ファクタリングを投資目的の資金調達におすすめする4つの理由

「急なビジネスチャンスがきた」「新設備に投資をしたい」など、一時的な投資資金には即日資金調達できるファクタリングが適していると言えるでしょう。ファクタリングで調達した資金使途は自由なため、設備投資などに利用する企業も多くいます。投資に利用するメリットはありますが、デメリットもあるので、是非最後までお読みください。

この記事では以下3点について詳しく説明していきます。

・ファクタリングが投資目的の資金調達におすすめな4つの理由
・ファクタリングを通して行うおすすめの投資内容
・他の方法で投資資金を調達した方が良い2つの場合

投資目的でファクタリングを検討されている方は是非参考にしてみてください。

ファクタリングは投資目的の資金調達に向いている

最近では、投資目的の資金調達でファクタリングを利用する企業が増えています。

融資よりも柔軟な審査で、なおかつスピーディーに調達できるファクタリングは、変化の激しい日本経済に対応しやすい資金調達方法です。

・大手企業との急な業務提携で、新しい機材を導入することになり、資金を調達したい
・業務拡大に伴い、新設備や人材育成に資金が必要だが、融資を受けるには時間がかかってしまう

上記のような理由で、投資額よりも利益を見込めるのであれば、ファクタリングは最適な調達方法と言えるでしょう。

他の資金調達方法で投資を行った方が良い場合

ファクタリングの資金使途には向き不向きがあります。

以下2つはファクタリングではなく別の方法で資金調達をして投資を行った方が良いでしょう。

・売上の悪化により払えなくなってしまった人件費への投資
・企業の将来が見えない場合の投資

どちらとも将来の売上の目途が立っておらず、たとえファクタリングで資金調達しても、余計資金繰りが回らなくなることが想定されます。

万が一の場合は低金利で借入可能なビジネスローンなどの利用を検討しましょう。

ファクタリングが投資目的の資金調達におすすめな4つの理由

ファクタリングを投資目的の資金調達におすすめする理由として以下4つが挙げられます。

・売掛金をスピーディーに現金化できる
・柔軟な審査が可能
・財務コンサルティングの利用可能
・売掛金の範囲内なので低リスクで利用可能

売掛金を最短即日でスピーディーに現金化できる

ファクタリングの最大のメリットとして最短即日で売掛金を現金化することができます。

昨今のインターネットの普及により、事業の展開にもスピードを求められる時代となっており、投資資金も迅速な調達が必要です。

そのため、銀行融資のように利用を決めてから数ヶ月かかってしまう調達方法よりも、申込から最短即日で調達できるファクタリングは、ビジネスチャンスをつかむために最適と言えるでしょう。

融資とは異なる柔軟な審査が可能

ファクタリングは売掛金の売買契約であるため、融資と異なり審査は柔軟です。

そのため、会社の資金繰りの悪化、税金・社会保険の滞納をしているなど、融資の審査に通りづらい状況でも資金調達が可能な場合も多くあります。

ファクタリングでは売掛先の与信を重視しており、請求書、契約書、入出金を確認できる通帳などで審査を行います。

融資が受けられず、投資資金を調達できないとお悩みの企業でも、ファクタリングであれば十分に調達することができるでしょう。

財務コンサルティングの利用ができる

多くのファクタリング会社が、ファクタリングサービスの他に、キャッシュフローの改善方法などをアドバイスする財務コンサルティングも行っています。

財務コンサルティングは、「バランスシート」「収益」の改善を通して、全体的な財務体質の改善をするために行います。

ファクタリング会社に資金調達を依頼する際には、同時に財務コンサルティングを依頼した方が将来的な資金繰りの改善に繋がるでしょう。

また、投資判断の相談などもできるので、融資よりも有効的に利用ができます。

売掛金を現金化するので低リスクで利用可能

ファクタリングは売掛金の現金化になるため、売掛金の範囲内での資金調達となります。

投資は、将来的に投資額以上の金額を回収できる見込みがある際に行います。

売掛金の範囲内での投資であれば、万が一投資に失敗した際でも、大きな損失を負うリスクを最小限におさえることができます。

ファクタリングを通して行うおすすめの投資内容

ファクタリングで投資目的の資金調達を行うのであれば、以下の3つがおすすめです。

設備投資 会社経営に必要な設備への投資
人材投資 優秀な社員育成のための投資
IT投資 業務の効率化を図るための投資

たとえば、初期費用50万円を投資したとしても、この3つであれば長期的にそれ以上の利益の回収を見込めます。

設備やITに投資をすることで業務の効率化に繋がり、今まで以上の業務量をこなすことができたり、社員育成に投資することで、外部に委託していた分の費用を浮かせることができる、などのメリットがあります。

将来的に利益を出す見込みがあるのであれば、ファクタリングで調達した資金を投資に利用することをおすすめします。

資金繰り状況に合わせてファクタリングを利用すれば問題ない

融資で投資資金を調達するには数ヶ月かかるけど、そんなに待てない

そんな急を要する際にはファクタリングで調達した資金で投資を行った方がスピーディーに調達することができます。

一時的な投資資金であればファクタリングの利用をおすすめします。

ただし、銀行融資を受けるための準備や、審査を待つ余裕がある企業は、銀行融資のほうが低金利で調達できます。

まとめ

ファクタリングは投資目的の資金調達に向いています。

柔軟な審査で即日資金調達ができるので、急なビジネスチャンスなどで投資に利用したい場合には適した資金調達方法になります。

しかし、売上が悪化していたり、将来の経営が見えない企業は、ファクタリング以外の資金調達の方が賢明でしょう。

 

すぐに資金調達したいという方はビートレーディングにお気軽にお問い合わせください。
・お問い合わせはこちら

サイトマップ