銀行融資の種類とは?それぞれの特徴を分かりやすく解説

銀行融資の種類を知りたい人

会社経営者がビジネスを円滑に進めるために、資金調達はとても重要です。資金調達方法はさまざまありますが、中でもよく利用されているのが、銀行融資です。銀行融資にはいくつもの種類があり、融資の目的や必要な資金額によって選ばれています。
今回は、銀行融資について、その種類や特徴、使い方などを解説していきます。

銀行融資の特徴

銀行融資は、ほかの金融機関の融資やローンと比較すると低い金利で資金調達できるケースが多いという特徴があります。しかしながら、審査が厳しく、申込時には多くの書類を用意しなければならず手間がかかり、審査にも長い時間がかかるのが難点とされています。

銀行融資の種類

銀行融資には多くの種類がありますが、その中でもよく利用されているものをご紹介します。

証書貸付

証書貸付とは、融資を受ける際に金銭消費賃借契約書(借用証書)の提出をする方式のことをいいます。主に1年を超える長期融資で利用され、運転資金として借りる場合は借入期間7年以内、設備資金として借りる場合は15年以内で設定されることが多いです。返済方法は元金均等返済が一般的で、元金を均等割にして毎月同じ額の元金を返済していきます。利息は残りの元金の金額で計算され、毎月元金の返済と一緒に支払います。
借入金額、利息、返済などについての情報は、すべて金銭消費賃貸契約書に書かれています。保証人を立てている場合は、その保証人の名前や住所などの情報も契約書に記載されます。

当座貸越

当座貸越とは、事前に取り決めた金額を上限として、好きなときに自由にお金の借入や返済ができる融資の方法をいいます。一般当座貸越と専用当座貸越の2種類があります。

一般当座貸越とは、当座預金残高を超える額を引き出そうとしたときに、不足分が自動的に貸越しになる借入方法のことをいいます。専用当座貸越とは、普通預金や当座預金とは異なる専用口座を用意して、この口座から必要な金額を引き出す借入方式のことをいいます。担保を差し出し、その評価額を上限として借り入れるケースも多いです。

手形貸付

手形貸付とは、約束手形を振り出して、それを担保に融資を受けることをいいます。手形貸付を利用する企業は一時的な運転資金として融資を受ける場合が多く、借入期間は数カ月から1年以内というのが一般的です。利息は一括先払い、返済は期日一括返済が基本ですが、事情によっては利息を分割したり、期日前に一部返済したりなどの対応も可能です。

手形割引

手形割引とは、手形の期日が来る前に銀行に現金化してもらう融資方法をいいます。手形は銀行に譲渡され、銀行は、手形の額面から期日までの利息や手数料などを差し引いた金額を支払います。多くの場合、現金が不足したときの一時的な運転資金の調達を目的として利用されています。万が一割引手形が不渡りになった場合は、割引を依頼した人が銀行に全額返済(支払い)する必要があります。

売掛債権担保融資

売掛債権担保融資とは、売掛債権を担保にして受ける融資のことをいいます。売掛債権の支払い期日より前に資金が必要になった場合に借入をして、売掛金が入金されたら返済するというのが売掛債権担保融資の流れです。売掛債権を担保にするためには、売掛先に通知をする方法や、法務局で売掛債権譲渡登記をする方法などがありますが、売掛先に通知をしないで融資を受けられる後者の方法が採用されることが多いです。

不動産担保融資

不動産担保融資とは、土地や建物などの不動産を担保にしてお金を借り入れることをいいます。審査に時間がかかることが多いため、資金調達を急いでいる場合には適していませんが、低金利で長期の高額融資を受けることができるというメリットがあります。設備投資などの目的で利用されることが多いです。

プロパー融資と保証付き融資

プロパー融資とは、信用保証協会の保証をつけずにお金を借り入れる融資のことをいいます。一方、保証付き融資とは、特に信用力の低い中小企業などがスムーズに融資を受けられるように、信用保証協会の保証をつけて申し込む融資のことをいいます。信用保証協会は47都道府県のほか、さらに横浜市、川崎市、名古屋市、岐阜市の4市で運営されており、それぞれの地域の企業をサポートしています。

融資が受けられない場合の資金調達方法

銀行融資にはいろいろな方法がありますが、いずれも審査期間が長いため、すぐに現金が必要な場合には間に合わないこともあります。また、中小企業や資金繰りが良くない企業は審査を通過できないケースもあるでしょう。

そのような場合の資金調達方法として、ファクタリングが活用されています。ファクタリングとは、売掛債権をファクタリング会社に売却し、代金という形で現金で受け取ることができる資金調達サービスです。早ければ即日、もしくは数日以内に現金化されるため、資金調達を急いでいる会社に重宝されている方法です。

銀行融資にはさまざまな種類があり、比較的低い金利で資金調達できるメリットがあります。しかし審査が厳しく時間もかかるので、緊急の資金調達にはファクタリングも検討してみましょう。

ファクタリングのご利用をご検討の方は、ぜひビートレーディングにご相談ください。
・お問い合わせはこちら

サイトマップ