銀行融資の基本! 手形貸付と証書貸付の違い

銀行融資の手形貸付と証書貸付の違いとは?

企業経営では、資金調達は非常に重要です。銀行融資にはいくつかの種類がありますが、今回はその中でもよく利用される手形貸付と証書貸付に関して、その内容や違いを解説していきます。

手形貸付とは?

手形貸付とは、貸出先が振り出した約束手形を担保にする融資方法のことをいい、「手貸(てがし)」ともよばれています。手形貸付は、賞与資金や納税資金、また売上金の入金前に外注費や材料費などを支払う必要があるときの運転資金などの用途で、1年以内の短期融資として使われることが多いです。普段から取引のある銀行などに申し込むのが一般的です。

返済期限

手形貸付の返済期限は、3カ月、6カ月など1年以内で設定されます。手形貸付の一般的な使われ方は、一時的な支払いのために融資を受け、売上金が入金されたら返済するということを繰り返しながら事業を進めていくというスタイルです。

利息を支払うタイミング

手形貸付では、利息先払い、つまり融資額から利息分を引いた金額を借り入れるというのが一般的です。ただし、希望があれば利息の分割払いも可能で、その場合は「利息分割の特約」という手続きを行います。利息分割の特約が交わされた場合、融資実行時には初回分の利息のみが引かれます。

返済方法

手形貸付では、期日に一括返済するのが一般的ですが、期日前に一部を返済することも可能です(手形の内入れ)。なお、融資実行時には返済期日までの利息を一括で支払うため、期日前に返済した場合は利息を払いすぎたことになります。払いすぎた利息は、後日戻ってきます(戻し利息)。

審査のポイント

審査の際は、一般的な融資と同じように返済能力がチェックされます。特に手形貸付の場合は短期間の融資のため、期日に返済できる見込みがあるかどうかが重要視されます。一般的な融資の際に提出する決算書や資金繰り表などのほか、請負契約書など入金予定があることが確認できる書類も審査されることが多いです。

証書貸付とは?

証書貸付とは、金銭消費賃借契約書、いわゆる借用証書を提出して融資を受ける方法のことをいい、一般的に「証貸(しょうがし)」とよばれています。基本的には保証人をたてる必要があり、金銭消費賃借契約書には、借主である会社の名前や住所のほか、保証人の名前や住所なども記載されます。

返済期限

証書貸付は、1年を超える長期融資で利用されます。借入期間は、運転資金の場合は7年以内、設備資金の場合は15年以内というのが一般的で、毎月決められた額を返済していきます。借入金額、利息、返済額、返済期間などはすべて金銭消費賃借契約書に書かれており、その通りに返済していかなければならないことになっています。なお、融資を受けてすぐに返済するのが難しい場合には、相談すると、一定の据置期間を設けてその期間経過後から返済を開始するという契約にできる場合もあります(元金返済据置)。

利息を支払うタイミング

利息は、月々の返済の際に支払います。その時の残債に応じた利息が計算されるため、支払う利息金額は毎月変わります。

返済方法

証書貸付では、元金均等返済という返済方法が一般的に採用されています。元金均等返済とは、借入金額を返済期間で均等に割り、毎月同じ額の元金を返済していく方法のことをいいます。利息はその時点での残りの元金に対してかかるため、最初は月々の支払利息が多いですが、元金が減るにつれて月々の支払い利息も減っていきます。

審査のポイント

審査の際は、一般的な融資と同じように返済能力がチェックされます。特に証書貸付の場合は長期間の融資になるため、将来にわたって安定して返済能力があるかどうかが重要視されます。

手形貸付のメリット・デメリット

ここで、手形貸付のメリット・デメリットをまとめてご紹介します。

手形貸付のメリット

手形貸付には、下記のようなメリットがあります。

  • 審査スピードが早い(即日融資可能な場合もある)
  • 手数料などを支払わずに期日前返済ができる
  • 一般的なローンなどと比べると金利が低い
  • 何回も繰り返して融資を受けられる(2回目以降は審査がよりスピーディになる)

手形貸付のデメリット

手形貸付にはさまざまなメリットがありますが、一方で下記のようなデメリットもあります。

  • 長期的に借りることができない
  • 高額融資を受けられない
  • 返済できない場合には厳しい罰則がある(2回の不渡りで銀行取引停止)

証書貸付のメリット・デメリット

次に、証券貸付のメリット・デメリットをご紹介します。

証書貸付のメリット

証書貸付には、下記のようなメリットがあります。

  • 長期的に借りることができる
  • 高額融資を受けられる

証書貸付のデメリット

証書貸付は、手形貸付と比較すると下記のようなデメリットがあるといわれています。

  • 申し込んでから融資が実行されるまでの期間が長い
  • 手形貸付より金利が高い
  • 収入印紙代が高い

当座貸越とは?

当座貸越とは、契約期間内であれば何度でも借りたり返済したりできる融資方法のことをいいます。契約時に上限額が設定され、その上限額までであれば自由に借りることができます。契約時の審査がとても厳しいという特徴がありますが、一度契約してしまえばお金が必要になった際に審査なしで借りることができるというメリットがあります。

手形貸付と証書貸付の利用を検討している方は、ぜひ上記を参考にしてください。また、早期に資金調達されたい方はファクタリングもお薦めです。

ファクタリングのご利用をご検討の方は、ぜひビートレーディングにご相談ください。
・お問い合わせはこちら

サイトマップ