ファクタリングの手数料の相場とは

ファクタリングはメリットの多い資金調達方法ですが、「手数料がかかる」ということがデメリットとしてあげられます。また、手数料は各ファクタリング業者によって異なってくるため、適切な手数料を設定している優良業者を選択した上で契約は結ばなくてはいけません。
しかし、そのためにはまず、ファクタリングの相場を知る必要があります。
そこで、この記事ではファクタリングの手数料相場や、手数料から優良業者を選ぶ方法などを徹底解説していきます。

手数料の相場とは

2社間ファクタリング:10〜30%
3社間ファクタリング:1〜10%
ファクタリングの手数料の相場は、上記の通りになります。
「2社間と3社間でこんなに差があるの?」と思う方がいるかもしれませんが、それにはきちんとした理由があります。
以下では、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの特徴を踏まえた上で、手数料がなぜ上記のパーセンテージになってしまうのかを見ていきます。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは、依頼した企業とファクタリング会社、そして売掛先の3社間で行われるファクタリングです。
このファクタリングの性質上、契約するには売掛先の承諾が不可欠になるため、話を持ちかけた時に「経営状態が悪いのでは」と思われるリスクがあります。
しかしながら、売掛先の同意を得ることができさえすれば、ファクタリング会社は売掛金の未回収リスクが低いと判断する十分な材料となるため、手数料は2社間よりも必然的に低くなるのです。
また、債権譲渡登記を行う必要性がないことも、手数料が低くなる一因です。

2社間ファクタリング

先述したように、2社間ファクタリングの手数料の相場は、売掛債権金額の『10%~30%』となっています。
2社間ファクタリングを利用した企業は、既に手元から離れた債権の売掛金を売掛先から回収し、更にその売掛金をファクタリング業者に支払う義務が発生します。
簡単に言えば、債権の売掛金がファクタリングを利用した企業を一度経由した上で、ファクタリング業者に振込まれることになります。
しかしそうなりますと、場合によっては売掛金の持ち逃げ、もしくは売掛先の倒産により売掛金が回収できなくなったなどの被害にあってしまう可能性も出てきてしまいます。
その未回収リスクが非常に大きいため、2社間ファクタリングの手数料は3社間ファクタリングと比較して高めに設定されているのです。
また、2社間ファクタリングでは債権譲渡登記を行う必要があることから、外せない固定費用として手数料に組み込まれているのも、高くなる一因になります。

そもそもファクタリングの手数料とは

手数料とは、ファクタリングを利用した時に発生する費用のことを指します。
ファクタリングは債権の売却(譲渡)することで資金化するサービスになるため、融資に該当しません。
そのため、ファクタリングを利用する際には保証人や担保、後の返済が不要になり、ファクタリングを利用する際には、手数料さえ払えば問題ありません。
しかしながら、前述したように手数料はリスクの大小によって変動しますので、その点には注意しましょう。

手数料に対する規制

手数料は金利とは異なるため、金利規制のような明確な規制がないのが現状です。そのため、手数料の設定は各業者で大きく異なってくる場合があります。
そして、中には相場から大きくかけ離れた手数料を請求してくる悪徳業者もあるため、知識が乏しい状態でファクタリングを活用する際には注意しなくてはいけません。
ファクタリングを利用する場合は、まずは優良業者の選定が必要です。
過去の契約実績やクチコミ、対応のよさ、手数料の明確な提示などの条件をそれぞれのファクタリング業者間で比較してみましょう。

掛け目と同義ではない

あらゆるWEBページで、手数料と掛け目が同じ意味として扱われていることが多いです。
しかしながら、掛け目は売掛債権をどのくらい買い取るかを示す利率を意味する用語です。
例えば、80%の掛け目で300万の売掛金をファクタリングする場合、買取金額は240万になり、そこから手数料が差し引かれた代金を得ることになります。
買い取られなかった40万は後日返還されますが、このように手数料と掛け目は違う意味なので、混同しないようにしましょう。
ちなみに、ファクタリングの掛け目の相場は、
3社間ファクタリング:80〜90%
2社間ファクタリング:70〜80%
になります。

ファクタリング手数料の内訳

手数料の内訳は、

  • 着手金(0〜3万円)
  • 事務手数料(0〜5000円)
  • ファクタリング会社の取り分
  • 債権譲渡登記費用(2社間ファクタリングのみ)
  • 印紙代
  • 紹介料(3万円前後)
  • 出張交通費
  • 公正証書(0〜43,000円)

になります。
ファクタリング会社によっては、着手金を無料にして行ってくれます。
また、事務手数料や出張交通費もファクタリング会社によっては自ら負担してくれるケースがあります。
そして、2社間ファクタリングならではである債権譲渡登記の費用については、以下にて詳しく言及します。

債権譲渡登記費用とは

債権譲渡登記費用は、手続きを行う上でどうしても発生してしまう固定費用となっています。
では、なぜ高額な費用を支払ってまで登記を行わなくてはいけないのか。それは、債権譲渡登記が第三者対抗要件や二重譲渡に備えるために必要となるためです。
たとえば、1つの債権に対して譲渡契約が複数行われていたとします。
その際に、ファクタリング業者が「自分が買い取った売掛債権だ」と法的に主張するには、対抗要件が必要となるのです。
また、登記は基本的に司法書士が行います。

債権譲渡登記費用の内訳

債権譲渡登記費用の内訳は、登録免許税と抹消登記、司法書士報酬の3つになります。

債権譲渡登記の登録免許税 7,500〜15,000円
債権抹消登記 1000円
司法書士報酬 3万円〜5万円

以上が、それぞれの金額になります。

債権譲渡登記を抑える方法

債権譲渡登記は、対抗要件を満たすために行います。ただし、そのほかにも「債権譲渡通知」を行なうことで対抗要件を満たすこともできます。
そのため、売掛先も含めた3社間ファクタリングで契約を行う場合、売掛先(取引先)から債権譲渡通知の承諾をもらうことによって、債権譲渡登記せずにファクタリングでの資金調達を行うことも可能となります。
承諾を得るまでは大変かもしれませんが、手数料や登記費用等を抑えたいならば、3社間ファクタリングを選択しましょう。

公正証書とは

公正証書とは、ファクタリングを利用した企業が売掛債権から売掛金を回収しているのにもかかわらず、ファクタリング会社に入金していない時に効力を発揮するものです。
つまり、契約不履行時に裁判を経なくても差押や損害賠償を裁判所に申立てすることができるのです。
しかしながら、債権譲渡に付随したリスク回避のための公正証書を作成すると、融資とみなされる恐れがあり、なおかつ法的根拠に乏しいとされています。
そもそもとして、ファクタリングを利用するのに公正証書の作成は必要としていないので、もしも作成を迫られたら、すぐに手を引くのも選択肢に入れた方が良いでしょう。

消費税はない

ファクタリングは債権譲渡であって貸金業に該当しないので、消費税が手数料に加わることは一切ありません。
もしも手数料の内訳に消費税が加味されていたり、手数料とは別に消費税を要求されたら、そのファクタリング会社は悪徳の可能性が非常に高いです。
上記の状況に陥ったら、すぐに手を引くことが賢明です。

手数料とは別の可能性がある

手数料の内訳をご紹介しましたが、上記の内容が手数料とは別に諸費用として実費請求される場合があります。
つまり、上記の内容が手数料に加味されていないケースがあります。
そのため、手数料とは別に請求された場合には、手数料共々仔細を確認するようにしましょう。

手数料を低くするための要素とは

ファクタリング手数料は、後述する要素が大きく関わっています。
どの要素もファクタリング会社が背負うリスクに関わっていることになるので、そのリスクをできる限り低くすることで、手数料は自ずと低くなります。
また、場合によっては掛け目が高くなる要因にもなるのです。
反対に、手数料が相場の範囲内で高くなってしまう、掛け目が低くなってしまう要因にもなってしまうので、ぜひ参考にしていただきたいです。

2社間か3社間か

前述したように、ファクタリングが2社間か3社間かどうかが、手数料を決める1番のポイントです。
手数料だけで言うなら3社間がオススメですが、その性質上、売掛先に経営不振を疑われかねない原因にもなってしまいます。
反対に資金調達までのスピードは2社間の方が早いので、メリットやデメリットを吟味した上で、2社間か3社間のどちらにするのかを選定しましょう。

売掛先(売掛債権)の信用力は、ファクタリングの手数料を決める一因になるだけでなく、ファクタリング会社の審査に通過するための大事な要素な要素です。
ファクタリングにおける売掛先の信用力とは、きちんと売掛金を支払ってくれるかどうかです。
ファクタリング会社が最も恐れているのは、売掛金を回収できないことなので、売掛先が売掛金を支払う確実度が高ければ、その分リスクは減ることになります。
つまり、売掛先の信用力が高ければ、より審査に通りやすくなるだけでなく、手数料も自ずと下がっていきます。
反対に信用力の低い売掛先の場合は、手数料が高くなるだけでなく、そもそもとして審査に通らない恐れがあります。
もしも複数の売掛債権を保有していたら、なるべく信用力の高いものを選んだ方が良いでしょう。

売掛債権の金額

手数料は、売掛債権金額を基準に「売掛債権金額の◯%」と提示されることが多いです。また、売掛債権金額が大きければ低い率が適用され、小さければ高い率が適用されます。
たとえば、仮に100万円の売掛債権と50万円の売掛債権を比較すると、100万円の売掛債権をファクタリングした方が手数料率は低くなるのです。
このように相対的に手数料が変動するのは、ファクタリング会社の取り分を除いた他の費用(登記費用など)が、固定されているからです。
売掛債権の金額が高くて手数料が低くても、ファクタリング会社の利益は確保されるため、金額の大小が手数料に関係してくるのです。

過去のファクタリング利用の有無

ファクタリングの初回利用の場合は、どうしても手数料が高くなってしまいます。
ファクタリング会社が売掛金を回収するには、通常通りも売掛先がファクタリングを申し込んだ企業に入金した後に、その企業がファクタリング会社に入金しなければなりません。
上記のように売掛金が申し込み企業を経由する以上、本当にファクタリング会社が回収できるのかどうかというリスクがありますし、入金されないと契約は完了しません。
一方で、同じファクタリング会社を1度でも利用していたら、未回収リスクが少ないと判断され、手数料が下がります。

真摯な態度を見せる

行われない場合もありますが、ファクタリングを利用する場合には、基本的にファクタリング会社の担当者と面談することになります。

先述したように、売掛金は申し込み企業を経由して入金されるため、その作業をきちんとしてくれるかどうかなどを、ファクタリング会社は人柄から判断する場合があります。
経営者や事業者の方も、新規取引を結ぶ際に相手方の人柄を見て判断することがよくあるのではないでしょうか。
ノンリコースであれば、リスクの比重がファクタリング会社に大きく傾いているため、なおさらそういった面が強くなるかもしれないので、面談の際には真摯な態度で臨むようにしましょう。

償還請求権の有無

償還請求権とは譲渡された債権の売掛先が、倒産などが原因で支払いが不可能となった場合に、ファクタリング会社が申し込み企業に対して、譲渡した売掛金について請求できるか否かというものです。
少し前までは、償還請求権ありのファクタリング業者が大半でしたが、最近では請求権なし(ノンリコース)の業者も増えています。

償還請求権なしの場合

償還請求権なしのファクタリング業者を利用した際に、ファクタリング契約後に売掛金会社が倒産したとしても、自社にその請求がくることはありません。
しかし、早期の資金調達とリスクの低減を図ることはできますが、償還請求権ありと比較すると、その分手数料が高くなってしまうデメリットもあります。

償還請求権ありの場合

償還請求権ありのファクタリング業者を利用した際に、売掛金会社が倒産し回収不可能となると、自社に責任が発生し支払請求がくることとなります。
また、償還請求権なしのファクタリング業者と比較すると手数料は低くなりますが、手数料の安さだけで選ぶと、思わぬ多額の支払請求がくることもあるため注意が必要です。

ファクタリングを初めて利用する方は

ファクタリングを初めて利用する方は、手数料を目安にファクタリング会社を探す方が多いと思われます。
1つ注意していただきたいのですが、相場からかけ離れた手数料を提示しているファクタリング会社は悪徳業者の恐れがあります。
30%以上の手数料は論外ですが、2社間ファクタリングなのに手数料が10%以下の業者は注意した方が良いでしょう。

悪徳業者は、手数料をなるべく低くしたいという心理を利用しているからです。
もしも手数料をなるべく低くしたいという方は、優良なファクタリング会社に依頼し、先程ご紹介した要素を踏まえることが、最善な方法になります。
また、ファクタリング会社によって審査基準が異なりますので、時間に余裕があれば3社以上に見積もりを出してもらって手数料を見極めることも、1つの方法になります。

また、初めてファクタリングを利用したいが、とにかく急いでいるという場合には、こちらのようなファクタリング会社の比較・ランキング等も活用してみると良いでしょう。

まとめ

ファクタリングの手数料の相場は、

  • 3社間:1%〜10%
  • 2社間:10%〜30%

になります。
そして、2社間ファクタリングの初回利用であっても手数料を低くするには、

  • 信用力の高い売掛債権
  • 金額が高い売掛債権
  • 償還請求権がある
  • 真摯な態度

以上4点が重要な要素になります。
償還請求権は逆にリスクを負うことになるので、必ずしも行う必要はありませんが、残りの3点は特にリスクを負うことなく実践することができます。
ぜひ、参考にしていただきたいです。

ビートレ―ディングのファクタリングサービス

サイトマップ