銀行員に好かれる個人事業主の特徴とは?

ご承知のとおり、いろいろな意味で銀行の敷居は高く狭いものです。どうすれば融資取引ができるようになるのか?つまり狭い入り口をどうやってこじ開ければいいのでしょうか?それは銀行員に好かれる個人事業主になることです。そうはいっても、銀行員に好かれる個人事業主ってなに?と思う方も多いでしょう。抽象的なテーマではありますが、以前銀行に勤めていた社員の経験をもとに、銀行員にしかわからないポイントを説明していきます。これから銀行と取引していくうえで、きっと何かしら参考にして頂けると思っています。

銀行員はこんな個人事業主が好き

切羽詰まっていない人

切羽詰まるとは?

切羽詰まるとは資金繰りに窮している、という意味です。
いきなり窓口に来店して「融資してほしい」と切り出す人は、資金繰りに困りはて、それこそ今日中に何とかしなければ・・・という状況の人がほとんどです。
こうした来店客と、銀行は融資取引をしません。
理由その1:上記のとおり、切羽詰まっている人は返済できる訳がない、という至極単純な論法です。
理由その2:アポ無しの来店では下調べができないから。
銀行は融資を含め、全て必ず「反社チェック」をします。反社会的勢力と取引して
はいけないからです。反社チェックとは、相手の氏名を情報機関に照会して、反社
会的勢力ではないか事前に調べるというものです。
アポなしの来店では、当然前もって反社チェックなどできません。もちろん
『アポなし来店おことわり!』と窓口には貼ってありませんが、これが実態です。

切羽詰まっていない人とは?

当然ながら資金繰りに窮していない人のことです。
この場合あくまで、窮していないという点が重要です。
そもそも資金が必要でなければ、銀行融資も不要なわけです。
要は困っていなければいい。いや、困っているように見えなければいいのです。
『今すぐ必要というわけではないのですが、今後の調達の窓口としてお付き合いをお願いしたい』
本当は困っていたとしても、銀行員には上記のように話すのがおすすめです。

自分の身の丈をわかっている人

自分の身の丈とは?

ベンチャー企業や創業間もない若い事業主の中には、高い理想を持った人物が多いものです。ただし、理想が高すぎるのは問題です。
やたらと将来の大きな夢や野望のことばかり話し、足元の現実を考えていない。こういう自分の身の丈がわかっていない人物を銀行員は嫌がります。
上ばかり見ていると転ぶということを、数多く経営者を見てきた銀行・銀行員は知っています。
もちろん夢や理想を持つことは悪いことではありませんが、要は程度の問題です。
銀行員と話すときは、あまり理想や夢ばかり語らないほうがいいでしょう。

銀行員が望む経営者像

人として「ちゃんと」している人

  • ウソはつかない
  • 約束は守る
  • 礼儀をわきまえる

経営者である以前に、人としての当たり前のことがらができている人、つまり
ちゃんとしている人を銀行員は大好きです。
融資取引は契約であり、契約には信用・信頼が必要不可欠です。
人としてちゃんとしていなければ、それだけで銀行員のから見た評価は下がります。

ちゃんとしていないと、どうなるのか?

これも程度の問題ですが、言動が目に余るほどひどい人物とは融資取引できません。
例え業績がどれだけ素晴らしくても、融資を断わることもあります。
上記は極端な例ですが、そもそも融資の条件や金利などを決めるのは、あくまで銀行員というのが現状です。その銀行員からどう思われるか?評価が悪ければ当然融資の条件にも、少なからず影響が出てきますので注意が必要です。

プライドをくすぐって銀行員を喜ばせよう!

銀行員の評価が取引条件にまで影響すると上記したとおり。ではどうするか?
それは意外とかんたん、銀行員を喜ばせれば良いのです。
銀行員は、免許や公的資格ではありません。銀行に入社すれば銀行員になるだけです。
それなのに(それゆえに?)銀行員は妙にプライドが高い人種です。
「自分は何億もの金を動かすことができる!」ここまであからさまに意識してはいませんが、大なり小なり銀行員には得てしてプライドが高い人間が多いものです。
金融業とはいえお客様あっての商売である点は、他の業種と変わらないはずなのですが・・・
ですから、適度に銀行員のプライドをくすぐってあげるのです。見え透いたおべっかや変に卑屈な態度は逆に警戒されます。また、若い銀行員にはこうしたアプローチ自体感じとってもらえないかも知れません。

銀行員なら誰でも喜ぶ殺し文句がある!

ではどうするか? 銀行員なら誰でも喜ぶ殺し文句があるのです。
それは『あなたに会えて良かった』というセリフです。
銀行員はひとつの部署、支店に平均3年程度勤務し、頻繁に転勤があります。
同じ顧客と長く付き合うことができません。これには不正防止の意図もあります。
そのため『会えて良かった』という言葉は、銀行員冥利に尽きるものなのです。
表現やセリフ回しはいろいろですが『会えて良かった』という意味の込めた言葉を銀行員は欲しています。
そして、この言葉をさらに効果的に演出するには、本人がいないところで上司に伝えるのが一番です。
あくまでさりげなく、例えば銀行に来店したついで、あるいは上司だけが訪問してきた時などに伝えるのです。(この場合は『彼(彼女)が担当で助かっていますよ』)
これ、非常に効きます。ぜひ参考にして下さい。

まとめ

銀行員に好かれる個人事業主なら、銀行員のほうからやってくる

好かれる個人事業主になって銀行員の訪問を待つ

銀行融資取引の門は狭く非常に入りにくいものです。
だからこそ、最初が肝心なのです。
取引を開始し、そして取引を続けていけば、やがて個人から法人へとステップアップする際にも銀行は必ずあなたの力になってくれるはずです。
そのため、時間はかかるかも知れませんが決して焦らず、銀行に好かれる個人事業主を目指しましょう。そして、銀行員のほうからやってくる時を待ちましょう!
焦りと安売りだけは禁物です。

PAGE TOP