保証ファクタリングとは?5つのメリットや優良会社3社も紹介!

握手をする経営者

保証ファクタリングとは、売掛先が万が一経営破たんしても、売掛金のうち一定金額を回収できる保険のようなサービスです。
そのため、売掛金の貸し倒れリスクを抑制し、資金繰りの悪化を防ぐ効果も期待できます。

 

「売掛先の経営状態に不安がある」

「売掛金の支払いまでが長く、貸し倒れた場合のリスクが心配」

といった悩みをお持ちの場合は、保証ファクタリングの利用がおすすめです。

この記事では、下記4点について説明します。

・保証ファクタリングとは?
・保証ファクタリングの仕組み
・保証ファクタリングのメリットやデメリット
・保証ファクタリングのおすすめ3社

保証ファクタリングの利用をお考えの場合は、ぜひ最後までお読みください。

保証ファクタリングとは?

保証ファクタリングとは、売掛先の「与信管理(支払い能力)」を管理できる、保険のようなサービスです。

売掛先の経営悪化が懸念される場合や、売掛金の貸し倒れが財務状況に大きな影響を及ぼす場合は、「保証ファクタリング」の利用がおすすめです。

あらかじめファクタリング会社に保証料を支払うことで、売掛金の貸し倒れリスクを回避できます。

ここでは、保証ファクタリングが履行される条件を解説します。

保証ファクタリングが履行される8つの条件

保証ファクタリングが履行されるのは下記8つのケースです。

・売掛先の破産手続きが開始されたとき
・売掛先の会社更生手続きが開始されたとき
・売掛先の特別清算が行われたとき
・民事再生手続き開始の申立て、その他法的倒産手続きの申立てが行われたとき
・売掛金の手形または小切手の不渡りが生じたとき
・売掛先が任意整理手続きに着手したことを公表したとき
・売掛先の営業活動がすべて廃止されたとき
・売掛先の本店事務所が閉鎖されたとき

 保証ファクタリングが履行され、売掛金の一部を回収できるのは、売掛先が経営破たんしたことが確認された段階です。

そのため、ファクタリング会社によっては、売掛金の支払い遅延だけでは決済保証が履行されないケースもあります。

回収できる金額は売掛金の全額とは限らず、事前にファクタリング会社と取り決めた金額に基づきます。

この金額のことを「保証限度額」といいます。

保証ファクタリングの仕組みを詳しく解説

保証ファクタリングとは、ファクタリング会社が売掛金の回収保証を行い、売掛先が破産しても一定の売掛金を回収できる保険のようなサービスです。

ファクタリング会社が自社の代わりに売掛先の与信審査をします。

保証ファクタリングの利用率が高いのは、売掛先が多く、支払いサイトが長くなりがちな建設業界です。

ここでは、保証ファクタリングの流れや、買取ファクタリングとの違いを解説します。

保証ファクタリングの流れ

保証ファクタリングは以下3つの流れで履行されます。

①自社と売掛先との掛取引で、売掛金が発生する
自社と売掛先の間で掛取引が行われ、売掛金が発生していることが前提です。

②ファクタリング会社に売掛金の決済保証を依頼する
売掛先の支払い能力に不安がある場合、ファクタリング会社に売掛金の保証を依頼しましょう。

依頼の際は、保証を希望する売掛先のリストや、売掛金の内容についてファクタリング会社に通知します。

③ファクタリング会社が売掛先の与信調査を行う
ファクタリング会社が売掛先の与信調査を行い、決済保証の可否や保証限度額の金額を決定します。

このとき、与信調査を依頼した事実は売掛先に通知されません。

売掛金が無事に支払われた場合、ファクタリング会社に支払った保証料は返還されないので注意しましょう

買取ファクタリングとの違い

ファクタリングというと、ファクタリング会社が売掛金を買取り、早期に資金化するサービスというイメージがあります。

これは、正確には「買取ファクタリング」といい、保証ファクタリングとは別のサービスです。

上述の通り、保証ファクタリングは、ファクタリング会社が売掛金の支払いを保証し、貸し倒れリスクを回避するためのサービスです。

保証ファクタリングを利用して売掛金に保証をかけることで、売掛先の経営破たんや売掛金の未払いなどのリスクを防ぐことができます

保証ファクタリングの5つのメリット

保証ファクタリングを利用するメリットは下記5点です。

  1. 売掛金の貸し倒れリスクを回避できる
  2. 与信管理を外注できる
  3. 売掛先に知られずにサービスを利用できる
  4. 国からの助成金を受け取ることができる
  5. 大手の金融機関がサービス提供している

それぞれ詳しく解説していきます。

1. 売掛金の貸し倒れリスクを回避できる

保証ファクタリングを利用する最大のメリットは、売掛金の「貸し倒れリスク」の回避です。

支払いサイトが長い場合や、売掛金の金額が大きな掛取引を行っている場合は、売掛金の貸し倒れが発生すると、資金繰りが一気に悪化してしまいます。

そのため、事業経営への影響が大きな売掛金がある場合は、保証ファクタリングを利用するのがおすすめです。

万が一、売掛先が倒産した場合でも、事前に取り決めた保証限度額までの売掛金を回収可能です。

2. 与信管理を外注できる

保証ファクタリングを利用すれば、手間がかかる与信管理業務は不要です。

保証ファクタリングには、与信審査や与信管理といった業務の「アウトソーシング」という側面もあります。

そのため、保証ファクタリングの依頼後、ファクタリング会社が売掛先の与信調査を行います。

これまで与信管理にかけていた業務コストを削減することも可能です。

3. 売掛先に知られずにサービスを利用できる

保証ファクタリングは、ファクタリング契約を結んだことが売掛先に通知されません

また、ファクタリング会社が売掛先の与信調査を行うときも、ファクタリングを依頼した事実が売掛先に伝わりません。

「知らないうちに与信調査が行われていた」

「自社に支払い能力がないと思われている」など、売掛先に悪印象を与えることなく、これまで通りの取引関係を維持できます。

売掛先に知られず、売掛金の支払い保証を受けたい場合は、保証ファクタリングがおすすめです。

4. 国からの助成金を受け取ることができる

国土交通省の実施する「下請債権保全支援事業」をはじめとして、保証ファクタリングを対象とした支援事業が存在します。

下請建設企業や資材業者など、請負契約によって売掛金が発生する企業は、国の助成制度を利用できます

たとえば、「下請債権保全支援事業」を利用する場合、ファクタリング会社の保証料のうち、保証料率の3分の1(年率1.5%が上限)の助成金が支給されます。

国の助成金によって保証料の負担を軽減しながら、保証ファクタリングを利用可能です。

5. 大手の金融機関がサービス提供している

保証ファクタリングのメリットとして、大手の金融機関がサービス提供しているという点も挙げられます。

高い与信審査能力が求められるため、信頼性が高い大手の金融機関がサービス提供しています。

そのため、保証ファクタリングを初めて利用する場合も安心です。

保証ファクタリングの3つのデメリット

一方で、保証ファクタリングのデメリットは下記3つです。

  1. 保証料が発生する
  2. 売掛先の状況によって利用できない売掛金がある
  3. 売掛先が倒産しない限り、支払い・保証料の返還はない

それぞれ詳しく解説していきます。

1. 保証料が発生する

保証ファクタリングを利用するには、ファクタリング会社に所定の保証料を支払う必要があります。

保証料の金額は、売掛先の信用力によって変動します。

ファクタリング会社によって異なりますが、保証料の相場は年率1%から4%程度です。

保証ファクタリングの保証料は「掛け捨て保険」と同じで、売掛金の決済保証が受けられたかどうかにかかわらず、戻ってこない点にも注意しましょう。

2. 売掛先の状況によって利用できない売掛金がある

保証ファクタリングの目的は、売掛金が貸し倒れるリスクを回避することです。

しかし、売掛先の信用力が著しく低い場合は、保証ファクタリングの利用を断られるケースもあります。

売掛金が発生したからといって、すべてのケースで保証ファクタリングを利用できるとは限らない点に注意が必要です。

3. 売掛先が倒産しない限り、支払い・保証料の返還はない

上述した通り、保証ファクタリングを通じて売掛金の支払いを受けられるのは、売掛先の経営破たんが確認された場合に限られます。

売掛金の支払い遅れだけでは、決済保証を受けられないケースがあるため、保証金を受け取れる条件を確認しておきましょう

保証ファクタリングならここ!優良3社

保証ファクタリングを依頼するなら、「優良ファクタリング会社」と契約を結ぶことが大切です。

ここでは、ファクタリング会社を下記の3社ご紹介します。

・みずほファクター

・SMBCファイナンスサービス

・りそな決済サービス

売掛金の貸し倒れリスクにお悩みの方はぜひ参考にしてください。

みずほファクター

みずほファクターの「回収保証サービス」には、「包括保証(売掛先10社以上)」「個別保証(5社以上)」の2種類のプランがあります。

売掛先の数に合わせて自社に合ったプランを選べるので、はじめて保証ファクタリングを利用する方におすすめです。

SMBCファイナンスサービス

SMBCファイナンスサービスの「販売先信用保証【ポートフォリオ型ファクタリング(保証)】」は、原則として売掛先20社以上より利用可能な保証ファクタリングです。

自社の与信基準では取引が難しい売掛先でも、保証ファクタリングを利用することで、貸し倒れリスクを防ぎながら新規顧客開拓や売上増加を達成できます

りそな決済サービス

りそな決済サービスが提供する「売掛債権の支払保証(保証ファクタリング)」は、1社ごとにきめ細かく保証限度額を設定し、売掛金の決済保証を行うサービスです。

りそな決済サービスは、多くの企業に保証サービスを提供するため、事前に問い合わせのうえで、少額からでも決済保証を行っています。

少額からでも決済保証を利用可能なため、売掛金が少額な場合は相談してみましょう。

買取ファクタリングを利用するならビートレーディング!

保証ファクタリングとは、ファクタリング会社が「売掛金」の決済保証を行う保険のようなサービスです。

もし売掛先が経営破たんした場合でも、保証ファクタリングを利用していれば、売掛金のうち保証限度額までの金額を回収できます。

ただし、保証ファクタリングの利用には保険料の支払いが必要です。

無理のない範囲で保証ファクタリングを利用することが大切です。

ビートレーディングの買取ファクタリングでは、売掛金を最短即日で資金化できます。

また、2社間ファクタリングや3社間ファクタリングなど、お客様に最適なプランをご提案させていただきます。

資金繰りでお悩みの方は、買取ファクタリングの活用を検討してみてください。

サイトマップ