ビジネスローンとは?カードローンとの違いやメリットと利用方法

ビジネスローンを説明するスーツの男性

個人事業主や法人経営者をされている方にとって、資金繰りは最重要課題です。会社の資金繰りにおいて、一時的な「運転資金」等の突然の支出に頭が痛くなる事もあると思います。想定外の出来事の為、対応が困難になってしまう事もあるでしょう。
当然ながら、銀行や公的融資でお金を借りて対処する方法もありますが、審査に時間がかかってしまったり、審査が厳正に行われたりと思うように融資を受けられないという話も数多くあります。
そんな時に活用したい金融サービスが、ビジネスローンです。

ビジネスローンなら唐突に資金が入り用となった場合でも担保や保証人不要で、手早く融資を受ける事が可能です。
また、消費者金融系カードローンでも生活資金として借入れする事も可能ですが、総量規制の対象となってしまう為、高額な借入れを行う事はできません。
ここでは、ビジネスローンの活用メリットやカードローンとの違い等を、詳らかに見ていきます。

ビジネスローンとは?

ビジネスローンとは?ビジネスローンは法人経営者や個人事業主向けのローンです。突然に資金が入り用となった場合でも口座振込やATM等を利用し、融資を調達できる手早い方法になります。
公的資金や銀行からお金を借りる方法もありますが、審査に時間がかかってしまい融資の難易度も高くなってしまいます。

そういった場合でも、ビジネスローンを利用する事によって総量規制に関係なく、安心して手早く借入れする事ができます。
ここでは、ビジネスローンについて詳しく見ていきます。

ビジネスローンとは

ビジネスローンは、事業運営に必要となる資金の融資を受ける事ができるサービスの事を言います。
別名「事業融資」とも呼ばれており、事業の資金繰りに困っているピンチの時でも最短即日で融資を受ける事も可能です。

ビジネスローンはどこで借りられるのか

ビジネスローンは大きく分けて下記の3つになります。

  • 銀行ビジネスローン
  • ノンバンク系ビジネスローン
  • 政府系ビジネスローン

各々のビジネスローンの特徴について見ていきます。

銀行ビジネスローン

銀行グループが行っている事業融資です。融資スピードは早いですが銀行が行っている融資の為、審査が厳しい傾向にあります。

ノンバンク系ビジネスローン

ノンバンク系ビジネスローンとは、クレジットカードの発行を行っている信販会社や消費者金融グループが行なっている融資です。

銀行に比べて審査に通過しやすい傾向があり、インターネットから簡単に手続きが行えるといったように利便性に優れています。

政府系ビジネスローン

国が行っている事業融資です。国による融資な為、一番安心できる事業融資となりますが、審査に時間が掛かる等といったリスクもあります。

ビジネスローンの申し込み条件は、法人もしくは個人事業主のみとなっている

ビジネスローンは事業資金に関する融資を目的としている為、法人もしくは個人事業主の人のみが申込み可能となっています。
その為、個人が生活費の補填としては融資を受ける事はできません。

また、銀行ビジネスローンの場合、その銀行の預金口座を作らなければならないケースがあります。
口座の開設をしなければならない場合、ビジネスローンを活用できるまでに1~2週間かかる事もある為、唐突に資金が入り用になったときには口座の開設がいらないビジネスローン会社を選ぶ事が大切です。
ビジネスローンには、銀行や国が行っているビジネスローンもありますが、審査スピードも速く審査に通過しやすいのは「ノンバンク系ビジネスローン」になります。

ビジネスローンとカードローンとの違い

ビジネスローンとカードローンとの違いカードローンは、基本的に使途は自由ですが事業資金として借入れする事は認められていません。その為、法人経営者や個人事業主の場合、事業資金の補填としてカードローンで借入れする事はできません。
事業資金として借入れしたい場合は、事業資金として融資が可能なローンを選択しなければいけません。
一番金利が低く融資を受ける事が可能なのは公的な融資ですが、金利が低い分審査も厳しく誰でも融資を受ける事ができるわけではありません。

その為、最も事業資金として融資を受けやすいのは信販会社、もしくは消費者金融等が行っているビジネスローンになります。
このようにビジネスローンは、法人経営者や個人事業主の場合でも事業資金として融資を受けやすいローンですが、通常のカードローンとは一体何が違うのでしょうか。

カードローンとの違い

ビジネスローンとカードローンの違いについて見ていきます。

ビジネスローン、カードローンともに基本的には無担保、無保証人で借りられる

銀行で事業者が事業資金として融資を求める場合は、保証会社等に依頼して保証人を立てる事を求められる場合もありますが、ビジネスローンやカードローンはともに担保や保証人が不要となります。
その為、家族や身内に迷惑かける事なく融資を受ける事が可能です。

総量規制の有無

消費者金融の場合は、総量規制の対象となる為、「個人による貸金業者からの借入れ総額が年収の3分の1を超える貸付はできない」と法律で規制されています。
例えば年収500万円の個人の場合、500万円÷3=約167万円となる為、最高でも167万円程度しか借入を行う事ができません。

一方、銀行の場合は貸金業ではない為、総量規制の対象外となり法律による借入れ額の規制等はありません。
ビジネスローンの場合は、消費者金融の場合でも融資の対象が個人ではなく企業になる為、総量規制の対象外となり、年収による制限なく必要な金額での借入れをする事が可能です。

ビジネスローンの金利

ビジネスローンの金利は、公的な融資とは異なり金利が高めに設定されています。
公的なローンは基本的に実質年率5.0%以下で金利が設定されていますが、ビジネスローンの場合は実質年率6.0%~18.0%といったようにカードローン並みに高い金利で設定されています。

ビジネスローンの審査基準

ビジネスローンは、個人向けのカードローンに比べ審査基準も審査にかかる時間も異なっています。最近ではビジネスローンの審査回答もスピーディーになり最短即日での融資が可能となる金融機関も多く存在しています。
事業資金の補填として、どうしても今日中に借入れしたい場合はビジネスローンなら即日での融資も可能です。

ビジネスローンの賢い借入れ・返済方法のポイント

ビジネスローンの賢い借入れ・返済方法のポイントビジネスローンは各金融機関によって借入れや返済方法が異なっています。ローン会社によってはいくつかの返済方法の中から、自分で返済方法を選択できるものもあり、返済方法によってメリットやデメリットもあるので注意が必要です。
ビジネスローンを選択する際の比較ポイントとして借入れや返済方法について抑えておく事をおすすめします。

ビジネスローンの借入れ方法

ビジネスローンの代表的な借入れ方法について見ていきます。

銀行口座への振り込み

指定の銀行口座に融資を振り込んでもらう事が可能です。
金融機関によって振り込みが可能となる受付時間が異なっているので、緊急の場合は事前に確認が必須です。

ATMからの借り入れ

今となっては、いたるところで見かけるようになったATM。コンビニや提携ATM等で、ローンカードを利用して直接借入れをする事が可能な為、銀行口座に振り込んでもらう時間がない時にも重宝します。
ただし、金融機関によっては所定の手数料がかかる場合がある為、事前に確認しておきましょう。

店頭での受け取り

店頭窓口で直接融資を受ける事も可能です。
窓口で手続きを行う場合は窓口の受付時間を事前に確認しておくようにしましょう。

ビジネスローンの返済方法

ビジネスローンの代表的な返済方法について見ていきます。

元利均等返済

元利均等返済とは、毎月の返済額が一定となる返済方法です。
元金と金利の割合も返済が完了となるまで一定な為、返済計画が立てやすくなります。

元本一括返済方式

元本一括返済方式とは、返済期間中は金利だけを支払い、元本に関しては契約が終了となる満期日に一括で返済するといった返済方法です。
返済期間中は金利だけの返済となる為、返済による負担も少なく融資金額を事業資金にフル活用する事が可能となります。

こんな時にはビジネスローンがおすすめ

ビジネスローンは、事業運営の中で唐突のトラブル等で資金繰りが厳しくなった時に助かるローンです。
ですが、いくら便利なビジネスローンでもメリットばかりではありません。
ビジネスローンを有効に活用する為、にも、メリットとデメリットを理解しておきましょう。

ビジネスローン活用時のメリット

ビジネスローン活用時のメリットは大きく3点あります。

  • 審査が早い為、即日融資も可能
  • 担保や保証人の不要
  • 事業融資の為、総量規制がない

各々のメリットの特徴について見ていきます。

審査が早い為、即日融資も可能

審査スピードが早く、インターネットでの手続きも可能。短い時間で手続きが終わる為、突然のトラブルにも対応できます。

担保や保証人が不要

担保、保証人が不要なので、家族、身内を気にせずに借入をする事ができます。

事業融資の為、総量規制がない

個人ではなく事業資金としての借入の為、総量規制に関係なく融資を受ける事ができます。

ビジネスローン活用時のデメリット

ビジネスローンのデメリットは下記になります

  • 金利が高い
  • 銀行融資と比べると融資額が少ない
  • 書類提出が必要

各々のデメリットの特徴について見ていきます。

金利が高い

ビジネスローンの金利は、カードローン並みに金利が高めに設定されています。
その為、金利を重視するのであれば、銀行によるビジネスローンが支払う利息を少なくして済ませる事は可能です。

銀行融資と比べると融資額が少ない

ノンバンクの平均限度額は300万円~800万円と、銀行と比べて限度額が低めに設定されています
800万円を超えるような高額な借入れの場合は、銀行や公的な融資制度を利用すると良いでしょう。

書類提出が必須

ビジネスローンの場合は、企業の業績や業歴が審査の可否を決める重要なポイントとなります。
その為、事業者として利用する際には「2期分以上の決算データ」等といった業績を証明する書類の提出が必須となる場合があります。

ビジネスローンが役立つのはどんな時?

お金を借りる方法としてはカードローンや公的な融資制度等方法は多くありますが、ビジネスローンが役立つのはどういった状態の時でしょうか。

短期資金のやりくり、緊急にお金が入り用の場合

ビジネスローンは融資スピードが速い為、緊急な場合でも最短即日で融資してもらう事が可能です。

個人事業主で銀行融資が受けられない場合

銀行等で融資を受ける場合は提出書類が多く、信用を得る事が難しい為、ビジネスローンと比べて審査の難易度が高くなってしまいます。

利用使途がはっきりしていない場合には適さない

ビジネスローンは比較的金利が高めに設定されている為、返済期間が長くなればなるほど支払利息は高額になってしまいます。
その為、ビジネスローンを上手に活用する為、には事前に利用使途を決めて、返済計画を立てておく事が大切です。

ビジネスローンの審査を成功させる方法

ビジネスローンの審査を成功させる為、の方法について見ていきます。

ビジネスローンの審査基準は?

ビジネスローンの審査基準について詳しく見ていきます。

カードローン並に簡単、甘い

提供しているサービスが消費者金融や信販会社の場合でもビジネスローンの場合は、事業者として個人融資を目的としていない為、総量規制の対象にはなりません。
また、銀行と比べても審査に通過する確率が高い為、ビジネスローンは審査に通過しやすい傾向があります。

必要書類

提出が必須となる書類は下記の様になります。

  • 本人確認書類(免許証、保険証等)
  • 2年分の確定申告書
  • 法人代表者の本人確認書類(免許証、保険証等)
  • 登記事項証明書(商業登記簿謄本)
  • 決算書原則2期分

成功させる方法

ビジネスローンの審査を成功させる方法について見ていきます。

業歴

ビジネスローンの審査では企業の業績や業歴が評価の対象となります。
その為、銀行の場合は2年以上の業歴が必須であったり、審査では業績や業歴が重要視されます。
しかし、ノンバンク系の場合は1年以上の業歴があれば融資を認めてもらえる為、業歴が少ない場合はノンバンク系のビジネスローンを選択する事によって審査に通過しやすくなります。

事業計画と資金計画の準備

しっかりと事業計画と資金計画をたてて、ビジネスローンの申込みを行う事によって審査通過に近づける事が可能となります。
良い評価を得る為、にも正しい作成方法で計画を立てるようにしましょう。
事業計画や資金計画は、下記の事に気をつけて作成する事によって審査通過となる可能性が何倍も高くなります。

  • 会社の理念や強みをアピール
  • 事業内容についてわかりやすく伝える
  • 主となる提携先を記載する
  • 長期と短期の利益計画を記載する
  • 数字や記号の間違いには気を付ける

数字は一番信頼性があり、事実を伝えるポイントでもある為、数字の間違いには十分注意し、正しく見やすく作成する事が大切です。

大口融資の場合は、信用保証協会に保証人を依頼すれば、融資が受けやすくなります。

ビジネスローンは基本的に担保や保証人は不要ですが、自ら保証人を依頼する事によって貸し倒れとなるリスクがなくなり審査が可決されやすくなります。
どうしても、保証人を立てる事が難しいのであればノンバンク系のビジネスローンに申込みしましょう。

ノンバンク系の金融業者は赤字決算や税金未納の問題にも柔軟に対応してもらう事が可能な為、不安な場合はまずノンバンク系の金融業者に相談してみましょう。

決算書

審査の際には必ず決算書の提出が求められますが、どういった項目がチェックされるのか確認しておきましょう。

決算書というのは下記の書類の事を指します。

  • 法人概況説明書
  • 勘定科目明細
  • 貸借対照表
  • 損益計算書
  • 販売費一般管理費明細
  • 製造原価報告書
  • 株主資本変動計算書

決算書でチェックされるポイントは下記になります。

  • 会社の経営状態、代表者の返済能力
  • 財務状況に問題がないか
  • 融資したお金をどのように返済するのか
  • 融資金の使途
  • 担保や保証人の有無

長期利益計画・短期利益計画の計算

審査では経営状況がとても重要なポイントとなります。
企業の資本や資産等、総合的に見て経営に問題がなければ審査が可決されます。
審査の内容によっては融資額だけではなく金利の面でも優遇されるケースもあります。

会社の将来性と代表者の「人柄」

融資の可否では、会社の経営だけではなく会社の将来性や代表者の人柄も審査の判断材料となります。
その為、融資を申込む前にどういった書類が必須なのか、作成方法はどのようにしたら良いのか等を事前に調べて正しく書類を作成して提出するようにしましょう。

「借入れ申告が曖昧」「返済計画が曖昧」等といった事があれば、審査がNGとなってしまうケースもあります。

ビジネスローンの比較方法は?

ビジネスローンの比較方法は?ビジネスローンは法人経営者や個人事業主にとても便利なローンですか、銀行融資の場合とビジネスローンとではどちらの方が良いのか迷ってしまいます。
ここではビジネスローンと銀行融資の違いに触れ、どちらが自分に合っているのかを比較するポイントについて見ていきます。

ビジネスローンと銀行融資の違い

ビジネスローンと銀行融資の各々の特徴について見ていきます。

銀行融資

銀行融資の場合は、企業の実態把握を把握する為、に慎重に審査が行われ、審査期間が1ヶ月~2ヶ月かかる事も多くあります。
また、事業案件の提出等が必須となる場合があります。

融資の上限額がない

総量規制の対象とはならない為、法律によって借入額の制限がありません。
その為、審査の内容にもよりますが年収に関係なく高額な借入れを行う事も可能となります。

低金利

銀行融資の場合は、ビジネスローンよりも低金利で金利が設定されている為、初めて融資を申込む方でも安心して利用する事ができます。

銀行ビジネスローンも審査は厳しい

銀行は、信販会社や消費者金融と比べて審査の難易度が高いですが、銀行によるビジネスローンも同様に他のビジネスローンと比べても審査に通過する難易度が高い傾向があります。

審査が甘い

信販会社や消費者金融によるノンバンク系ビジネスローンは基本的に銀行よりも審査が通過しやすいローンになります。

即日融資が可能

ノンバンク系ビジネスローンを提供している金融業者は、保証会社も請け負っている業者が多く審査での経験も充実している為、審査スピードが速く即日融資が可能となります。

高金利

金利が比較的高めに設定されている為、長期的な借入れを行う事に対してはあまり向いていません。
しかし、使途がはっきりとしていて一時的な借入れである場合は有効なローンと言えるでしょう。

ビジネスローンの比較するポイント

ここではビジネスローンの選択で失敗しない為、にも、申込みの前に比較しておきたいポイントについて見ていきます。

  • 金利
  • 融資スピード
  • 限度額
  • 個人事業主でも借りられるか、法人専用か
  • 来店する必要性があるか
  • 振込融資サービスの有無
  • 銀行やコンビニATMで借入れ・返済ができるか

各々のポイントについて解説していきます。

金利

ビジネスローンに限らず借金をする際に必要となる利息は、金利が大きく関わってきます。
できるだけ金利は低い方が支払利息を軽減する事が可能になります。

融資スピード

事業運営で緊急なピンチの場合、少しでも早く融資を調達する事によって状況は良くなりますが、審査に手間がかかり、審査回答までの時間が長くなってしまうと状況は悪くなってしまう一方です。
できるだけ融資スピードが早く、早急に問題解決できる事が好ましいでしょう。

限度額

ビジネスローンの中でもローンカードが発行される場合は、限度額以内であればいつでも提携ATM等で追加融資をする事が可能です。
限度額が高額であればあるほど、いざという時の備えにもなる為、安心です。

個人事業主でも借りられるか、法人専用か

申込み前にビジネスローンの申込み条件をしっかりと確認しておきましょう。
条件に中に個人事業主でも借入れできると記載されていない場合は、条件を満たしていない為、審査に通過する事はできません。

来店する必要性があるか

申し込みから契約手続きは完了までに来店する必要性があるのかどうかを事前に確認しておきましょう。
もし正式な契約の際には窓口での手続きしか受付けていない場合は、わざわざ窓口にいき手続きを行わなければなりません。

振込融資サービスの有無

ビジネスローンによってはローンカードが発行される場合がありますが、金融機関が指定口座への振込融資に対応していない場合はローンカードが郵送されるのを待たなければいけません。
その為、実際に融資が可能となるまで時間がかかってしまいます。

比較、申込をする際には指定口座への振込融資に対応しているかどうか、事前に確認しておく事が必須でしょう。

銀行やコンビニATMで借入れ・返済ができるか

ビジネスローンの借入れが、他の銀行やコンビニATMで利用できるのか事前に確認を行っておきましょう。

ビジネスローン以外にもこんな資金調達方法があります

ここまでビジネスローンについて色々とご紹介してきましたが、もちろんビジネスローン以外にも資金を調達する方法はあります。
次にビジネスローン以外での主な資金調達方法について見ていきます。

不動産担保ローン

不動産担保ローンとは、名前の通り不動産に担保として借入れを行うローンとなります。サービスによっては、金利が年1%を下回る低金利で設定されているローンもあります
不動産担保ローンの特徴は下記のようになります。

不動産担保ローンは低金利で利用可能

不動産担保ローンはカードローンとは違い、不動産を担保として借入れを行うローンな為、金利が低く設定されています。

手数料が高い、融資までに1ヶ月ほどかかる

手続きを行う手数料は平均的に元本の1%~3%で設定されている場合が多く、高額な手数料が必要となります。
審査にも時間がかかり融資まで2ヶ月以上かかる事も多くあります。

返済できなくなったときに担保にした不動産をとられてしまう

不動産担保ローンは不動産を担保としたローンの為、返済が不能となった場合は担保としている不動産を没収されてしまいます。

銀行カードローン

銀行カードローンは、総量規制の対象とならない為、年収の1/3を超える借入れでも可能です。
その為、法律に制限されず高額な借入れでも可能になります。

銀行カードローンの特徴は下記のようになります。

即日融資もできるし、種類によったら低金利で借入が出来る

銀行カードローンは審査や保証業務を保証会社に委託している為、土日等週末の申込みの場合でも即日審査が可能となっております。
銀行カードローンは比較的低金利の設定となっている為、サービスによっては低金利で借入れができ支払う利息を少なくする事が可能です。

事業性資金にも利用できないので、生活費に使う

カードローンは、利用用途は自由となっていますが事業資金として利用する事はできません。
しかし、個人事業主が事業として利用するのではなく、生活費としてカードローンを利用するのであれば借入れが可能です。

売掛金買取サービス

売掛金買取サービスとは売掛債権を買い取ってもらうサービスになります。このサービスの事を「ファクタリング」と言います。

ファクタリングは借入れではない為、業績への影響は限定的です。
売掛金買取(ファクタリング)サービスの特徴は下記のようになります。

売掛金買取(ファクタリング)サービスでも、審査が早く、資金調達ができる

売掛金買取(ファクタリング)サービスは、業者によっては審査回答も早く最短即日で買取りを受ける事も可能です。

利用使途がはっきりしていない場合でも、つなぎ資金として利用できる

売掛金買取(ファクタリング)サービスは、基本的に利用条件を「成人で健全な事業を営み売掛金をお持ちの法人」のみとしている為、たとえ利用使途がはっきりしていない場合でも買取りを申込む事が可能です。

指定口座への振込が最短即日でできる

売掛金の買取りになる為、売掛金さえあれば最短即日での資金調達が可能です。金額は最高でも売掛金から手数料を差し引いた額が振り込まれます。売掛金買取(ファクタリング)サービスの手数料は一般的に10~20%と言われている為、例えば100万円の売掛金を手数料10%の売掛金買取(ファクタリング)業者に買取ってもらう場合、90万円が指定の口座へ振り込まれます。

ただし、売掛金が無ければ申込、利用ができない為、ビジネスローンで申込むのか、売掛金買取(ファクタリング)サービスで申込みをするのか、見極める事が必須です。

ビジネスローンなら資金繰りの問題も即日解決できる

>ビジネスローンなら資金繰りの問題も即日解決できる今回は、ビジネスローンとは何か、そしてビジネスローンとカードローンの違いとは何かについてご紹介しました。
ビジネスローンは、公的融資等に比べて金利が高めの設定となっていますが、審査回答が速く最短即日での融資も可能な為、一時的な事業資金の補填として、頼りになるローンです。

そして、カードローンとビジネスローンの大きな違いは、借入れを行う目的です。

「生活資金」として借入れするのか、「事業資金」として借入れするのかによってビジネスローンに申込みが可能なのかどうか異なってきます。
基本的に総量規制の対象となる消費者金融の場合でも、ビジネスローンであれば総量規制の対象外となる為、年収に関係なく融資を申込む事が可能になります。

このようにビジネスローンを利用する事によって、事業の資金繰りによる緊急のピンチでも最短即日で問題を解決する事ができます。

サイトマップ