ビジネスローンの返済方法と返済期間について解説

ビジネスローンを学ぶ人

資金繰りに困ったときには、何らかの方法ですぐに資金調達を考える必要があります。しかし銀行融資は審査も厳しいため、特に中小企業などの場合は融資を受けることができないケースも多いでしょう。また、銀行融資は審査に時間がかかるため、急ぎで資金調達をしたい場合には間に合わない可能性もあります。

銀行融資を断られた場合や、すぐに資金を調達したい場合は、別の調達手段としてビジネスローンを利用するという方法があります。今回は、ビジネスローンについて、そしてその返済方法と返済期間について解説していきます。

ビジネスローンとは?

ビジネスローンとは、銀行やノンバンクが提供している事業資金専用のローンをいいます。主に中小企業・零細企業や個人事業主を対象に展開されている金融商品で、金融機関によって「事業者ローン」「事業融資」などの商品名で展開されていることもあります。基本的に担保や第三者保証は不要で(ただし法人の場合は代表取締役の連帯保証が必要です)、銀行融資などと比較すると審査にかかる時間が短いというのがビジネスローンの最大のメリットです。ただし固定金利を採用している金融機関が多く、総じて高めの金利が設定されているため、高額の借入や長期の借入手段として利用するのには向いていないと言われています。一般的には、すぐに資金が必要な場合の短期の借入手段として利用されています。

ビジネスローンの返済方法の種類とその期間

ビジネスローンを組んだ場合、返済額は元金と利息の合計額です。返済方法には大きくわけると下記のような2つのパターンがあり、都合の良い方法を選ぶことができます。

  • 元金と利息を一緒に返済していく方式
  • 元金と利息を別々に返済していく方式

ここでは、いくつかの返済方法のなかから、一般的に利用されることの多い3つの返済方法をご紹介します。

元本一括返済方式

元本一括返済方式とは、利息のみを毎月返済し、元金を最後に一括で返済する方法をいいます。まとまったお金を長く借りることができて手元に資金が多く残るため、売上がすぐに上がらないような場合でも資金繰りに余裕ができるというメリットがありますが、他の返済方法と比べて利息および総返済額は多くなります。

元利均等返済

元利均等返済とは、元金と利息の合計額を等分して、毎月決まった金額を返済していく方法をいいます。毎月の返済額が変わらないため、返済計画や資金繰り計画を立てやすいという利点があります。

残高スライドリボ払い

リボ払いとは、毎月の返済額を事前に決めておき、毎月一定額を返済していく返済方法をいいます。残高スライドリボ払いとは、借入残高に応じた返済額を決めておき、その月の借入残高にあわせて返済していく返済方法です。借入残高が多いと返済額が多くなり、借入残高が減ると、それにともなって返済額も減っていきます。なお、途中で追加借入をすると借入残高が増えるため、それにともなって返済額も再度増えます。

ビジネスローンの返済期間が短い場合のメリット・デメリット

ビジネスローンの返済機関は、短く設定するのと長く設定するのとどちらが良いのでしょうか。まずは、ビジネスローンの返済機関を短く設定した場合のメリット・デメリットをご紹介します。

メリット

短い返済期間でビジネスローンを組むと、ローンの返済期間が短いため利息が少なく済みます。それにともなって総返済額も少なく済むというメリットがあります。

デメリット

短い返済期間でビジネスローンを組むと、毎月の返済額が多くなります。それによって手元に残る資金が少なくなるため、資金繰りが悪化しやすくなるというデメリットがあります。

ビジネスローンの返済期間が長い場合のメリット・デメリット

次に、ビジネスローンの返済機関を長く設定した場合のメリット・デメリットをご紹介します。

メリット

長い返済期間でビジネスローンを組むと、毎月の返済額が少なくなります。それによって手元に残る資金が多くなり、資金繰りに余裕ができるというメリットがあります。

デメリット

長い返済期間でビジネスローンを組むと、ローンの返済期間が長くなるため利息が多くなります。それにともなって総返済額も多くなるというデメリットがあります。

ビジネスローンでは繰り上げ返済も検討すべき

繰り上げ返済とは、あらかじめ決まっている毎月の返済額に加えて、後日返済する予定の分を早めて返済することをいいます。繰り上げ返済はすべて元金の返済にあてられるため、資金繰りに余裕ができたときに繰り上げ返済をすることで元金を減らし、それによって利息および総返済額を減らすことができます。返済方法には一部返済と全額返済があり、多くの金融機関ではいずれの返済方法にも対応しています。ただし、繰り上げ返済時に手数料がかかる場合もありますので、事前に確認しておきましょう。

ビジネスローンには複数の返済方法があります。ビジネスローンは銀行融資などと比較すると審査に通りやすく、基本的には無担保で第三者保証も不要のため人気がありますが、そのぶん金利が高いため、金利の負担を考えるなら繰り上げ返済を目指すのが良いでしょう。また、売掛金があるのであれば、ファクタリングで資金調達するという方法もおすすめです。

PAGE TOP