リバースファクタリングとは?仕組みとメリットをかんたんに解説

ファクタリングとは、売掛金保有会社が売掛金をファクタリング会社へ売却し、資金調達する金融サービスです。今回はこのファクタリングの一種であるリバースファクタリングについて、詳しく解説していきます。

 

要点は、下記の3つの通りです。
・リバースファクタリングの仕組みをかんたんに解説
・取引先別!リバースファクタリングのメリット
・金融危機にリバースファクタリングを利用する提案

最後にビートレーディングのリバースファクタリングについてもご紹介いたします。

リバースファクタリングとは?

リバースファクタリングとは、下請け会社や取引先を抱えている会社(売掛先)向けのサービスです。

通常のファクタリングとは依頼者が逆(=リバース)であることから、リバースファクタリングと呼ばれています。

リバースファクタリングでは、下請け会社(取引先)からの下記3つの要望を叶えることができます。
・毎月の支払いサイトをもっと短縮してほしい
・資金繰りの問題で次回の受注はまだ先になってしまう
・案件別に支払いサイトを変更してほしい

通常のファクタリングとは異なり、売掛先がファクタリングを依頼する新しいサービスです。

※「売掛金保有会社」は、以下「下請け会社(取引先)」と表記します。

リバースファクタリングとは?

リバースファクタリングは以下の流れに沿って利用いただけます。

 ①売掛先がファクタリング会社にリバースファクタリングを申し込み

②下請け会社(取引先)から商品が納品された後、請求書が発行される

③売掛先が請求書を受理

④ファクタリング会社が下請け会社(取引先)へ請求金額の先払い

⑤先払いした請求金額の支払日に、売掛先からファクタリング会社へ送金

ファクタリング会社は売掛先の支払い代行のような役割を担います。

そのため、売掛先は請求金額の支払日に一括でファクタリング会社に振り込むだけなので、入金処理の手間も省くことが可能です。

リバースファクタリングのメリットを取引先別に解説

では、実際にリバースファクタリングを利用することでどんなメリットがあるのでしょうか。

利用するメリットについて、売掛先、下請け会社(取引先)別に解説していきます。

売掛先:支払を遅らせることが可能

売掛先としては、ファクタリング会社が自社に代わって下請け会社(取引先)に請求金額を先払いしてくれるというメリットがあります。

後日、売掛先はファクタリング会社が支払った買掛債務分のお金を手数料と合わせて、ファクタリング会社へ支払いをします。

つまり、売掛先としてみれば、買掛債務の支払いを通常よりも遅らせることが可能です。

例えば、取引先を数十社~数百社抱えている売掛先の場合、買掛債務を支払う際にまとまった資金を用意する必要がありますが、リバースファクタリングを活用し、支払い猶予期間を延ばすことで余裕のある資金繰りを実現できます。

また、売掛先の中には銀行から融資を受けている企業も多いでしょう。

そのようなケースでもリバースファクタリングにより買掛債務の支払いを遅らせることができれば、手元の資金を銀行への返済に充てることも可能です。

下請け法に触れる心配なく、先払い可能

一般的に、買掛債務の支払いを遅らせたり、現金払いにしていたものを延べ払いに変更したりすれば、下請け会社(取引先)の負担が増大し、下請法に引っかかる可能性もあります。

しかし、リバースファクタリングを利用すれば、下請け企業には期日までにファクタリング会社から買掛金が全額支払われ、サービスを利用することで発生する手数料や金利などの費用は売掛先が負担するため、下請け企業に負担はなく、下請法上の問題もクリアできます。

※買掛金とは、下請け会社(取引先)における売掛金のことです。

下請け会社(取引先):早期の資金化

リバースファクタリングの場合、ファクタリング会社が売掛先に代わって、下請け会社(取引先)へ売掛金を支払うため、実際の支払い期日よりも早期の支払いが可能です。

つまり、下請け会社(取引先)からしてみると、売掛金を早期に資金化できるメリットがあります。

下請け会社(取引先)としても、取引先への支払い義務があり、資金繰りに苦労することもあるでしょう。

ファクタリングを利用して売掛金を早期に資金化できれば、資金繰りに余裕が生まれます。

ファクタリング会社:高額取引が可能

リバースファクタリングを利用する売掛先の多くは、取引先が多数に上り一気にまとまった資金を必要とする企業です。

つまり、そのような売掛先から依頼を受けたファクタリング会社は高額な取引が可能となり、より大きなビジネスチャンスが得られます。

ファクタリングを専門的に行っている企業のほかにも、金融機関の子会社がリバースファクタリングサービスを展開しているのは、このようなメリットが得られるためです。

金融危機における資金繰りの改善にも貢献できるサービス

リバースファクタリングを用いることは、リスクマネジメント上でもメリットがあります。

2008年に発生したリーマンショックに端を発する世界的な不況では、多くの企業が厳しい企業経営を強いられました。

このような大きな金融危機が発生すると、どうしても資金の流動性が低下し、資金調達が難しくなります。

金融危機の場合、売掛先は買掛金の支払期日をできるだけ長く伸ばしたいと考え、下請け会社(取引先)は売掛金をできるだけ早く資金化したいと考えるはずです。

そういった時に、リバースファクタリングを利用すれば、売掛先は買掛金の支払期限を延ばせますし、下請け会社(取引先)は売掛金の早期資金化により、必要な資金を素早く確保できるわけです。

このようにリバースファクタリングは売掛先にも下請け会社(取引先)にも、さらにファクタリング会社にもメリットがあります。

また、昨今はグローバル化も進んでいるため、遠い他国の経済事変が日本に波及することも十分考えられます。

そのような世界的な金融不況が起きたとしても、リバースファクタリングであれば資金繰りにおけるリスクを大きく低減できます。

企業経営におけるリスクマネジメントの観点からも、リバースファクタリングは検討すべきサービスといえるでしょう。

リバースファクタリングならビートレーディング!

ビートレーディングでは「Beトレペイメント」という名前でリバースファクタリングを提供しております。

下請け会社や取引先から、現状の支払いサイトより縮めてほしいという要望を受けている会社様の資金繰りもサポートさせていただきます。

Beトレペイメントであれば下記3つのメリットがございます。
・ファクタリングの実績豊富なため、柔軟な対応が可能
・案件ごとにリバースファクタリングの利用可能
・まずは相談だけでもOK、他に適したサービスがあればご紹介可能

多くの会社様にご利用いただくために、柔軟なご対応をさせて頂きますので、お気軽にご相談ください。

リバースファクタリングのご利用は
Beトレペイメントにお任せください。

サイトマップ