運送業にファクタリング利用は最適?メリットやご利用の流れを解説!

新型コロナウイルス対策による、外出自粛の影響で、ネット通販等の需要が増加しました。そのため運送業の売上高は近年、増加傾向にあります。

しかし、運送業の低収益性の背景には、参入事業者数の増加などによる競争の激化・燃料価格の高騰や「安全・環境・コンプライアンス経営」にかかるコストの増加など、多くの原因が山積です。

特に、業界の約9割を中小企業が占めているといわれ、厳しい経営環境におかれています。

この記事では、ファクタリングが運送業の資金調達の方法とし有効といえる理由や利用することのメリットについて解説します。

運送業の資金繰りとしてファクタリングは利用可能!

運送業でファクタリングを利用することはもちろん可能です!

下記のようなお悩みの方も多いと思いますので、詳しく説明します。

「なぜ、運送業にはファクタリングが有効なのか?」
「銀行融資との違いは何なのでしょうか?」

運送業のキャッシュフロー

運送業の支払いは、末締めの翌々月払いの2か月後なることが多いため、売上の入金よりも先に支払いが発生します。

このように入金までの期間が長いと資金繰りが悪化する可能性は高くなります。

そこで、役立つのが「ファクタリング」という金融サービスです。

運送業のキャッシュフローは損益に比べても問題視されることが多いため、「ファクタリング」が最適な資金調達方法の1つしょう。

ファクタリングとは

「ファクタリング」とは、会社が現在持っている売掛債権(=売掛代金を受け取る権利)をファクタリング会社へ譲渡することで、資金化できるサービスです。

最短即日で資金化することも可能で、銀行融資とは異なり赤字の経営や負債を抱える企業でも利用できるため近年注目を集めています。

ファクタリングと銀行融資の違い

会社の状況によっては、ファクタリングよりも「銀行融資」が向いている場合もあります。

銀行融資とは、銀行から事業を行うための資金としてお金を借り入れることです。

長期的な開業資金や設備資金として利用する企業が多く、資金使途は契約により制限されることがあります。

また、銀行融資は「借入」なので、担保や保証人が必要です。

ファクタリングと銀行融資の1番大きな違いは、「資金化までの早さ」です。

銀行融資を利用する場合、新規取引だと資金化までに、3週間~1か月かかります。

ファクタリングは、最短即日で資金化が可能なため、急な出費や急ぎの資金調達にも対応しています。

銀行融資について詳しく知りたい方はこちら

運送業がファクタリングを利用するメリット3点

ここでは、ファクタリングのメリットを3点説明します。

赤字でも利用可能

ファクタリングは借入ではないため、赤字決算や税金や社会保険の滞納中、リスケ中などの状況でも利用することが可能です。

また、保有していた売掛金(=資産)が解消されるだけなので、会計上の「負債」が増えることはありません。

負債が増えるわけではないため、信用情報や決算書へ影響がないというメリットがあります。

担保や保証人が必要ない

融資をうけるときには一般的に、「担保」や「保証人」が必要になります。

前述のとおり、ファクタリングは借入ではありません。

すでに保有している売掛債権の売買になるため、「担保」も「保証人」も必要ありません。

早急な資金化が可能

早急な資金化が可能という特徴は、ファクタリングの1番のメリットといえます。

ファクタリングは、ファクタリング会社へ売掛債権(=売掛代金を受け取る権利)を譲渡することで、売掛先(取引先)から売掛金の入金が行われる前に資金化することが可能です。

そのためキャッシュフローが改善されます。

運送業ファクタリングを利用する注意点

ファクタリングの利用はメリットも多いですが、もちろん注意点もあります。

利用する前に以下の注意点を確認しておきましょう!

売掛金以上の資金を調達することは出来ない

ファクタリングは売掛金をファクタリング会社に売却し早期資金化できるサービスのため、持っている売掛金の範囲でしか資金調達できません

売掛金以上の資金が必要な場合、ファクタリングは銀行融資やビジネスローンなどを検討しましょう。

手数料が発生する

ファクタリングを利用する際、手数料がかかります。

ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングという契約方法があります。

契約の方法によっては手数料を安く抑えることも可能です。

2社間ファクタリング:10~20%前後
3社間ファクタリング:2~9%前後

2社間ファクタリングについて詳しく知りたい方はこちら
3社間ファクタリングについて詳しく知りたい方はこちら

 

運送業のファクタリングの活用事例2例

実際にファクタリングを利用された運送業者様の事例を2つご紹介いたします。

①愛知県のお客様

愛知県/運送業/経営者/男性

年 商 :1億4,000万円 調達日数:2日
従業員数:7名 調 達 額:300万円
都道府県:愛知県 資金使途:駐車場の支払い費用
相談内容

トラックを増やした関係で、駐車場を新しく借りることになった。

駐車場はすぐに見つかり契約まで進んだが、先に手付金の支払いが必要な為、早急な資金調達が必要になった。

実際に利用した感想

資金調達方法をネットで探しているときに「ファクタリング」という資金調達を初めて知りました。

ファクタリング会社のまとめサイトなどを検索していく中で、評価の高かったビートレーディングさんへとりあえず問い合わせをしました。

初めての利用で分からないことや不安なことが多々あり、専任の女性オペレーターへ何度も電話してしまったのですが、毎回丁寧に対応してくれました。

おかげで安心して契約して利用することができました。利用して本当に正解だったと思います。

私たちの業界は、入金は翌々月末ということが多いので、今後また早急な資金調達が必要になった場合は相談しようと思っています。

②福岡県のお客様

福岡県/食品運送業/経営者/男性

年 商 :1億円 調達日数:2日
従業員数:5名 調 達 額:400万円
都道府県:福岡県 資金使途:事業の運転資金
相談内容

売掛先の入金の遅れやズレの影響で、ガソリン代や高速料金の支払いができなく困っていた。

実際に利用した感想

友人が以前ファクタリングという資金調達を利用したことがあるため、担当の営業さんを紹介してもらいました。

元々銀行に勤めていた方でファクタリングの利用以外にも資金繰りなども詳しいですが、最短即日で資金調達が必要なことからファクタリングの利用が最適だとおすすめされました。

実際にファクタリングを利用した結果、2日で300万円の資金調達に成功しました。

さらに、ファクタリング利用の他にも社会保険の支払いなどの資金繰り全体のコンサルティングも受けました。

おかげで、現在資金繰りは安定しており、自己資金で諸々対応できるようになって、担当の方には本当に感謝しています。

ビートレーディングのファクタリング契約の流れ

弊社でのファクタリングの申し込み~契約の流れを解説いたします。

契約の流れと必要書類

<STEP1>
まずは、ファクタリングに関するご説明をさせていただき、希望金額や希望日などについて簡単にヒアリングをさせていただきます。
次に、WEB、FAX、メールにて審査に必要資料のご案内をお送りいたします。

■お申込みに必要な書類

1.本査定申込書(当社からお送りしております)

2.売掛先からの入金が確認できる3か月分の通帳のコピー(表紙付)

3.入金予定の売掛金が証明できる書類(契約書・発注書・請求書 など)

→提出資料はWEB・メール・FAX・その他ご来社・出張でも承りますのでお気軽にご相談ください。

<STEP2>
上記の資料提出後、最短30分で買取りの金額をご提示いたします。

<STEP3>
ご提示した買取り金額でご納得いただけましたら、ご契約に進みます。
初回のご契約は、原則、ご来社か訪問のどちらかでご対応をお願いしております。
ご契約日の当日15時までにご契約が完了した場合、即時にお振込みさせていただきます!
(※もし15時を過ぎた場合は、翌日に振り込みが反映されます)
上記は、初回時の取引の流れとなります。

2回目以降はSTEP1がなくなり、STEP2の審査結果のご報告も格段に早くなります。

運送業のファクタリングはビートレーディングにお任せください!

ファクタリングを利用するにあたり会社選びは重要なポイントです。

会社選びを疎かにしてしまったことにより、資金繰り改善で利用したにも関わらず、資金繰りがさらに悪化してしまうということも考えられます。

ファクタリング会社選びに迷っている方、会社の選定ポイントに詳しくついて知りたい方はこちらのコラムをご覧ください。

ファクタリングの利用はビートレーディングにお任せください!

ビートレーディングの2社間ファクタリングは、申込~ご入金まで、最短で12時間で対応いたします。

まずは、1分で完了する簡単スピード見積もりをご利用ください!

 

簡単スピード見積り!

サイトマップ