ファクタリングの仕訳とオフバランス化のメリット【会計担当の方必見】

売掛金さえあれば利用可能で、即日資金調達できる便利なファクタリングですが、利用後の会計処理に悩まれる方は多いと思います。会計担当の方に是非読んでいただきたい記事です。

この記事では、以下4つの内容について表を用いながら分かりやすく説明します。

  • ファクタリングの仕訳と勘定科目について
  • ファクタリング利用時の消費税について
  • ファクタリングの仕訳についてよくある3つの質問
  • ファクタリングによるオフバランス化について

ファクタリングの仕訳と勘定科目

ファクタリング手数料の勘定科目は、売掛債権譲渡損です。

詳しい仕訳方法は、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングで異なります。

以下で説明していきますが、ご自身に当てはまる項目をご確認ください。

2社間ファクタリングの場合

ここでは、100万円の売掛金が発生し、10%の手数料で2社間ファクタリングを利用した場合を想定してご説明いたします。

売掛金が発生したとき

売掛先(取引先)との通常の取引で売掛金が発生した場合の仕訳方法です。

借方勘定科目 金額 貸方勘定科目 金額
売掛金 100万円 売上 100万円

こちらはファクタリングの利用による変更点はありません。

通常通り、売掛金が発生したら帳簿に記載してください。

ファクタリング契約と入金が同日のとき

2社間ファクタリングでは、最短即日で資金調達をすることができます。

契約と入金が同日に行われた場合、以下のように仕訳をします。

借方勘定科目 金額 貸方勘定科目 金額
普通預金 90万円 売掛金 100万円
売掛債権譲渡損(非課税) 10万円

ファクタリング契約日と入金日が異なるとき

一方、契約日と入金日が異なる場合は、それぞれ仕訳をします。

①ファクタリング契約日

まず、ファクタリング契約日には以下のように仕訳をします。

借方勘定科目 金額 貸方勘定科目 金額
未収金 100万円 売掛金 100万円

②入金日

後日ファクタリング会社より入金されたら、以下のように仕訳をします。

借方勘定科目 金額 貸方勘定科目 金額
普通預金 90万円 未収金 100万円
売掛債権譲渡損(非課税) 10万円

3社間ファクタリングの場合

ここでは、100万円の売掛金が発生し、2%の手数料で3社間ファクタリングを利用した場合を想定してご説明いたします。

売掛金が発生したとき

2社間ファクタリングと同様に、売掛金が発生したら以下のように記載します。

借方勘定科目 金額 貸方勘定科目 金額
売掛金 100万円 売上 100万円

ファクタリング契約したとき

ファクタリング契約日には以下のように仕訳をします。

借方勘定科目 金額 貸方勘定科目 金額
未収金 100万円 売掛金 100万円

 

ファクタリング会社から入金されたとき

売掛先(取引先)から承諾を得て3社間契約をした後、ファクタリング会社から入金されたら以下のように仕訳をします。

借方勘定科目 金額 貸方勘定科目 金額
普通預金 98万円 未収金 100万円
売掛債権譲渡損(非課税) 2万円

 

ファクタリング利用時の消費税

2社間ファクタリング、3社間ファクタリングともに消費税はかかりません

ファクタリングは金銭債権の譲渡にあたり、非課税取引である有価証券に分類されるからです。

通常の掛け取引の場合

また例を挙げて説明していきます。

100万円の商品・サービスを売掛先(取引先)に納品したとしましょう。

そうすると、100万円の売掛金が発生しますね。

後にこの代金が振り込まれるときは、消費税10%を含めた110万円が入金されます。

このように、通常の掛け取引では消費税が発生します。

ファクタリングの場合

同様に100万円の売掛金が発生し、2社間ファクタリングを10%の手数料で利用した場合について説明します。

ファクタリングは非課税のため、手数料は以下となります。

100万円×10%=10万円

そのためファクタリング会社からは、手数料を差し引いた90万円が入金されます。

ファクタリングの仕訳に関するよくある質問

ここでは、ファクタリングの仕分けに関する以下3つの質問にお答えします。

  • 決算をまたぐ際の注意点
  • 「割引料」で仕訳しても問題ない
  • 「売掛債権譲渡損」以外の表記もできる

決算をまたぐ際の注意点

売掛金が発生したら、まだ現金が入っていなくても、発生した時点で売上に計上します。

注意するべきなのは、売掛金として計上したものも消費税の課税対象となるという点です。

実際に現金が入ってくるまでのタイムラグが長い場合、入金される前に消費税を立て替えなければならないこともあります。

さらに、決算をまたぐ売掛金は、売上が入金される前であっても法人税を支払わなければならないため、影響が大きいです。

そのため、資金繰りに不安がある場合は、このようなタイミングでファクタリングを利用すると効果的な場合があります。

いずれにしても、入金までの期間が長い売掛金で、売上をよく見せようとすることは控えたほうが良いでしょう。

「割引料」で仕訳しても問題ない

ファクタリングの手数料は、割引料で仕分けしても問題はありません

売掛債権譲渡損と割引料の違いは、ファクタリングによる勘定項目なのか、手形割引による勘定項目なのか、といった対象商品が異なるだけです。

実際の会計処理ではさほど変わらないため、割引料と計上しても問題ないのです。

ですが、一般的にファクタリングの手数料は、売掛債権譲渡損として計上することになっているため、こちらのほうがより望ましいです。

「売掛債権譲渡損」以外の表記もできる

ファクタリングの仕分けでは、売掛債権譲渡損以外の表記もできます。

その場合、

  • 雑損失
  • 支払い手数料
  • 債権割引料

などの項目で記載します。

会計上、売掛債権譲渡損で計上すると、ファクタリングを利用していることが一見しただけで見抜かれてしまいます。

そのため、今後銀行融資などを利用する可能性がある方は、あえて雑損失と仕分けしてしまうという方法もあります。

しかし、雑損失を利用すると税務署に内容の説明を求められることがありますので、利用する際はご注意ください。

ファクタリングによるオフバランス化

オフバランス化とは、賃借対照表(バランスシート)から資産や負債をオフする、つまりこれらを除くことで、企業の会計状況を健全に見せる方法です。

これによって総資産額は減りますが、利益は変わらないため、純資産利益率(ROA)を向上させることができます。

一般的に、より少ない試算で多くの利益を出したほうが、より優れた経営をしていると判断されます。

このように経営指標が良くなることにより、企業としての信用度が上昇し、銀行融資などが受けやすくなると考えられます。

オフバランス化のメリットとは

ファクタリングの会計処理におけるメリットは、以下になります。

  • 総資産額を少なく見せることにより、純資産利益率(ROA)を向上させることができる
  • 売掛金が回収できずに貸し倒れるリスクを回避できる

具体例を挙げて説明していきます。

借入とファクタリングで資金調達した場合の違い

例:仕入れ代金を支払うために200万円を借入またはファクタリングで調達した場合

  • 売上(売掛金):500万円
  • 仕入れ(原価):200万円

 

銀行融資(借入)の場合

200万円の借入をするため、会計上の総資産額は700万円になります。

ファクタリングの場合

売掛金500万円のうち200万円をファクタリングで現金化することになるため、これで仕入れ代金200万円を支払った場合、会計上の総資産額は300万円となります。

銀行融資を受けると、現金が試算に計上されるので総資産額が増加します。

一方、ファクタリングで資金調達をすると、もともと資産である売掛金が現金になるので、総資産額は増加せず、オフバランス化を図ることができます。

しかし、ファクタリングのオフバランス化にも注意点があります。

ファクタリングを利用すると手数料がかかり、利益が減少します。

利用し続けると、かえって資金繰りが悪化する可能性もありますので、注意してください。

まとめ

ファクタリング手数料の勘定科目は、売掛債権譲渡損です。

仕訳の方法は2社間ファクタリングと3社間ファクタリングで異なりますので、ご自身に当てはまる項目をご覧いただければと思います。

ファクタリング利用時には、消費税は発生しません。

しかし、売掛金が発生して帳簿に計上すると、売掛先(取引先)から入金される前に消費税を立て替えなければならないこともあります。

さらに、決算をまたぐ売掛金は、先出しで法人税を支払わなければならない場合もあります。

このようなケースで資金繰りがうまくいかないときは、ファクタリングの利用を検討することをおすすめします。

 

ファクタリングでは、オフバランス化を図ることが可能です。

無理がない範囲で帳簿から資産や負債をオフすることで、企業の会計状況を健全に見せることができます。

今後借入などを利用する予定がある場合は、利用を検討してみても良いかもしれません。

サイトマップ