【最新版】ファクタリングで即日資金調達するための4つの手順

ファクタリングは、急に資金が必要となった場合でも、即日資金調達が可能です。では実際に、即日資金調達をするには、どのような手順で進めていけば良いのでしょうか。

 

 

この記事では以下3つについて詳しく説明していきます。
・ビートレーディングで即日資金調達をするための4つの手順
・即日資金調達で実践したい3つのポイント
・ビートレーディングで実際に即日資金調達できたお客様の実例

即日の資金調達が必要となった場合、是非参考にしてください。

即日資金調達するなら2社間ファクタリング

即日資金調達に適しているのは、2社間ファクタリングです。

2社間ファクタリングは売掛先の承諾を得ることなく、ファクタリング会社と利用者の間で契約を完結することができます。

そのため、利用者の申し込み手続きとファクタリング会社の審査・事務手続き次第で即日のお振込みが可能です。

ビートレーディングの2社間ファクタリングの特徴

ビートレーディングでは、多くの企業様に2社間ファクタリングをご利用いただいた実績から、柔軟なご対応が可能です。

具体的には以下4つの特徴があります。
・業界最安値手数料5%~
・査定結果まで最短30分
・契約まで面談は一切なし!
・個人事業主様の利用も可能

2社間ファクタリングを利用するにあたり、ご要望がございましたらお申し込み後、担当者までお気軽にお問い合わせください。

即日でファクタリングを利用する4つの手順

ファクタリングで即日資金調達するためには、利用者もスピードを意識することが重要です。

一般的にファクタリングは以下の流れで契約が進むので、どれくらい時間が必要か逆算して行動しましょう。

9:00頃 申込に必要な書類を準備
9:30頃 申込(電話で急いでいることを伝える)
10:00頃 審査中に契約書類を準備
13:30頃 契約手続(来社がおすすめ)
14:45頃 お振込手続き完了

利用を決めたらすぐに申し込み

ファクタリングの利用を決めたら、すぐにファクタリング会社に申し込みましょう。

どんなに遅くても、午前10時くらいまでの申し込みが安心です。

理想の手順は、朝一番にWEBで申し込み、営業開始とともに電話で必要資料の確認です。

ファクタリング会社によって申し込み方法は異なりますが、WEBもしくは電話からの申し込みが一般的です。

ファクタリングは融資とは異なり、申し込みをしても信用情報に記録されることはありません。

ビートレーディングでは、資料提出ページから審査書類・申込書を提出いただけます。

お急ぎの場合、ご提出後にお急ぎの旨をお伝えいただければ、ご契約まで出来るだけスムーズなご対応をさせていただきます。

資料提出はこちら

審査書類は迅速に提出

ファクタリング会社によって審査に必要な書類は異なります。

利用するファクタリング会社の案内に従って速やかに必要な書類を提出してください。

審査結果が出るまで時間がかかる場合もあるので、提出は早い方が安心でしょう。

また、審査結果を待っている間に契約に必要な書類の準備もしておくと、審査が通った段階ですぐに契約をすることができます。

契約書類は漏れがないよう確認

契約に必要な書類も、利用するファクタリング会社によって異なります。

審査結果が出た際に指示されますが、急いでいる場合は審査書類を提出する段階で聞いておいた方が、用意するまでに無駄な時間がないでしょう。

一例として、ビートレーディングのファクタリング契約では以下の書類をご準備いただきます。

契約書類は申込後にご準備いただいても問題ありません。

・履歴事項全部証明書(1か月以内)
・会社様と代表者様の印鑑証明書
・会社様と代表者様の実印
・代表者様の住民票

契約に必要な書類が分かった段階で、「どこに何を取りに行くのか」リストアップしておいた方が安心です。

来社契約に向けて時間の確保

即日振込希望の場合は、すぐに契約できるよう、なるべくスケジュールを空けておく必要があります。

来社、または訪問契約になることがほとんどですが、ファクタリング会社のオフィスで契約するのであればその往復の時間込みで予定を空けておきましょう。

ここで、ファクタリングの契約を完結することができれば、即日資金調達も可能になります。

ビートレーディングでは、初回は対面契約で手続きを進めます。

ファクタリング契約を締結し、15時前に振込手続きが完了すれば、当日の着金に間に合います。

あらかじめ、「即日資金調達希望」の旨をお伝えいただくことで、即日振込のスケジュールを逆算して、間に合うように対応させていただきます。

あらかじめ契約の流れを確認しておくことが大切

はじめてファクタリングを利用する際には、契約の流れをあらかじめ確認しておいた方がいいでしょう。

どんな流れかわかっておいた方が、スムーズに契約まで進むことができます。

ビートレーディングでファクタリングを利用する際の流れは、動画にてご紹介しております。

3分で分かる!ファクタリング契約

即日資金調達で実践したい3つのポイント

即日資金調達をするための4つの手順でもご紹介した通り、即日資金調達するには利用者も意識して行動する必要があります。

ビートレーディングで即日資金調達するために、実践していただきたいポイントは下記3つの通りです。
①営業時間に合わせて電話で必要資料を確認
②来社契約で振込までの時間を短縮
③15時前にファクタリング契約を締結

前述した即日資金調達をするための4つの手順と合わせて実践してみてください。

ビートレーディングで即日資金調達したお客様の事例

これまでビートレーディングでは、即日で資金調達をしたお客様が多くいらっしゃいます。

今回は、建設業のお客様、製造業のお客様の事例をご紹介いたします。

建設業のお客様

年商 3000万
従業員 5名
都道府県 福島県
調達額 180万円
資金使途 資材費用

ご相談内容:
直近で大口の案件を引き受けてしまったため、運転資金が回らず、資材費用の支払いまで追い付かない。
明日が支払期日なので今日中に資金調達したい。


大口の案件を引き受けた際に資材費が嵩んでしまったため、他案件の資材費まで首が回らないと、お電話にてご相談いただきました。

オペレーター担当Kがヒアリングを進める中で、大口案件の売掛金の支払いは翌月末ということが分かり、その売掛債権を売却していただくことになりました。

ファクタリングの利用は2回目とのことで、すぐに必要書類を提出いただくことができました。

また、売掛先が大手企業ということで審査がスムーズに進み、即日のお振込みをさせていただきました。

ファクタリングは売掛債権の売却のため信用情報に傷がつかないので、大口案件を引き受けた際にはご相談いただいております。

製造業のお客様

年商 4200万
従業員 10名
都道府県 岐阜県
調達額 250万円
資金使途 原材料費

ご相談内容:
機械を新調したため、原材料費が追い付かない。
機械を稼働させないと売上が減ってしまうのでどうにか資金調達したい。


営業開始とともにお客様よりご相談の電話をいただきました。

オペレーター担当Yのヒアリングの中で、新調した機械では今までの原材料が使用できず、新たな原材料を用意する必要があり、その資金繰りに困っていることがわかりました。

大手企業の下請け会社ということで売上の確認や与信審査はスムーズに進めることができました。

ファクタリングの利用は初めてで必要書類の用意に心配があったようですが、案内に従って用意していただき、即日の資金調達に間に合わせることができました。

機械を新調して効率が上がったとのことで、2回目はご利用いただいておりませんが、企業の資金繰り改善にお力添え出来たと実感しております。

ビートレーディングは即日資金調達の実績豊富

上記でもご紹介した通り、ビートレーディングでは即日資金調達希望のお客様にも対応可能です。

また、即日で資金調達するには、2社間ファクタリングをご利用いただく必要があります。

お急ぎの資金調達で、ビートレーディングのご利用を決めていただいた際には、早めにご相談ください。

女性オペレーターがお客様のご状況のヒアリング、その後の手順についてご案内させていただきます。

最後に、ビートレーディングは即日資金調達の実績も豊富ですので、出来るだけお客様のご要望に沿ったご対応をさせていただきます。

どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

サイトマップ