一括ファクタリングのメリットとは

経営者の方で資金繰りに関して悩みを抱えている方は少なからずいるでしょう。

通常資金繰りといわれると銀行融資をイメージする方が多いかもしれません。

しかし、実際にはその他にも色々な方法があります。

例えば、売掛債権を保有しているのであれば、その売掛債権を現金化できるファクタリングという資金調達サービスが存在します。

今回はそんなファクタリングの手法の1つである、一括ファクタリングについて解説します。

 

ファクタリングは資金調達サービスの1つ

資金調達といえば銀行融資やビジネスローンが一般的ですが、ファクタリングは売掛金を利用します。

ファクタリングの仕組み
売掛金保有会社がまだ回収できていない売掛債権をファクタリング会社に譲渡し、
その対価としてファクタリング会社から現金を受け取る。
売掛金が入金されたタイミングで、ファクタリング会社に振り込む。

ファクタリングは、これから先に入ってくる売掛金を前もって回収しているだけです。

つまり借り入れには該当せず、後日返済しなければならないという義務は生じません。

担保や保証人も不要です。

最短で即日対応、翌日の現金化が可能なので、不測の事態による資金不足の際に、非常に有効です。

ビートレーディングの2社間ファクタリングはこちら

3社間ファクタリングについて

上記は、2社間ファクタリングの概要となります。

3者間ファクタリング
では、売掛先の同意のもとに実行される為、売掛先に知られてしまうリスクがあります。

3社間ファクタリングの仕組み
売掛金保有会社がファクタリング会社に利用申請をし、売掛先必要書類を提出。
ファクタリング会社の審査に通れば、売掛金保有会社売掛債権をファクタリング会社に譲渡し、その対価として現金を受け取る。
売掛先は当初の取引契約に従った期日に、売掛金をファクタリング会社に支払う。

2社間ファクタリングの方が資金をすぐに得られますが、反対に3社間ファクタリング手数料が安くなるメリットがあります。

ビートレーディングの3社間ファクタリングはこちら

一括ファクタリングの概要

ファクタリングの中にも、いくつかの種類があります。
その中の1つが一括ファクタリングです。

一括ファクタリング
上記のような事務コストを削減したい売掛先と、早期に売掛金を回収したい売掛金保有会社の取引を合理化する為のサービス。
銀行が売掛債権を売掛金保有会社から買い取り、売掛先からの回収までを行う。

売掛金保有会社が売掛債権を第三者(銀行・ファクタリング会社)に譲渡し、資金調達をする点に関しては、一般的なファクタリングと同様です。

ファクタリング取引を売掛金保有会社、売掛先の双方が一括で行うシステムのことが一括ファクタリングといいます。

従来、売掛先は、売掛金保有会社へ売掛金(売掛先視点でいうところの買掛金)を支払う際に手形を発行していました。

しかし、手形を発行するとなると、さまざまな事務作業が必要です。

また、手形には印紙代が発生するので、税金コストもかかります。

手形の代わりという側面が強い

しかしながら、一括ファクタリングは、手形の代わりという側面の方が強い節があります。

確かに、従来は売掛金を支払う方法として手形を振り出すケースが多かったのですが、前述したように、手形を振り出す事務コストや印紙代などのネックがありました。

手形であっても、支払い期日前に資金化できる割引手形という方法が存在しますが、不渡りが起きてしまうと、資金化を申請した『割引依頼人』が代わりに負担を負う事になります。

ですが、一括ファクタリングであれば、仮に売掛先が売掛金を銀行に支払わなかったとしても、売掛金保有会社が負担を負う事はありません

また契約を結びさえすれば、支払い期日前であっても、売掛金保有会社は必要な分だけをいつでも資金化ができるという、ファクタリングの本質的な部分もきちんとあります。

しかし、資金化を希望しない場合には、資金化をせずに支払い期日の当日に代金を受け取る事もできるのです。

このように、一括ファクタリングは3社間ファクタリングとあまり相違がない仕組みでありながら、どちらかと言うと手形の振り出しを回避する為の側面が強いです。

個別割引方式と一括割引方式の違い

売掛金保有会社に限った話なのですが、一括ファクタリングを利用して期日前に現金化する際には、個別割引方式一括割引方式、どちらかの方式を選ぶ事になります。

以下では、各々の方式について詳しく見ていきます。

個別割引方式

銀行によっては随時割引方式という名称を用いる事もある『個別割引方式』は、売掛金保有会社が自由に、銀行から支払われる日や金額を決定できるです。

つまり、売掛債権の金額内であれば、自分の好きなタイミングで資金化(割引)ができるんですね。

もちろんですが、銀行によってそれぞれ規定があるので、金額と日にちをいつまでに申し込めばいいのかを確認する必要があります。

個別割引方式はいつでも資金化ができる反面、資金化をする度に掛かる手数料は、下述する一括割引方式よりも高いので、その点にも注意する必要があります。

ちなみに、期日前に資金化されていない金額分は、支払い期日の当日に受け取る事ができます。

一括割引方式

個別割引方式と正反対の特徴を持つ『一括割引方式』は、その名の通り売掛債権の金額分を一括で資金化できます。

具体的には、銀行の規定に沿って決められた期日に、割り引かれた金額を一括で受け取る事になります。

自由度で言うと個別割引方式の方が高いですが、一括割引方式の方が手数料は安く済む為、一概に個別割引方式が良いとは言えず、自社に合った方式を選ぶのが良いでしょう。

一括ファクタリングの流れ

一括ファクタリングの流れは以下の通りです。

①売掛先と売掛金保有会社、銀行の3社間で一括ファクタリングシステムの基本契約を締結

②売掛金保有会社が売掛先に商品やサービスを納入し、この際に売掛金が発生

③売掛先は売掛金に関する支払明細データを銀行に送付、このデータを元に銀行は売掛金保有会社へ支払う金額を算出

④売掛金保有会社は売掛債権を銀行に譲渡

⑤上記の手順後、予め決められた期日に、売掛債権分を現金にて銀行が売掛金保有会社へ支払う

⑥期日は、売掛金保有会社の希望により売掛債権の支払い期日前に設定する事が可能、

期日前の資金化を希望しない場合には、支払い期日の当日に代金を受け取る事も可能

⑦売掛先は決済期日に銀行に対して、売掛金を支払う事で契約は完了します。

一括ファクタリングのメリットとは

一括ファクタリングは売掛先、売掛金保有会社ともにメリットがあります。
下記にて、双方のメリットを詳らかに説明いたします。

売掛先にとってのメリット

一括ファクタリングであれば、実質的に手形を発行した場合と同じ流れで決済ができます。

先ほども述べたように、手形を発行する為には、事務手続きが必要となり、印紙税の負担も求められます。

しかし、一括ファクタリングであれば、このコストは発生しません

売掛債権の商取引と同様、発注書や請求書の作成だけで済みます。

高額取引をするのであれば、手形取引よりも一括ファクタリングのほうが向いているといえるでしょう。

また、一括ファクタリングシステムの利用は、銀行からの信用度が高くないと叶いません。

その為、導入をしているだけで『銀行から信用されている会社』というステータスを得る事もできます。

売掛金保有会社におけるメリット

手形の振出が不要など、一見すると、一括ファクタリングは売掛先にとってのメリットが大きいように思われますが、実際は売掛金保有会社にも有利に働くメリットがあります。

主に以下の3点です。

・好きなタイミングで資金かが可能

・コストカットが可能

・借入ではない形で資金調達ができる
 

以下では、メリットを詳しく解説いたします。

好きなタイミングで資金化が可能

売掛金保有会社は、売掛金の支払期日を待たずに、早期に売掛金を現金化する事が可能です。これは資金繰りにおいて、大きなメリットでしょう。

また、手数料は一括割引方式と比較すると高いと言えども、個別割引方式を採用すれば、自由なタイミングで資金化ができます。

不測の事態にも対応しやすくなるだけでなく、資金繰りに余裕が生まれるメリットがあります。

コストカットが可能

手形を用いて取引を交わすと、売掛金保有会社は手形を管理しなければなりませんし、手形の領収書を出す時には印紙を貼付する必要もあります。

ですが、一括ファクタリングの導入により、売掛金保有会社にも管理コストや印紙代をカットできるメリットがあります。

借入ではない形で資金調達ができる

売掛債権の譲渡は借入に該当しない為、融資を受ける為の審査の際に必要となる諸々の書類に、借入としてカウントする必要はありません。

一括ファクタリングは、いつでも資金調達ができる体制を整えながら、別の融資を受ける算段もつけられやすいメリットがあるのです。

一括ファクタリングのデメリット

一括ファクタリングには、売掛金保有会社と売掛先に関わらずメリットがありますが、その反面、デメリットも存在しています。

以下では、各々の立場におけるデメリットをご紹介します。

売掛先にとってのデメリット

一括ファクタリングにおける売掛金の支払いサイトは、手形よりも短く設定されています。

つまり、手形の方が支払うまでの猶予期間が長い為、資金繰りの観点で言うと、一括ファクタリングはあまり向いていません。

その為、一括ファクタリングは、手形の振り出しを避ける為などの目的で利用した方が良いでしょう。

売掛金保有会社におけるデメリット

一括ファクタリングは、先述したように手形の振り出しを回避する為の側面が強く、また売掛先の同意も必要です。

その為、売掛金保有会社の都合で容易に利用できるものではなく、また3社間の契約を結ぶまでが大変と言わざるを得ません。

手形を用いた契約を既に交わしている、もしくは売掛先と信頼関係を築いているのであれば、契約まで漕ぎ着ける可能性があります。

場合によっては、審査が通りやすい3社間ファクタリングを、早期の資金化を目指すのであれば2社間ファクタリングの利用を検討しても良いかもしれませんね。

一括ファクタリングは、いまはでんさいに移行している

一括ファクタリングは、基本的にいまはでんさいに移行しています。

でんさいとは、
銀行間のネットワーク(でんさいネット)を通して電子登録された債権を売掛金保有会社売掛先銀行3社間でやり取りするシステム

このネットワークは、全国銀行協会が設立したもので、日本全国1300を超える金融機関が参加しています。

売掛先がこのでんさいネットに加盟している銀行と取引があれば、売掛金保有会社は新たな契約を交わす必要がありません。

でんさいファクタリングのメリット

でんさいでファクタリングと一括ファクタリングは、電子化された売掛債権や手形(電子記録債権)を取り扱っているかどうかの違いしかありません。

そのため、仕組み自体は一括ファクタリングと変わらないのですが、債権や手形が電子的に記録される為、管理がしやすいメリットがあります。

でんさいファクタリングのデメリット

でんさいファクタリングは便利な反面、売掛先がでんさいネットに利用申請を出さない限り、利用する事ができません。

その為、この場合も利用に漕ぎ着けるまでが大変と言わざるを得ないでしょう。

通知をしたくない場合

売掛金保有会社が売掛先に通知せずに売掛金を現金化するには、2社間ファクタリングが有効な手段となります。

でんさいにおいても、一括ファクタリングにおいても、3社間取引となります。

売掛金保有会社が、売掛金を第三者に譲渡する事を知られたくない場合、3社間取引となるでんさい、一括ファクタリングは不適切といえるでしょう。

2社間ファクタリングであれば、売掛金保有会社、ファクタリング会社の2社間取引となるので、売掛先に売掛債権を第三者に譲渡する事は通知されません。

まとめ

上記で紹介したように、でんさい、一括ファクタリングは、売掛先、売掛金保有会社双方にメリットがある取引方法です。

しかしながら、売掛金保有会社は、売掛債権を第三3者に譲渡する事は基本的には知られたくないでしょう。

そういった思いを抱えている売掛金保有会社の方で、資金繰り、資金調達にお困りの方は、ぜひファクタリングの活用を検討してみてください。

サイトマップ