ファクタリングの仕組みと流れを解説

ファクタリングは、最短ならば即日にでも現金を手に入れる事ができる、メリットの多い資金調達手段です。しかし、ファクタリング業者によって手数料等が異なってくる為、コストを少しでも抑える為にも、ファクタリングの契約時の流れやその仕組みをあらかじめ知っておく必要があるでしょう。また、初めてファクタリングでの資金調達をご利用する方の中には、資金がどのような流れで調達できるのか疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。この記事ではそのような疑問を解決すべく、ファクタリング契約の仕組みや資金を手にできるまでの流れを徹底解説していきます。

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、会社が保有している売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらい、資金を提供する事です。
一般的に企業間の取引では、商品やサービスを提供した日と実際に入金される日には数カ月の違いがあります。
また、この期間がずれるほど企業は手元に現金がなくなってしまう為、結果的に資金繰り悪化の原因となります。
しかし、ファクタリングを利用すれば入金日を待たずとも数日程度で現金が手に入る為、キャッシュフローが改善されるのです。

2社間ファクタリングとは

2社間ファクタリングは、利用企業(ファクタリングを申し込む企業)とファクタリング会社の2社間で行われるファクタリングの事です。
売掛先の同意が必要ない事から、2社間ファクタリングは利用する為のハードルが低く、多くの企業が利用しています。
また、スピーディーに資金化できる事も、利用されている要因の1つです。

3社間ファクタリングとは

3社間ファクタリングとは、利用企業とファクタリング会社、そして売掛先の3社間で行われるファクタリングです。
売掛先の同意が必要とされる事から、利用するには2社間よりもハードルが高いですが、手数料が低いという特徴があります。
また、利用企業は売掛先から売掛金を回収する必要がない為に、管理や入金作業をする必要がないというメリットがあります。

ファクタリングの仕組み

ファクタリングには『2社間ファクタリング』と『3社間ファクタリング』があり、それぞれには全く異なる特徴がある為、確かめる必要があります。
まずは、3社間ファクタリングの契約の仕組みや流れをご紹介していきます。
以下では、それぞれの流れを見ていきますので、仕組みを理解していただく参考にして欲しいです。

2社間ファクタリングを利用する流れ

これからご紹介する流れは、あくまで一例になります。
それぞれの工程を詳しく見ていくので、ぜひ参考にしてください。

ファクタリング会社へ利用申請

まずは、ファクタリング業者のの公式ホームページ上のフォームから必須事項を送ります。
ちなみに、Web上から申し込みを行うと申込日時や希望の条件、希望金額等の情報が伝わりやすく、尚且つ利用申請の履歴も残す事ができる事からおすすめとなります。

仮審査

仮審査は、Web申し込み後の確認や折り返し連絡の際に電話で実施される事が多いです。
また、仮審査では「会社規模・資本金額」「ファクタリング希望金額」「入金希望時期」等がヒアリングされる事となります。

審査に必須な書類を提出

次に、審査に必須となる書類を提出します。
必須となる書類は、

  1. 直近の決算書
  2. 成因証書(契約書・発注書・請求書等)
  3. 会社謄本
  4. 請求書
  5. 銀行口座の通帳コピー
  6. 身分証明書

等です。

本審査

必要書類を提出したら、ファクタリングが可能かの本審査が行われます。
また、ファクタリングの審査は銀行等と比較するとスピーディーで、大抵は即日〜3営業日以内には審査が終了します。

契約の締結

審査に通過できましたら、ファクタリング契約を結びます。
また、手数料の金額や契約内容がこの時に提示される為、納得できれば契約を交わしましょう。

現金の入金

売掛金から手数料分を差し引いた現金が口座に入金されます。また、ファクタリング業者によっては、最短即日で現金を入金してもらう事も可能です。

売掛金の振込

2社間ファクタリングの場合、売掛先から売掛金の入金を確認後、ファクタリング会社へ送金します。

3社間ファクタリング契約の流れ

1.売掛先企業との間に売掛金が発生する
2.「売掛金保有会社」「売掛先会社」「ファクタリング会社」の3社間でファクタリング契約を結ぶ。
3.ファクタリング会社から売掛金保有会社に対して、支払期日前に売掛金が支払われる
4.売掛先会社からファクタリング会社に対して、売掛金が支払期日通りに支払われる

割愛はしていますが、以上が3社間ファクタリングで入金が行われるまでの流れです。
3社間ファクタリングは売掛先会社の承諾が必要となる為、取引先にファクタリングを利用した事が分かってしまいます。
しかし、債権譲渡の承諾を得る事により売掛金の未回収リスクが減る為、その分2社間ファクタリングよりも手数料が安くなっています。

ファクタリングのメリット

1.キャッシュフローの改善

ファクタリングを活用すれば、支払期日までに現金化できない売掛金を期日よりも早い段階で現金化する事が可能になります。
また、自社の資金繰りの状況に応じて売掛金を売却する事ができます。
このようにファクタリングは、売掛先の信用力さえあれば、状況に応じて早期に資金化できる利便性があります。

2.担保・保証人が不要

ファクタリングが上述したような利便性を持てるのは、債権の譲渡である為、担保や保証人が不要という点も挙げられます。
その為、売掛債権をきちんと保有している事を証明できさえすれば、利用する事ができます。
ちなみに、ファクタリングを利用するにあたって担保や保証人を求められたら、それは確実に悪徳業者なので、すぐに手を引きましょう。

3.審査に通りやすい

ファクタリングは、銀行融資を断られた企業も利用でき、なおかつ審査に通りやすいというメリットがあります。
ファクタリングは融資ではなく債権の譲渡である為、審査対象が売掛先の信用力に依るところが大きく、利用企業の信用力はあまり重要視されていません。
ですので、売掛先の信用力が余程低くない限りは、審査に通りやすいと言えるのです。

4.借入に該当しない

ファクタリングは借入に該当しない為、会計上『負債』として処理する必要がありません。
将来的に銀行融資を受けたいと思っている方は、審査に影響される事がない為に、安心してファクタリングを利用する事ができます。
また、負債ではない為に、貸借対照表のオフバランス化を図る事ができます。

5.スピーディーな資金化

2社間ファクタリングでは最短即日〜3日、3社間ファクタリングでは最短2日〜5日で売掛金を資金化できます。
銀行融資は審査に1ヶ月ほど要する場合があるので、ファクタリングが如何に早いか窺えるのではないでしょうか。
急に資金が入り要になった際には、ファクタリングが効果的な調達手段になります。

6.リスクがない(ノンリコースのみ)

ノンリコース(償還請求権のない)のファクタリング契約を結んだ時にのみ、売掛先から売掛金が未回収に終わっても、利用企業が負債を負う必要はありません。
その分ノンリコースは手数料がどうしても高くなってしまうというデメリットも孕んでいますが、この要素もファクタリングの利用するハードルを下げている一因です。
売掛先の信用力が確かなものなら、償還請求権が付随したファクタリングを利用する事で手数料を下げる事ができる為、状況によってどちらにするか吟味しましょう。

ファタリングのデメリット

上記のように、ファクタリングにはいくつかのメリットがある反面、デメリットもいくつかあります。
以下では、それぞれのデメリットについて詳しく説明いたします。

掛目・手数料

ファクタリングのデメリットの1つが、掛け目と手数料です。
掛け目の相場が70〜90%、手数料の相場は、

  • 2社間:10〜30%
  • 3社間:1〜10%

になります。
掛け目に従って買い取られた売掛金から手数料を差し引かれた金額分を、利用企業が受け取る事になります。
もちろん、買い取られなかった残りの金額は後日返還される事になりますが、ファクタリングを利用する際には、売掛金の全額を資金化できる訳ではない、という事に留意しておきましょう。

売掛先会社からのイメージダウンの可能性(3社間ファクタリングのみ)

3社間ファクタリングの場合、売掛先会社の債権譲渡の承諾が必要です。
その為、ファクタリングの話を持ち掛けた時点で、売掛先会社から「売掛債権保有会社は資金繰りが厳しいのではないか」と思われてしまう恐れがあります。
欧米ではファクタリングは主流とされている資金調達手段ではありますが、日本では全体的に浸透しないという点が大きいのも、一因かもしれません。
ちなみにですが、ファクタリングは経済産業省も推奨している資金調達手段です。

ファクタリング契約時に押さえておくべき要点

手数料が明確でない場合は避ける

ファクタリングは、手数料によって最終的に入金される額が大きく変わってきます。
その為、事前に手にできる資金額を把握しておく為にも、手数料を契約前に確かめる事が重要となります。
しかし、全てのファクタリング業者が契約前に手数料を提示してくるとは限りません。
業者によっては契約締結後、相場からかけ離れた手数料を要求してくる事もある為注意が必要です。
優良な業者は手数料を明確に提示し、それを証明する契約書の控え等も渡してくれます。
逆を言うと、手数料が明確でないファクタリング業者は避けるべきといえるでしょう。

調達後の計画を立ててから利用する

ファクタリングを利用すれば一時的に資金は増えますが、手数料分は差し引かれます。
その為、増えた資金を利用して今後の資金の流れを改善する計画が必要となります。
また、売掛先から回収した売掛金は必ずファクタリング会社に入金しないといけません。
資金繰りが悪くなってしまい、回収した売掛金にも手を出してしまったら元も子もないので、調達後の計画はきちんと立てるようにしましょう。

よくある契約時のトラブルを避ける手段

契約書類の控えをもらうことを忘れない

ファクタリングの掛け目や手数料等の契約内容は契約書に記されており、控えをもらう事で、後々その内容について確かめる事もできます。
しかし、中には契約書の控えを渡さず、あとから契約時とは異なる手数料を要求してくる悪徳業者もある為注意が必要です。
トラブルを避ける為にも、契約書の控えは必ずもらうようにしましょう。

手数料の見積もりの証拠を残す

ファクタリングのトラブルの多くは手数料に関連した問題です。
中でも「聞いていた手数料と、契約時に提示された金額が異なる」等といったように、後ほど想像以上の手数料を要求されるケースが度々発生します。
その為、ファクタリングを活用する際には、手数料の見積もりの証拠をなるべく残す為に、電話ではなく書面やメールでもらうようにしましょう。

日程にゆとりをもって申請する

ファクタリングを利用する方の多くは、支払い期日までにあまり日数がなく、すぐにでも資金を必要とする方が大半です。
その為、多少不利な契約内容を提示されても、妥協して仕方なしに契約してしまう事も多いです。
また、中にはそれを承知している上で、敢えて相場以上の手数料を提示してくるファクタリング業者も存在します。
しかし、ただでもファクタリングは手数料を差し引いた支払額しか資金を調達できないのに、余計に不利な契約をしてしまっては、どんどん資金繰りの改善は困難になります。
その為、契約時に賢明な判断ができるように、ファクタリングは早期に申請や契約内容を確かめる必要があるのです。

ファクタリングの流れや内容を知る事が大事

ファクタリング業者は非常に多く、ここ数年で数十倍になったとも言われています。
しかしながら、各々の業者によって掛目や手数料、費用、入金までにかかる日数等は異なってくるのです。
ですので、より有利にファクタリングの契約を締結する為には、ファクタリングの流れや内容を知り、各業者を比較する必要があります。
そして、たとえすぐに資金の調達が必要である場合でも、妥協せずに条件のいい業者と契約を結ぶ事が資金繰りの改善に繋がります。
また、ファクタリングは期日前に債権を現金にする事が可能ですが、あくまでそのキャッシュは前倒しで調達している事を忘れてはいけません。
ファクタリングを利用した後の事も考慮し、できるだけコストを抑え、多くの資金を調達できる契約を締結しましょう。

まとめ

ファクタリングの仕組みと流れを理解する助けになったでしょうか。
ファクタリングを利用する前には、まず仕組みと流れ、メリットとデメリットを頭に入れてから、ファクタリング会社に依頼するようにしましょう。
ぜひ、参考にしていただきたいです。

ビートレ―ディングのファクタリングについてもっと知る

サイトマップ