ファクタリングで失敗しないためのポイント

ファクタリングで失敗しないポイントとは?

ファクタリングは、多くの企業に利用されている資金調達方法です。一般的に資金調達方法としてよく利用されているのは銀行融資ですが、銀行融資は審査に時間がかかったり、中小企業では融資を受けるのが難しかったりすることもあります。

一方ファクタリングの場合は審査期間が短く、早ければ即日現金化できるケースもあります。ファクタリングは、中小企業やすぐに現金が必要な企業などに重宝されています。
ファクタリングは、基本的には安全な資金調達方法ではありますが、よく理解せずに利用してしまうことにより失敗するということもあり得るため、注意が必要です。この記事では、ファクタリングで失敗しないための注意点や対応方法などをご紹介していきます。

ファクタリングで避けたい失敗を紹介!

ファクタリングでの失敗には、下記のような事例があります。いずれも知識があれば対応できる事例ばかりなので、まずはしっかりファクタリングを理解することから始めましょう。

ファクタリングの手数料が想定より高い

ファクタリングは、売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことで売掛金を早期現金化する資金調達方法です。ファクタリング会社は、売掛金の額面から手数料を差し引いた額を買い取りの際に支払います。このときの手数料はファクタリング会社によって異なりますが、2社間ファクタリングの場合などは銀行融資の金利などと比較すると高めのため、手数料の安い業者を選びたいと考える利用者も多いでしょう。しかし、手数料だけで業者を決めてしまうと、手数料のほかに経費などを別途請求され、かえって多くの費用がかかったというケースもあるため、注意が必要です。

悪徳業者に騙される

ファクタリング会社を名乗る会社の中には、悪徳業者とよばれるような会社もあります。手数料を引き上げて売掛債権の買い取り額を減らしたり、弁済を分割にして法外な金利をかけたりといった方法で搾取したり、場合によっては、2社間ファクタリングの契約であるにもかかわらず取引先(売掛先)に通知すると脅すといったケースも聞かれます。

二重譲渡や架空債権で契約する

ファクタリングの契約において、二重譲渡、架空債権が問題になることがたびたびあります。二重譲渡とは、同じ売掛債権で2つのファクタリング会社と契約して二重に代金を受け取ること。これは、2社間ファクタリングにおいてたびたび問題になる行為です。また、架空債権での契約とは、存在しない売掛債権を作ってファクタリング会社に売却することをいいます。

二重譲渡も架空債権も詐欺行為です。いずれも、たとえ契約時に発覚することがなくても、支払い期日がくれば問題が表面化する問題です。発覚した際には、悪意がなかったとしても刑事告訴される可能性があります。

ファクタリングで失敗しないためのポイント

ファクタリングでの失敗の多くは、知識や理解が不足しているために起こっています。まずはファクタリングについてきちんと理解しましょう。ここでは、ファクタリングで失敗しないために何をすべきか、そのポイントをご紹介します。資金調達を急ぐあまり準備を省いてしまうことのないよう、しっかり対応しておきましょう。

手数料の相場を知っておく

ファクタリングの手数料は会社によって異なりますが、安すぎる場合は注意が必要です。手数料の相場は、2社間ファクタリングの場合は10~30%、3社間ファクタリングの場合は5~10%です。相場に比べて極端に手数料が安い場合は、慎重に契約を進める必要があるでしょう

信頼できるファクタリング会社と契約する

ファクタリングの契約をする際は、信頼できる会社かどうかを事前にしっかり調べておきましょう。ファクタリング会社に直接行ってみたり、口コミ情報を確認したりすることで、悪徳業者を避けることができるでしょう。

契約書をしっかり確認する

ファクタリングを安全に利用するために、契約を結ぶ前に契約書の内容をしっかり確認しましょう。特に手数料については、慎重に確認しておく必要があります。内容をきちんとチェックすることで、不当な契約を防ぐことができるでしょう。

ファクタリングがどのようなサービスか理解を深める

ファクタリングは、銀行融資などとは異なり、返済の必要がなく負債にならない安全な資金調達方法です。良い業者を選んで契約すれば、安心して利用することができるでしょう。安全に正しく契約するためには、まずはファクタリングの仕組みやサービス内容などをよく理解することが重要です。

ファクタリングはさまざまな会社が利用していますが、失敗事例があるのも事実です。そしてそれらの事例の中には、手数料で損をしたというだけでなく、詐欺に遭ったり、詐欺行為を起こしてしまったりと事件に発展したものもあります。失敗を防ぐためには、ファクタリングを良く知ることが何よりの対策といえるでしょう。このサイトを参考に、しっかり対策してから利用することをお勧めします。

ファクタリングのご利用をご検討の方は、ぜひビートレーディングにご相談ください。
・お問い合わせはこちら

サイトマップ