一括支払信託とファクタリングの違い

これまでは売掛債権は決済期日まで保有するのが一般的な考え方でした。しかし、売掛債権の流動化も徐々に進みつつあります。現在では、ファクタリングや一括信託支払いを活用する企業も少なくありません。この記事では、これからの資金繰り、資金調達における有効な手段として、二つの違いについてご案内します。

一括支払信託とは?

違いを理解する為には、それぞれの手段についてしっかり知っていくのが大切です。
まずは、一括支払信託について詳しく解説していきましょう。

一括支払信託は、銀行が売掛金保有会社へ早期支払いを行い、立て替えた代金を売掛金保有会社に代わり売掛先から回収する金融サービスです。
銀行、売掛金保有会社、売掛先の3社間によって契約を締結して行う仕組みです。
売掛金保有会社が保有する売掛債権を銀行が売掛先と連帯して債務を引き受けます。

以上のような特徴から、3社間ファクタリングにおけるファクタリング会社の立ち位置が銀行になった、というイメージで問題ありません。

一括支払信託のフロー

一括支払信託の詳細なフローとしては、債権者たる売掛金保有会社と債務者(売掛先)、銀行の三者間にて、『売掛債権一括信託基本契約』を取り結ぶ必要があります。
次に、売掛先は銀行へ注文書などの債務データを引き渡します。
債権者は、好きなタイミングで受益権を銀行に譲渡する代わりに、お金を受け取ります。
そして、最後に売掛先が売掛金を銀行に支払う事で、フローは終了となります。

一括支払信託における売掛金保有会社のメリット

では、一括支払信託を利用する場合の売掛金保有会社のメリットについて解説します。
主なメリットは、以下の3点です。

  • 売掛債権の早期現金化
  • 債権残高証明書を発行できる
  • 売掛先への取り立ての手間を削減できる

さらに詳しく見ていきましょう。

売掛債権の早期現金化

売掛債権を保有する売掛金保有会社にとってのメリットは、売掛金保有会社が希望した場合、決済日を待たずに該当する売掛債権を現金化できる点です。そのため、資金繰りが困難な際、早期に資金調達をしたいときによく活用されます。申し込み手続きも簡易です。しかしながら、ファクタリングのほうがより早期に資金調達が可能です。最短で即日対応、翌日の現金化ができます。

債権残高証明書を発行できる

一括支払信託を行うと債権残高証明書を発行できます。債権残高を把握することで、キャッシュフローを明確に把握することができます。金融機関の中にはオンラインで手軽に債権残高証明書を発行できるケースが多いです。

売掛先への取り立ての手間を削減できる

もし決済期日までに売掛金の入金がなかった場合、売掛先に請求をしなければなりません。しかし一括支払信託を実施すれば、銀行が売掛先に請求をしてくれます。売掛金の請求は時間もかかりますし、精神的な負担もあるでしょう。そういった時間のコスト、精神的な負担を軽減できます。

一括支払信託の売掛先にとってのメリット

さらに、一括支払信託には売掛先にとってもメリットがあります。
主なメリットは、以下の2点です。

  • 手形の振出における手数料と処理時間のコスト削減
  • 印紙税が不要

それぞれの説明に移ります。

手形の振り出しにおける手数料と処理時間のコスト削減

通常手形を振り出すためには手数料が発生します。しかしながら、この方式であればその手数料を削減できます。また、会計上の処理にかかる時間も軽減できるしょう。

印紙税が不要

一括支払信託は電子上の決済になりますから、紙の手形は必要なくなります。紙の手形を振り出す際には印紙税を貼り付けなければなりませんが、電子決済である以上、もちろん印紙税の負担もありません。

一括支払信託を利用する際の注意点

一括支払信託は、売掛金を売る側にも、売掛先にもメリットが多いということを解説してきました。
しかし、注意しなくてはならないこともあります。

まず、売掛債権一括信託基本契約を取り結ぶには、売掛先の同意を得なければならないということです。

ですが、売掛金保有会社が売掛先に一括支払信託の話を持ち込んだ場合、売掛先から経営不振を疑われる危険性があります。
また、一括支払信託に同意したとしても、必要書類を揃えたり諸々の手続きがあるなど、売掛先にもやってもらわなければならない事が多くあります。

そのため、売掛先との信頼関係を構築できているのかどうかが、一括支払信託に応じてくれるかどうかのキーポイントとなりますね。

ファクタリングの特徴

さて、続いてはファクタリングについての解説に移ります。
ファクタリングは、売掛債権を買い取ってもらうことで資金調達をする金策のことです。
主な特徴は以下の2点になります。

  • 売掛債権を最短翌日に現金化できる
  • 貸し倒れのリスクがない

それぞれの特徴について、さらに詳しく解説していきます。

売掛債権を最短翌日に現金化できる

ファクタリングとは売掛金保有会社が売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことで、売掛債権を現金化します。最短で即日対応、翌日の現金化が可能です。

最短で翌日に現金化できるのは、審査スピードの速さと、審査基準がそこまで厳しくないことが挙げられます。
例え売掛金保有会社の経営が多少厳しかったとしても、審査対象は売掛先の信用力になるからです。

つまり、売掛先が売掛金をきちんと払ってくれるかどうかが、ファクタリングの審査をする上で最も重要なポイントになります。

貸し倒れのリスクがない

売掛債権をファクタリング会社に売却後に、もし売掛先が支払い不能になっても、ファクタリング会社に売掛金保有会社が代金の支払いを保証することはありません。

ただし、貸し倒れのリスクがないのはノンリコースのファクタリングをした場合に限った話です。
リコースがあるファクタリングをした場合にて、売掛先が倒産した場合は、売掛金保有会社がファクタリング会社に支払う義務が生じます。

ですが、その代わり手数料が安くなるというメリットがあるため、一概にノンリコースが良いとは言えません。
そのため、状況によってノンリコースにするのかどうかを判断する必要があります。

一括支払信託とファクタリングの違いは一つ

ここまで、一括信託とファクタリングについて解説してきました。
大まかな流れは似ている、と思った方も多いのではないでしょうか。

一括支払信託とファクタリングの違いは主に1つです。
関わる会社の数です。

ファクタリングの場合、ファクタリング会社と売掛金保有会社の2社間でも取引することが可能です。
2社間での取引であれば、売掛先に通知する必要はないので、売掛金を早期に現金化し、資金繰りに充てることが可能となります。

一方、一括支払信託はどんな場合であっても、売掛金保有会社、売掛先、銀行の3社間取引になります。

3社間ファクタリングとの違いとは

2社間のファクタリングは、一括支払信託との違いが明確ですが、3社間でのファクタリングだと違いが分かりづらいですよね。

もっと詳しく解説すると、3社間ファクタリングは、一括支払信託とほぼ似ていて、銀行が行っていることをファクタリング会社が行うイメージです。
さらに、3社間ファクタリングは債権の買取ではなく合意の上での譲渡に当たるため、売掛金未回収のリスクを限りなく下げることが出来る契約になります。

また、売掛先の同意は必須ではありますが、審査に通りやすいという特徴もあります。
売掛先と確かな信頼関係を築いていて、債権譲渡を知られても問題ないという場合には、2社間だけでなく3社間ファクタリングも選択肢に入れてみては如何でしょうか。

まとめ

一括支払信託やファクタリングのように、融資に頼らず資金調達、資金繰りをする方法はあります。
資金調達、資金繰りは経営者にとって、常に大きな課題のひとつです。予期せぬ事態が起こっても、早期に資金調達
するための手段を把握していれば、冷静に対処できるでしょう。

特にファクタリングは、売掛先に売掛金を現金化したことを通知する必要は基本的にありません。
売掛先と長い取引をしていく上で、「資金繰りに困っているのではないか」という誤った印象を与えることもありません。

資金調達、資金繰りに課題を感じていて、売掛先にそのことを知られたくない場合は、ぜひファクタリングの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

サイトマップ