ファクタリングの審査に通らない原因を解説

ファクタリングの審査に通らない原因を知りたい女性

ファクタリングの審査は、銀行融資やビジネスローンと比較すると通りやすいといわれていますが、しかしそれでも審査に通らず、ファクタリング契約ができない場合もあります。
ファクタリングの審査では、一般的な融資のように自社の決算書類や財務諸表などを用意する必要はありますが、自社の経営状態が重視されるわけではありません。では、ファクタリングの審査ではどのような点がチェックされるのでしょうか。
今回は、ファクタリングの審査のポイントや、審査に通らなかった場合の原因と対策について解説していきます。

ファクタリングの審査は甘い?

銀行の融資や消費者金融業者のビジネスローンの審査では、融資を受ける会社の財務諸表や資金繰り表など準備する書類がたくさんあり、経営状態・財務状況が細かくチェックされます。特に中小企業の場合は審査に通らなかったり、審査に通って融資を受けられるようになった場合でも条件が悪かったりすることが多々あります。

一方、ファクタリングの場合は一般的な銀行融資やビジネスローンと審査対象や審査内容が違い、他の金融機関で審査に通らなかった会社でも比較的審査を通過しやすいという声が聞かれます。しかしもちろん無条件に利用できるわけではなく、中には審査落ちするケースがあるというのも事実です。

ファクタリングの審査に通らない原因とは

ファクタリングの審査に通らない場合は、たとえば、売掛債権が架空のものである可能性があると判断された、売掛先の経営状態に問題があり貸し倒れになるリスクがあると判断された、売掛先が個人事業主であるなどが原因になっている可能性があります。

架空債権などの違法行為は、即刻改善すべき事柄です。それ以外の理由で審査に通らなかった場合は売掛先に何かしらの要因がある可能性があるため、今後の取引においても注意が必要でしょう。

ファクタリングの審査で確認されるポイント

ファクタリングの審査では、具体的にどのような事柄が確認されるのでしょうか。ファクタリング会社が審査において最も重要視するのは、買い取った売掛金が貸し倒れになる危険性がないかどうかという点です。ここでは、ファクタリングの審査で主にチェックされるポイントについて、売掛債権に対する審査のポイント、そして売掛先に対する審査のポイントにわけてご紹介します。

売掛債権に対する審査のポイント

ファクタリングの審査でまず審査されるのは、売掛金保有会社(ファクタリング利用会社)が実在しているかどうかという点です。会社名や資本金などの基本的な会社情報がチェックされます。ファクタリングの申し込みの際に決算書や資金繰り表などの書類も提出しますが、重要視されるのは黒字か赤字かというような情報ではなく、売掛金がきちんと入金されているかどうか、また、特に2社間ファクタリングの場合は売掛金の入金日までに倒産する危険性がないかなどの点です。

そのほか、売却しようとしている売掛債権が不良債権でないかどうか、また2社間ファクタリングの場合は、二重譲渡のリスクがないかどうかという点もしっかり調査されます。ファクタリングでは、不良債権を買い取ることはできません。また、1つの売掛債権で2社または複数社と契約してしまう二重債権(多重債権)も、当然のことながら認められていません。

売掛先に対する審査のポイント

売掛債権に対する審査の次は、売掛先に対する審査が行われます。最初にチェックされるのは、売掛先が法人かどうか(個人事業主ではないかどうか)という点です。そしてさらに、売掛先企業の経営状態や資金繰りなどが確認されます。売掛先企業の経営状態が悪いと貸し倒れになってしまう危険性があるため、2社間ファクタリングであっても3社間ファクタリングであっても売掛先の情報は慎重にチェックされます。そのほか、売掛金保有会社と売掛先の間に過去に取引実績があるかどうかなども調査されます。

ファクタリングの審査では面談も重要

ファクタリングの審査では、売掛金保有会社の経営状態はそれほど厳しくチェックされておらず、たとえ経営状態があまり良くなくても、売掛先企業の経営状態が良ければ審査に通る場合が多いともいわれています。

しかし、売掛金保有会社の人間性やモラルなどは重視され、しっかりチェックされており、契約の可否だけでなく手数料に影響することもあります。その理由は、2社間ファクタリングの場合に二重譲渡をされたり、ファクタリング契約後に支払われた売掛金が契約通りに入金されなかったりなどのトラブルを防ぐため。売掛債権が貸し倒れにならないよう、売掛金保有会社との面談を行っています。

ファクタリングは売掛金があれば利用でき、審査も通りやすい資金調達サービスですが、売掛金や売掛先、売掛金保有会社のモラルに問題があると判断されると審査に落ちることもあります。ファクタリングを利用するときは、この記事を参考にして備えましょう。

ファクタリングのご利用をご検討の方は、ぜひビートレーディングにご相談ください。
・お問い合わせはこちら

サイトマップ