ぶとよいでしょう。

ビジネスローンをおすすめするケース

ビジネスローンをおすすめするケースとしては、次の3つが挙げられます。

  • 手数料をなるべく抑えたい
  • 信用情報に記録が残っても問題ない
  • 一括返済が難しい

 

ビジネスローンは融資のため、信用情報に記録が残ってしまう反面、ファクタリングよりも手数料を抑えられる可能性があります。

できるだけコストを押さえて資金調達したい場合は、ビジネスローンがおすすめです。

また、ファクタリングは一括支払いのため、分割返済や長期的な返済計画を立てたい場合はビジネスローンを利用しましょう。

併用する手段もある

高額の融資を想定していないビジネスローンでは、調達額に上限があります。

ビジネスローンだけでは必要な資金に到達しない場合、ファクタリングとの併用も可能です。

まずビジネスローンで上限額を借りたあと、それ以上の金額はファクタリングを利用し、売掛金を売却して資金化する方法です。

この方法は、全ての資金をファクタリングで調達するよりも、手数料の安いビジネスローンと併用することで、調達コストを押さえられるというメリットもあります。

利用前に確認するべきポイント3点

ファクタリングやビジネスローンを利用する際は、事前に次の3点を確認して、どちらのサービスを利用するべきか検討しましょう。

①売掛債権があるか
②審査を通過できるか
③いつまでに資金が必要か

①売掛債権があるか

ファクタリングは売掛金(売掛債権)がなければ利用できません。売掛金がない場合は、ビジネスローンを選択しましょう。

②審査を通過できるか

融資であるビジネスローンは、審査するうえで利用者の返済能力が重要視されます。

そのため、次の4つに該当する場合、審査に落ちる可能性が高いでしょう。

  • 赤字決算
  • 税金未納
  • リスケ中
  • 債務整理中

 

1つでも当てはまる場合は、ビジネスローンより審査が柔軟なファクタリングを選択しましょう。

③いつまでに資金が必要か

売掛先が関与しない2社間ファクタリングとノンバンクのビジネスローンは、どちらも最短即日~3日で資金調達が可能です。

しかし、次のようなケースでは、資金調達にかかる時間が異なります。

3社間ファクタリング:2~3日
銀行のビジネスローン:1日~数カ月

 

3社間ファクタリングは、売掛先の承諾が必要です。

先方の日程を押さえて署名・捺印もらわなければならないため、2社間ファクタリングよりも時間を要します。

資金調達を急いでいる場合は、2社間ファクタリングかノンバンクのビジネスローンがおすすめです。

ファクタリングならビートレーディングで即日資金調達!

ファクタリングとビジネスローンについて、違いやメリット・デメリットを解説してきました。

赤字決算や債務超過、税金未納などの事情がある場合は、審査が柔軟なファクタリングがおすすめです。

借入ではないことから信用情報にも影響せず、2社間ファクタリングであれば、売掛先に知られることなく即日資金調達が可能です。

 

ビートレーディングは、最短即日で資金調達が可能な2社間ファクタリングを取り扱っております。

また、買取金額は30万~最大3億円まで対応しております。

ファクタリングをご検討の場合は、ぜひビートレーディングをご利用ください。

簡単スピード見積り!

サイトマップ