【サービス業の方必見】資金繰りをファクタリングで解決!活用事例事例も紹介

サービス業の資金繰り

新型コロナウイルスの流行や、緊急事態宣言下の外出自粛の長期化により、国内企業の多くが打撃を受けています。
資金繰りが悪化し、事業の再構築を迫られる企業も少なくありません。
とくに国内総生産の約70%を支えるサービス業は、資金繰りにお悩みの方が多い業界です。

そこで役に立つのが、未回収の売掛金をファクタリング会社に売却し、早期資金化する「ファクタリング」です。

この記事では、
「人件費のため、売掛金を早期資金化したい」
「サービス業におすすめのファクタリング会社を知りたい」

という方のため、以下4点について詳しく説明します。

・赤字経営が多い?資金繰りに悩みがちなサービス業
・サービス業にファクタリングをおすすめする理由3つ
・サービス業のファクタリング活用事例2例
・即日資金調達できるファクタリング会社3選

資金繰りにお悩みのサービス業の方は、ぜひ最後までお読みください。

簡単スピード見積り!

赤字経営が多い?資金繰りに悩みがちなサービス業

サービス業の取引形態は、現金払いも多いですが、売上の半分近くが売掛金として計上されるのが一般的です。

こうした掛取引の場合、売掛金の入金が2~3ヶ月先に延びることも少なくありません。

しかし、人件費などの運転資金は先払いしなければならないため、掛取引には資金繰りが悪化するリスクが存在します。

売掛金が手元に入るまでの期間で、一時的に赤字経営を余儀なくされる企業も多く、サービス業では資金繰りが大きな課題となっています。

ここでは、赤字経営に陥るリスクや、資金繰りを解消するファクタリングの役割を説明します。

赤字経営とは?会社経営が行き詰まるリスクも

赤字経営とは、1年を通じて収入よりも支出が多く、帳簿上マイナス収支となっている状態です。

赤字経営に陥ると、運転資金に充てる利益がなく、手元資金で人件費や仕入れ費を賄う状態が続きます。

赤字経営となっても、すぐ倒産するわけではありません。

しかし、赤字経営の会社で一番大変なのは、追加の銀行融資を受けにくい点です。

赤字決算の場合、銀行融資やビジネスローンの与信審査が厳しくなりやすく、借入金で損失を補うといった方法が使えなくなります。

そこでおすすめなのが、ファクタリングです。

ファクタリングは銀行融資と異なり、赤字決算や債務超過の状態でも、与信審査に通る可能性があります。

銀行融資の審査に通らない場合は、ファクタリングを利用しましょう。

サービス業の資金繰りには「ファクタリング」

ファクタリングとは、入金までに時間がかかる売掛金をファクタリング会社に売却し、早期資金化できる金融サービスです。

売掛金の支払いサイトを短縮できるため、ファクタリングはサービス業を営む中小企業にとって非常に心強い資金調達方法です。

ファクタリングは銀行融資と異なり、「借入れ」ではなく「買取り」のため、担保を用意する必要がありません。

そのため、ファクタリングは審査が比較的スムーズに行われ、ファクタリング会社によっては最短即日の資金調達が実現します。

サービス業におすすめな「2社間ファクタリング」

ファクタリングには、「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の2種類の契約形態があります。

2社間ファクタリングは、利用者とファクタリング会社の2社間で完結する契約形態です。

一方、3社間ファクタリングは売掛先に「売掛金の売却」を承諾してもらう必要があります。

また、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングは、契約内容やファクタリング手数料なども異なります。

弊社では、資金繰りでご相談いただいたサービス業のお客様には、2社間ファクタリングをおすすめしています。

サービス業のお客様に2社間ファクタリングがおすすめの理由は以下3点です。

・最短即日で資金化できる
・売掛先の承諾を得ずにファクタリングを利用できる
・個人事業主でも利用できる

最短即日で資金化できる

上述した通り、2社間ファクタリングは、最短即日での資金調達が可能な金融サービスです。

銀行からの借り入れの場合、資金調達までにおよそ2~3週間の時間がかかるのが一般的です。

ファクタリングでも与信審査が行われますが、銀行融資とちがい不動産などの担保や保証人は不要のため、入金までの手続きがスムーズです。

そのため、2社間ファクタリングの最大のメリットは、「売掛金を最短即日で資金化できること」です。

売掛先の承諾を得ずにファクタリングを利用できる

2社間ファクタリングは利用者とファクタリング会社の2社間で完結するため、売掛先の承諾を得ずにファクタリングを利用できます。

ファクタリングは経済産業省が推奨し、中小企業に人気の資金調達方法ですが、サービス業ではまだそれほど知名度が高くありません。

そのため「この会社は資金繰りが厳しいのか」「銀行融資が受けられないのか」という悪印象を売掛先に持たれる可能性があります。

しかし、2社間ファクタリングは売掛先の承諾を得ずにファクタリングを利用できるため、このようなネガティブな影響が出る心配がありません。

個人事業主でも利用できる

2社間ファクタリングのもう1つのメリットは、個人事業主でも利用できる点です。

個人事業主が利用できる資金調達方法として、銀行融資、政策金融公庫の融資、ノンバンクのビジネスローンなどがあります。

しかし、これらの資金調達方法に共通するのが、与信審査で「利用者の信用情報」を重視するという点です。

個人事業主や業歴の浅い企業の場合、与信審査に通らない可能性があり、いざというときに資金調達ができないケースも少なくありません。

一方、ファクタリングの審査では、「売掛先の信用情報」を重視します。

そのため、ファクタリングは回収可能な売掛金さえあれば、個人事業主も利用可能です。

資金繰りにお悩みの個人事業主様は、ファクタリングを利用しましょう。

サービス業のファクタリング活用事例2例

ここでは、サービス業でのファクタリング活用事例を2つご紹介いたします。

① 人材派遣業
② 飲食サービス業(個人事業主)

ファクタリングのご利用をご検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

人材派遣業のお客様

従業員の給与支払いのため、急ぎの資金調達が必要になったお客様の事例です。

年商 1億2200万円
調達日数 即日
調達額 780万円
資金使途 人件費

■ご相談内容:
業務委託契約を結んでいる会社の売掛金の支払いが遅れたため、月末までに人件費を資金調達したい。

営業開始時間とともに、こちらのお客様よりお電話をいただきました。

弊社オペレーターがヒアリングを行ったところ、月末の従業員の給与支払いの資金が不足しており、3日以内に資金調達が必要になったことがわかりました。

ファクタリングを利用されるのが2回目のお客様のため、すぐに必要書類をご提出いただけました。

そのため、審査から入金までスムーズに手続きが完了し、即日のお振込みをさせていただきました。

飲食サービス業(個人事業主)のお客様

売掛金の支払いサイトが長く、手元資金の確保が必要になった個人事業主のお客様の事例です。

年商 4000万円
調達日数 2日
調達額 100万円
資金使途 運転資金

■ご相談内容:
クレジットカードでの支払いやキャッシュレス決済の増加により、現金が手元に入るまでの時間が長い状態。

その分運転資金をファクタリングで資金調達したい。

売掛金の支払いサイトが長く、運転資金が苦しくなってきたため、個人事業主でも利用できるファクタリング会社をお探しとのことでした。

ファクタリング会社をまとめ掲載しているWebサイトが弊社をおすすめしていたとのことで、申込みいただきました。

ファクタリングのご利用が初めてのお客様でしたが、弊社オペレーターのご案内にしたがい、すぐに必要書類をご提出いただけました。

結果として、お申込みから2日後の資金調達が実現しました。

弊社のファクタリングサービスを利用された結果、経営の立て直しのお手伝いができたことを実感しております。

即日資金調達できるファクタリング会社3選

ここまで、サービス業のお客様にはファクタリングのご利用がおすすめだとお伝えしてきました。

それでは、サービス業にとって、「どんな点を重視してファクタリング会社を選べばいいのか」と疑問をお持ちの方も多いでしょう。

そこで、弊社おすすめの即日資金調達可能なファクタリング会社を3社紹介します。

・日本中小企業金融サポート機構
・OLTA
・FREENANCE

ファクタリングの利用をご検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

手数料1.5%~ 「日本中小企業金融サポート機構」

手数料1.5%~日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構は、主に中小企業を対象として、即日資金調達可能なファクタリングサービスを提供しています。

財務局・経済産業局の認定を受けた「経営革新等支援機関」であり、資金繰りの悩みを抱える零細企業や個人事業主の「窓口」としての役割を果たします。

ファクタリングサービスは、ファクタリング手数料1.5%~利用でき、資金調達のムダなコストを抑えられます。

オンライン完結「OLTA」

オンライン完結「OLTA」

OLTAは、申込みから入金まですべてオンラインで完結するクラウドファクタリングサービスを提供しています。

対面での与信審査ではなく、AIを活用した与信審査のため、すぐに審査結果が出ます。

また、2社間ファクタリングのみのため、売掛先の承諾を得ずにファクタリングを利用できます。

個人事業主におすすめ「FREENANCE」

FREENANCE(フリーナンス)は、フリーランスや個人事業主の方のサポートを目的としたファクタリングサービスです。

FREENANCEに登録した請求書を即日払いで現金化できるため、いざというときの資金調達に役立ちます。

また、お仕事中の事故の補償を行う「フリーナンスあんしん補償」も付属しており、会社の保険がないフリーランス・個人事業主の方のメリットが大きいサービスです。

ファクタリングならビートレーディング!

ここまで、サービス業におすすめのファクタリングについて解説しました。

・赤字経営が多い?資金繰りに悩みがちなサービス業
・サービス業にファクタリングをおすすめする理由3つ
・サービス業のファクタリング活用事例2例
・即日資金調達できるファクタリング会社3選

サービス業は掛取引が多く、売掛金の入金までに運転資金を手元資金で補わなければならないため、資金繰りに悩みやすい業界です。

しかし、銀行融資には厳格な与信審査があり、赤字決算や債務超過がある企業は利用できません。

そこでおすすめなのが、「利用者の信用情報」ではなく、「売掛先の信用情報」を重視するファクタリングです。

とくに2社間ファクタリングは、売掛先の承諾を得ずに利用できるため、取引関係にネガティブなイメージを与える心配がありません。

ビートレーディングの2社間ファクタリングは、お申込みから入金まで最短12時間で対応します。

1分で完了するスピード見積りもぜひご利用ください。

スピード見積り

サイトマップ