【徹底比較】一括支払信託とは?ファクタリングとは何が違う?

経済産業省は中小企業に対し、売掛金を活用した資金調達を行うことを推奨しています。
売掛金を活用した資金調達には「一括支払信託」と「ファクタリング」の2種類があります。
「一括支払信託」と「ファクタリング」の資金調達方法の違いや、それぞれのメリット・デメリットを解説していきます。

 

一括支払信託とファクタリングの違いは「契約方法」

一括支払信託とファクタリングの違いは様々ありますが、1番大きな違いとしては「契約方法」です。

一括支払信託とは「銀行」が行う金融サービスで、必ず3社間で契約をします。

「3社間契約」とは、お客様の会社が保有している売掛債権(売掛金を受け取る権利)を銀行へ譲渡することの承諾を売掛先から得て、銀行へ売掛債権を引き渡すという3社で行う取引のことです。

一方、ファクタリングは「ファクタリング会社」が行う金融サービスで、2社間・3社間のどちらでも契約が可能です。

資金化までのスピードはファクタリングの方が早い!

ファクタリングは3社間契約に加え、2社間契約が可能です。

「2社間契約」とは、ファクタリング会社とファクタリングを利用したいお客様の2社で契約を行うことです。

売掛先の承諾を得る時間や契約を行う時間がかからないため、資金化までの時間もスピーディーです。

さらにお客様は、売掛先にファクタリングを利用していることを通知せずに利用可能というメリットがあります。

2社間ファクタリングについての詳しい内容を知りたい方はこちら

 

もちろんファクタリングも3社間での契約が可能です。

ファクタリングの3社間契約も、契約方法は一括支払信託と同様です。

3社間ファクタリングについての詳しい内容を知りたい方はこちら

 

一括支払信託とファクタリングの共通点は「売掛金の利用」

一括支払信託とファクタリングの契約方法の違いについて解説しましたが、売掛金を利用して資金調達するという共通点があります。

 

債務を管理する「一括支払信託」 

一括支払信託とは、お客様が持っている売掛金を、売掛先と銀行が連携し債務を引き受けるというシステムです。

銀行は、売掛先に代わりお客様へ早期に売掛金の支払いを行い、支払い日に立て替えた金額を売掛先から銀行が回収するというサービスです。

一括支払信託のサービスの利用には、利息が必要となります。

銀行によっては、「債務引受決済サービス」と呼ぶこともあります。

 

一括支払信託の取引の流れ

一括支払信託の取引は下記の4つの手順で取引することが多いです。

①お客様・売掛先・銀行の3社の間で売掛債権一括信託基本契約という契約を締結します。

② 売掛先は、銀行へお客様との注文書等のデータの引き渡しを行います。

③お客様は好きなタイミングで銀行から代金を受け取ります。

④売掛先から、銀行へ支払い日に売掛金の支払いが行われ取引が完了します。

 

一括支払信託を利用するメリット3点

①コストを抑えることができる

一括支払信託の利用は、売掛先にもメリットがあり、電子上で決済を行うため印紙代などをカットすることが可能です。

また、会計処理の作業が容易になることもメリットの1つです。

②好きなタイミングで資金化できる

資金化する売掛金の金額確定後、利用者は銀行から代金を受けとることができます。

さらに、希望の受け取り時期を選択できるため、受取のタイミングは自由です。

③残高を把握できる

一括支払信託は、「債権残高証明書」という証明書を発行することが可能なため、残高を把握することができます。

債権残高証明書は、電子上で発行することができるのでキャッシュフローを明確にすることも可能です。

 

一括支払信託を利用するデメリット2点

①取引先に利用を知られてしまう

前述の通り、一括支払信託は必ず3社間での契約になるので、取引先に知られずに利用することはできません

取引先から、「経営状況が悪化しているのでは?」と不信感を持たれてしまう可能性があります。

②取引先が倒産した場合リスクがある

万が一、売掛先が倒産してしまった場合や売掛金を回収できなかった場合、「だれが負担しなければならないのか」という問題が発生します。

一括支払信託の場合、銀行との契約内容によって異なりますが、従来の手形と同様に売掛債権を譲渡した人が債務を負担する必要があります

 

売掛金を早期資金化する「ファクタリング」

ファクタリングとは、「ファクタリング会社」へ売掛金を売却し、売掛金の入金日よりも前に資金化する資金調達方法です。

2社間契約と3社間契約を選択することができ、審査後、最短即日で資金化が可能です。

 

ファクタリングの取引の流れ

2社間ファクタリングは下記の3つの手順で取引することが多いです。

①お客様とファクタリング会社の2社の間で契約を結びます。

② 契約締結後、お客様はファクタリング会社から即日資金を受け取れます。

③売掛金の支払い期日になり、お客様の売掛先からお客様へ入金があります。
その後、お客様はファクタリング会社へ支払いを行い取引が完了します。

 

ファクタリングを利用するメリット3点

最短即日で資金化できる

2社間契約の場合、契約者が少ない分、入金に進むスピードも早いのがファクタリングのメリットです。

②取引先の承諾が不要な契約を選択できる

ファクタリングは3社間契約に加え、ファクタリング利用者とファクタリング会社の2社のみで契約する2社間契約と2つの契約方法を選ぶことができます

契約の手間を減らしたい方や、より急ぎの資金調達をしたい場合は、売掛先の承諾が不要な2社間での契約をする必要があります。

③返還請求権なしで契約ができる

ファクタリングは、返還請求権なしの契約が可能です。

契約内容(2社間契約か3社間契約か)によって異なりますが、3社間契約の場合、お客様は利害関係から外れるのでファクタリング会社が負担します。

 

ファクタリングを利用するデメリット2点

①取引先の与信情報が大きく審査に影響する

ファクタリングの審査や手数料の決定に1番影響するのは、売掛先の信用度です。

取引先の規模や実績によっては審査が通りにくくなってしまうことがあります

②手数料が発生する

ファクタリングの利用には手数料がかかります。

ファクタリングの手数料について詳しく知りたい方はこちら

一括支払信託とファクタリングはどちらがおすすめ?

一括支払信託・ファクタリングを利用するときは、契約内容に注意し、会社の状況にあった方法を選択しましょう。

「売掛金を資金化する」という点では、似ている資金調達方法です。

取引先に利用を知られたくない場合や、とにかく急いで現金が必要であると言った場合には、ファクタリングがおすすめです

 

ファクタリグのご利用はビートレーディングまで!

弊社ビートレーディングではお客様に寄り添った対応をしております。

・最短即日入金可能
・買取金額無制限
・低手数料2.0%~
・契約方法は、来社・訪問・オンライン・郵送

26,000社契約実績から、臨機応変に柔軟なご対応をさせていただきます。

ファクタリングをご希望はまずは、無料のお見積りをお試しください。

 

簡単スピード見積り!

 

サイトマップ