ファクタリングに金利は発生しない!他の資金調達方法と徹底比較

資金繰りにお悩みの際、ファクタリングの利用を検討されている経営者様も多いかと思います。
しかし、検討する中で以下のような疑問や不安を持つ方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

「ファクタリングの金利はどのくらいなの?」
「ファクタリングの金利は、他の資金調達方法とどう違うの?」

そこで今回は、ファクタリングの金利について理解した上で安心して利用できるように、ファクタリングと他の資金調達方法を徹底比較してご紹介します。

お急ぎの方は、下記よりご相談ください。

簡単スピード見積り!

ファクタリングに金利は発生しない

前提として、ファクタリングに金利は発生しません

まずはその理由と仕組みについて、解説していきます。

ファクタリングに金利が発生しない理由

そもそも金利とは、金融機関などからお金を借りた際に支払う利息の割合のことをいいます。

しかし、ファクタリングは、「お金の貸し借り」ではなく「売掛債権の譲渡」なので、金利は発生しません。

ファクタリング会社は貸金業ではないと認識しておくことも重要です。

ファクタリングの取引の際は、「金利」という言葉は基本的に使われないので覚えておきましょう。

ファクタリングには手数料が発生する

ファクタリングの取引の際は、「金利」という言葉は使用されませんが、利用する際には必ず手数料が発生します

実際に受取れる金額は、売却する売掛金の総額から手数料を差し引いた金額です。

例えば、手数料が10%の場合、売掛金50万円の10%である5万円が手数料として引かれ、ファクタリング会社から入金されるのは、45万円です。

そのため、ファクタリングは売掛金を全額資金化できるわけではないので、注意しましょう。

ファクタリングの手数料の相場

ファクタリングの手数料の金額は、契約方法によって異なります。

ファクタリングは、大きく分けて2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類あり、それぞれの手数料の相場を紹介します。

 

・2社間ファクタリング

2社間ファクタリングの手数料率は、10%~20%前後で設定されていることが多いです。

2社間ファクタリングとは、ファクタリング会社とファクタリング利用会社の2社間で取引を行ない、売掛先の承諾を得ず利用できます。

しかし、仮に、売掛先が倒産してしまったり売掛金を支払わないなどの事態になれば、ファクタリング会社は売掛金が回収できないリスクがあります。

そのため、3社間ファクタリングに比べ、手数料率を高めに設定しています

2社間ファクタリングについて詳しく知りたい方はこちら

・3社間ファクタリング

3社間ファクタリングの手数料率は、2%~9%前後で設定されていることが多いです。

3社間ファクタリングは、売掛先とファクタリング会社間で売掛金の支払いが行われ、売掛先にファクタリングを利用していることが知られます。

しかし、ファクタリング会社にとっては、売掛先との直接の取引となり未回収のリスクが低くなるため、2社間よりも手数料率が安く設定される傾向があります

3社間ファクタリングについて詳しく知りたい方はこちら

ファクタリングと他の資金調達方法の金利を比較

ファクタリングと他の資金調達方法を比較して検討したい場合、金利と手数料はどのように考えたらよいのでしょうか?

ファクタリングに金利は発生しませんが、手数料を計算する上で、金利に換算する考え方もあります。

ファクタリングの手数料を金利として考えると?

金利は「年率」で設定され、ファクタリングの手数料は「月率」で設定されています。

そのため、金利とファクタリング手数料を比較したい場合、ファクタリング手数料を12倍し、「年率」として揃える方法があります。

たとえば、ファクタリング手数料が10%であれば、金利換算すると120%となります。

120%と聞くと不安に思われるかと思いますが、入金が12か月先の売掛金を買い取ることは現実的には考えづらく、あくまでも試算ですのでご安心ください。

代表的な資金調達方法の金利との比較表

ファクタリングと代表的な資金調達方法の金利の違いを表にまとめました。

資金調達から支払いまでの期間が2ヶ月、ファクタリング手数料10%と仮定し算出しています。

ファクタリング 銀行融資 不動産担保 消費者金融
想定される金利 60% 
※手数料10%を
金利に換算
3% 5~10% 15~20%

ファクタリング

資金調達から支払いまでの期間が2ヶ月、ファクタリング手数料10%と仮定し、ファクタリング手数料を金利に換算すると以下の数式になり、年利60%相当になります。

月利換算:10%÷2ヶ月=5%/月

年利換算:5%×12ヶ月=60%/年

銀行融資

銀行融資は多くの企業に利用されている一般的な資金調達です。

金利はおよそ年利3%前後と言われております。

金利が安いことがメリットですが、利用するためには審査があり、経営状況・資金使途・税金や社会保険料の滞納はないかなど厳しく審査されます。

そのため、早くて2週間〜1ヶ月程度時間がかかります。

不動産担保ローン

前述した銀行融資でも、不動産を担保とする「不動産担保ローン」という融資もあります。

金利は不動産価値・債務者属性・借入額等から総合的に判断されるため一概に言えませんが、概ね5%〜10%が相場です。

「不動産の価値」が高ければ柔軟な審査が可能で、借り入れ可能金額は担保価値により決定されるため、億単位の高額な資金調達も可能です。

消費者金融

一般の個人に対して融資を行っているのが消費者金融です。

金利は平均すると15~20%程度です。

消費者金融は各融資サービスの中では最も金利が高く設定されています。

高い金利が設定されていますが、担保不要で審査も通過しやすいことから、個人事業主の方にとっては利用しやすい面もあります。

低金利で資金調達したい!ファクタリングは難しい?

前述のように、ファクタリング手数料を年利に換算すると高額となり、低金利で資金調達したい場合、コスト面が心配な方も多いかもしれません。

しかし、ファクタリングは緊急で資金調達したい場合有効なサービスでもあります。

ファクタリングのメリットと手数料を抑えて利用するためのポイントをご紹介します。

ファクタリングを利用するメリット

ファクタリングのメリットは以下4つです。

①早期資金が可能

ファクタリングは、2社間ファクタリングであれば、最短即日で資金化が可能です。

そのため、急ぎで資金を確保したいという場合に適しています。

②信用情報への影響しない

ファクタリングは銀行融資と異なり「借入」ではないため、信用情報へは一切影響がありません

③保証人・担保不要

銀行融資の場合、保証人や担保が必要ですが、ファクタリングの場合は不要です。

④赤字や税金滞納があっても利用が可能

ファクタリングは売掛先の与信が重視されるため、利用会社の財務状況は無関係です。

銀行融資の審査に落ちてしまっても、ファクタリングなら利用できる可能性があります。

手数料を抑えるポイント

ファクタリングを利用する際、少しでも手数料を抑える4つのポイントをご紹介します。

①与信が高い売掛先を選ぶ

②3社間ファクタリングを利用する

③複数の会社に見積りをとる

④金額が高い売掛金を選ぶ

上記を意識して、手数料を抑えてファクタリングを利用する良いでしょう。

ファクタリングの手数料について詳しく知りたい方はこちら

まとめ

ファクタリングは、金利に換算すると手数料が高く感じられるかもしれませんが、メリットも多い資金調達方法です。

本記事を参考にしていただき、銀行融資など他の資金調達方法との違いを理解し、ファクタリングの利用を検討してみてください。

資金調達にお悩みでしたらビートレーディングにお気軽にお問い合せください。

簡単スピード見積り!

サイトマップ