現金化にはどのくらいかかる?介護報酬の仕組み

介護報酬の仕組みについて知りたい人

介護報酬の仕組みと、介護福祉業における資金繰りについて解説します。
介護福祉事業者が介護サービスを提供すると、そのサービスの対価として介護報酬が給付されます。介護報酬は、利用者から支払われる報酬と介護保険から成り立っていますが、その仕組みが原因で、介護福祉事業者ではしばしば資金繰りの悪化が問題になることがあります。
この記事では、介護福祉事業者で資金繰りが悪化しやすい理由や、運転資金が不足してしまった場合の対応方法などについてご紹介します。

介護報酬とは? 簡単に解説

介護報酬とはどのようなものなのでしょうか。介護報酬について、その仕組みなどの基本的な情報や、介護報酬の基盤となっている介護保険について解説します。

介護保険とは

介護保険とは、介護が必要な人をサポートするために組織されている保険制度のことをいいます。介護保険の加入者は、40歳以上の国民です。そのうち65歳以上の国民が第1号被保険者、40歳から64歳の国民が第2号被保険者と決められています。
介護保険の被保険者は保険料を納めていますが、第1号被保険者は年金からの天引き、第2号被保険者は、健康保険加入者の場合は健康保険料と一緒に給与天引き、国民健康保険加入者の場合は医療保険料に上乗せするという形で支払います。

また、介護サービスを受けた場合の保険料の受給要件についても、第1号被保険者、第2号被保険者で異なります。第1号被保険者は、要介護状態または要支援状態になった場合に支払われます。第2号被保険者は、要介護状態または要支援状態になった場合に、それが老化によるものであると認定されたときに支払われます。

介護保険は、加入者がおさめている介護保険料と、公費(税金)が1対1で負担して支えている保険です。

介護報酬とは

介護報酬とは、介護福祉業の事業者が介護サービスを利用した際の費用(サービスの対価)のことをいいます。介護報酬のうちの1割は介護サービスの利用者が支払っていますが、残りの9割は介護保険料から使われています。

介護報酬の基本報酬と加算・減算

介護報酬は、基本報酬と、それに加算・減算した金額で算出されます。

基本報酬とは、通所介護、通所リハビリテーション、訪問介護、訪問看護、訪問リハビリテーション、短期入所生活介護(ショートステイ)、特定施設入居者生活介護などで提供される基本的なサービスに対する報酬のことをいいます。

加算とは、上述の基本的なサービスのほかに追加でサービスを受けた場合に、その報酬を加算することをいいます。減算とは、基本的なサービスに含まれているもののうち、利用しなかったものの報酬を減算することをいいます。たとえば、基本サービスに含まれていない入浴介助を利用した場合には、その報酬分が加算されます。また、通所の基本サービスに含まれている送迎を利用しなかった場合には、その報酬分が減算されます。

介護報酬の仕組み

介護報酬はどのような仕組みになっているのでしょうか。その計算方法や、介護報酬を請求する際の手続きについて解説します。

介護報酬の計算方法

介護報酬は、次のような計算式で算出されます。
介護報酬 = 単位 × 1単位あたりの単価

単位とは、サービス内容に応じて基準が定められるもので、たとえば「訪問介護(20分未満):165単位」のように決められています。

1単位あたりの単価は、サービス内容や住んでいる地域によって定められているもので、たとえば「訪問介護(東京都23区):11.40円」のように決められています。

介護報酬の請求の流れ

介護報酬は、そのうちの9割が介護保険から賄われおり、国民健康保険団体連合会から支払われます。介護サービス事業者は、利用者にサービスを提供したあと、国民健康保険団体連合会に介護報酬を請求します。請求の際には、「介護給付費請求書」「介護給付費明細書」「給付管理表(必要な場合)」の2つまたは3つの書類を提出します。

介護報酬が事業者に入金されるのは2カ月後

介護福祉業の事業者は、毎月1日から10日の間に国民健康保険団体連合会に請求し、国民健康保険団体連合会はその翌月26日前後に事業者に支払います。つまり、介護サービスを提供してから介護報酬が支払われるまで約2カ月かかってしまいます。その間にも、事業者は人件費などさまざまな費用を支払う必要があるため、このタイムラグが資金繰りの悪化の原因になることがあります。

介護報酬の現金化を早める方法

介護サービス事業者の資金繰りが悪化した際の対処法の一つに、介護ファクタリングがあります。介護ファクタリングとは、介護報酬を受け取る権利をファクタリング会社に売却して現金化する資金調達方法のことをいいます。介護ファクタリングを利用すると、通常の場合、介護報酬を請求してから1週間程度で現金を受け取ることができます。

介護報酬が国保連から事業者に入金されるまでには2カ月かかります。このタイムラグが原因で資金繰りが厳しくなったときは、介護ファクタリングの利用がお勧めです。

ファクタリングのご利用をご検討の方は、ぜひビートレーディングにご相談ください。
・お問い合わせはこちら

サイトマップ