ファクタリングによる資金調達に向いている業種とは?

ファクタリングを行いたい男性

ファクタリングは、さまざまな業種や企業で活用されています。ファクタリング会社では、売掛金などをその額面金額から手数料を引いた金額で買い取るというサービスを行っており、中小企業を中心に、幅広い業種で活用されています。
今回は、ファクタリングによる資金調達に向いている業種やその活用方法をご紹介していきます。

ファクタリングで資金調達するメリットと利用条件

ファクタリングは、売掛金保有会社が売掛債権をファクタリング会社に譲渡することによって現金を得る資金調達サービスです。ファクタリングには、大きな2つのメリットがあります。

ファクタリングのメリットの1つ目は、審査が早いことです。売掛金保有会社がファクタリングの申し込みをすると、まずはファクタリング会社にて審査が行われます。銀行融資の場合は審査が厳しく、期間も数週間以上かかるのが一般的ですが、ファクタリングの場合は審査期間が短く、即日または数日後には現金化されます。なお審査では、申し込みをした売掛金保有会社ではなく、売掛金の債務者にあたる売掛先企業が重視されます。そのため、売掛金保有会社の財務状況が悪化しているときも、高い確率で審査に通ることができます。ファクタリングは、申し込みから入金までの期間が短いため、急いで現金を用意しなければならない場合に有効な資金調達方法といえるでしょう。

そしてファクタリングのメリットの2つ目は負債にならない、つまり返済の必要がないことです。銀行から融資を受けた場合は返済の必要がありますが、ファクタリングの場合は受け取る予定の売掛金を早期に現金化する形であるため、後から返済が負担になってくるというリスクはなく、安心して利用できる資金調達方法として活用されています。手数料が高いというデメリットがありますが、それを上回るメリットがあるとして、多くの業種や企業で利用されています。

なお、ファクタリングの利用条件として、掛け取引を行っており売掛金を保有している、もしくは売掛金に相当するものを保有している必要があります。

ファクタリングによる資金調達に向いている業種

それでは、ファクタリングは具体的にどのような業種で利用されているのでしょうか。代表的な業種をご紹介します。

建設業

建設業では、建物を建設するために、資材費や工事外注費など多くの支払いがあります。しかし、工事代金を受け取れるのは建物が完成した後になるため、入金より支払いの方が先になってしまうのが一般的です。そのため建設業では、当面の運転資金の調達のためにファクタリングがよく利用されています。

サービス業

サービス業では、売上が月末締め翌月(または翌々月)末日払いで支払われるのが一般的ですが、その前に設備投資や外注のための費用が必要になることも多くあります。特に新規案件や大口案件を受注するとまとまった資金を急いで準備する必要が発生します。そのようなときは、まだ支払日の来ていない売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらうことで、早期の現金化が可能です。

卸売・小売業

卸売・小売業では、資金繰りが重要です。卸売・小売業では、物を仕入れ、それを販売します。その業態の性質上、売上が入る前に、仕入れの代金や人件費、場合によっては在庫用の倉庫などの費用を支払う必要があるため、現金が不足してしまうことがあります。ファクタリング会社は、そのような運転資金が必要になった場合に活用されています。

製造業

製造業は、資材の仕入れ代や人件費、機械を動かすための光熱費などが高く、売上の入金サイトと費用の支払いサイトとのずれが原因で資金繰りが悪化し、黒字倒産してしまう例も多い業界です。設備投資のために銀行などから融資を受けて負債をかかえており、これ以上融資を受けることが難しい、今後の融資のために負債を増やしたくないというケースも多いです。そのような企業には、負債を増やさずに資金調達ができるファクタリングによる資金調達が向いています。

ファクタリングが実際に活用されている業種

ファクタリングは、上述の通り建設業、サービス業、卸売・小売業、製造業などで活用されています。さらに、定期的な売上や入金がある運輸業や不動産業、保険業、教育・学習支援業(学習塾など)、医療福祉業、情報通信業、飲食業などでも広く利用されています。

自社でファクタリングは活用できるのか?

自社が売掛金の債権者であれば、ファクタリングを利用できます。また、月謝や利用料など毎月支払われるお金や、クレジットカードの売掛金もファクタリングの対象になります。ファクタリングでは、掛け取引によって発生した売掛債権だけでなく、将来確実に入ってくるお金であればそれを売掛金に相当するものとして買い取ってもらえる場合があります。自社で利用できるかどうか気になる場合は、ファクタリング会社に相談してみると良いでしょう。

ファクタリングは、売掛金を早期現金化する資金調達サービスです。融資のようにお金を借り入れるわけではないため利用後に返済の必要がなく、財務諸表に負債として記載されることもありません。銀行融資と比較すると審査期間もとても短いので、自社で利用できるようなら、ぜひ活用してみましょう。

ファクタリングのご利用をご検討の方は、ぜひビートレーディングにご相談ください。
・お問い合わせはこちら

サイトマップ