銀行の短期融資と長期融資はどちらのほうが借りやすい?

短期融資と長期融資を悩む人

会社を経営していると資金調達が必要になることがあります。そして、その資金調達の手段としてよく検討されるのが、銀行融資です。銀行融資には短期融資と長期融資があり、借入期間や融資の方法などが異なります。

銀行から融資を受ける場合は、金額や用途などによって借入期間が設定されますが、平均すると、運転資金として借りる場合は7年以内、設備資金として借りる場合は10年以内というのが一般的です。その中で、借入期間が1年以内の融資が短期融資、借入期間が1年を超える融資が長期融資とよばれています。では、短期融資と長期融資には具体的にどのような違いがあるのでしょうか。ここでは、短期融資と長期融資の違いや、それぞれがどのような場合に利用されているのかなどについてご紹介します。

短期融資と長期融資の違いその1:融資方法が違う

短期融資と長期融資では、融資方法が異なります。それぞれの融資方法は、下記の通りです。

短期融資

短期融資では、手形貸付という方法がとられることが多いです。手形貸付とは、約束手形(振出人がその手形の債務者となって返済を約束するという手形)を担保に融資を受ける方法のこと。最初に契約しておけば、あとは借り入れる際に手形を振り出すだけですむため、手続きが簡単というメリットがあります。短期融資の場合は複数回にわたって融資を繰り返すことも多いため、手続きが簡単な手形貸付が採用されています。返済方法として、一括返済、および毎月決められた日に返済する分割返済が用意されています。

長期融資

長期融資では、証書貸付という方法(借用証書を作成してお金を借り入れる方法)がとられることが多いです。証書貸付では連帯保証人を用意することになっており、借用証書にも、自社の署名・捺印とあわせて保証人の署名・捺印が必要になります。融資を受けることが決まった際に、利息や返済計画などの記載された返済予定表が作成されるので、その通りに返済していきます。

短期融資と長期融資の違いその2:融資の受けやすさが違う

短期融資と長期融資では、融資の受けやすさも大きく違います。

短期融資

短期融資は、下記のような短期的な運転資金として利用されることが多いです。
売掛金の回収前に支払いがある場合の「つなぎ資金」
従業員への賞与の支払いのための「賞与資金」
法人税などの納税のための「決算資金」「納税資金」
季節要因で一時的に必要になる「季節資金」

短期融資は、主に返済の目処がたっている一時的な資金繰りを目的として利用されるため、比較的審査に通りやすく、赤字決算でも借りられることも多いです。

長期融資

長期融資の場合は、まとまった金額を長期間にわたって借り入れることになるため、会社の経営状態や資金の使途などが細かく審査されます。短期融資と比較すると審査が厳しく、審査に要する期間も長くなります。

短期資金が向いているケース

短期融資が向いているのは、一時的な資金不足で、数カ月以内に返済できる目処がたっているケースです。多くの企業で利用されていますが、特に建設業や不動産開発業、食品卸売業などでは、その業界の特性から短期融資が利用されるケースが多くみられます。

建設業では、人件費や外注費、材料費、重機のリース代金など多額の経費がかかり、その支払いより売上の入金の方が後になることが多いという特徴があります。事業規模が大きいほど支払いのために一時的な資金不足に陥りやすく、そのつなぎ資金の調達のために短期融資が利用されています。

不動産開発業では、土地や建物の取得代金や工事代金としてまとまった額の資金を準備する必要があります。しかし、売上の入金はその不動産が完成して販売されてからになるため、その間のつなぎ資金として金融機関から短期融資を受けるケースが多いです。

食品卸売業では、繁忙期にあわせて商品を仕入れるためにまとまった資金が必要になるケースがあります。そのような季節資金は、シーズンに入って商品を売り上げれば返済できるため、短期融資が向いています。

長期資金が向いているケース

長期融資は、事業を始めるにあたって必要な不動産の購入、工場や作業場の建設、機材やパソコンなどの購入費用、自社WEBサイト制作といった設備資金が必要な場合や、運転資金として長期的に多額の資金が必要な場合などに利用されます。まとまった額のお金を借りて、数年かけて毎月少しずつ返済していきたい場合は、長期融資が向いています。

銀行融資には短期融資と長期融資があり、それぞれ返済期間や融資方法などが異なります。融資が必要になった際には、上記を参考に、自社に合った方法を検討しましょう。また、融資以外の資金調達方法としてファクタリングを活用するという方法もあります。売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことにより、すぐに現金化することができるので、急ぎで資金が必要な場合に特にお薦めです。

PAGE TOP