つなぎ融資とは? つなぎ資金と運転資金の違いも解説

企業経営においては、資金繰りのためにつなぎ融資を利用するケースもあります。つなぎ融資は住宅ローンで用いられることが多いですが、企業の資金繰りを目的とするものも存在するのです。今回は、企業が利用するつなぎ融資について解説します。

つなぎ融資とは?

つなぎ融資とは、資金調達サービス機関から短期間の融資を受ける方法を指します。通常の長期的融資と異なるのは、融資を受ける期間が数ヵ月程度となる点で、企業の資金繰りが一時的に厳しくなる状況で利用するものです。

たとえば、原材料や商品などの仕入額に対して企業が持っている現預金が不足し支払いが困難な場合、企業経営が傾く原因となります。しかし、数ヵ月先に売掛金回収などのめどが立っていれば、その入金があるまでの間は資金調達サービス機関からつなぎ融資を受け、取引先への支払に充当できるのです。これにより、企業は経営危機を一時的に脱出できます。また、売掛金回収によって資金調達サービスへの返済も可能になるため、融資の期間も短くて済むのです。

ちなみに、つなぎ融資は一時的な運転資金への充当に使うものですが、つなぎ融資と企業がもともと持っている運転資金は区別しておきましょう。企業が持っている運転資金は、売上債権と棚卸資産の合計額から買入債務を差し引くことで計算し、これにより先々の金額増減の予測が立てられます。ただし、この予測が甘かった場合には将来的に資金ショートを起こし、収入と支出のバランスが狂うことで運転資金不足が慢性化してしまうのです。

一方、つなぎ融資は取引先からの売掛金回収が遅延するなど、予期せぬ資金ショートが起きたときの緊急策です。つなぎ融資は上記のような運転資金の予測を誤り、首が回らなくなる状況で利用するものではありません。あくまで経営が健全であることを前提にして、一時的に利用するものなのです。

 

借り手におけるつなぎ融資の特徴

では、企業がつなぎ融資を利用する際にあげられる特徴を下記に記載します。

金利が高い傾向だが不動産の担保があれば安くなることがある

つなぎ融資では、企業の経営危機への一時的な補助という側面から企業の倒産リスクもあり、金利を高めに設定しています。ただし、つなぎ融資において不動産などを担保にするケースも存在し、この場合は金利が多少引き下げられる傾向にあります。

一時的な資金ショートを回避するために利用しやすい

前述のように、つなぎ融資はあくまで予期せぬ資金ショートを起こしたときに、一時的に利用するものです。つまり、企業が短期間に融資額を返済できると認められた場合に適用されるということです。そのためつなぎ融資は、慢性的な資金ショートを起こしている場合よりも利用しやすいというメリットがあります。

ノンバンク系が利用しやすい

企業がつなぎ融資を利用する際は、予測の範疇を超えた資金ショートを起こしていることから、すぐにでも融資を受けたいものです。しかし銀行系の資金調達サービスでは審査などに時間を要することがあり、緊急的に利用するのが難しいこともあります。その点、ノンバンク系の資金調達サービスは、審査がスピーディに済み、担保や保証を必要としないことがほとんどであるため、比較的利用しやすいのです。

高金利でも短期で完済すれば金利負担は抑えられる

上記にあげたとおり、つなぎ融資は金利が高くなる傾向にあります。しかし、返済期間が短ければその分金利を支払う期間も短縮されるため、長期的な融資よりも金利の負担が小さくなる可能性があるのです。

 

つなぎ融資の方法

こちらからは、つなぎ融資がどのような方法で受けられるかを紹介します。

手形割引

手形割引とは、取引先から一定期間後に金額を支払う前提で発行した手形について第三者に買い取ってもらい、利息や手数料を差し引いた金額を現金化するものです。この方法であれば現金を素早く受け取ることが可能であり、資金調達サービスからの審査や担保も不要です。

不動産担保融資

企業が所有している不動産を担保として資金調達サービス機関から融資を受ける場合、前述のように金利が比較的抑えられるほかに、高額の融資が可能となります。さらに、不動産を担保にすれば資金調達サービス機関が高額な貸し倒れを被るリスクも低くなり、企業は融資を受けやすくなるのです。

ビジネスローン

ビジネスローンは、ノンバンクなどの資金調達サービス機関で利用できます。ビジネスローンは用途をつなぎ融資に限定しているものではなく、企業向けビジネス用途全般に用いられる融資です。特にノンバンク系は前述のように審査がスピーディであることなどから、利用しやすいでしょう。

日本政策金融公庫の融資制度

日本政策金融公庫は、日本政府が出資して運営されている機関であり、特に事業実績の少ない中小企業などを支援する目的の融資を行っています。日本政策金融公庫の融資は、他の融資に比べて金利が低いことが特徴であり、さらに比較的高額な融資を受けることも可能です。

銀行融資

つなぎ融資をはじめとする企業向け融資は、銀行でも取り扱っています。ノンバンク系のビジネスローンと比べると銀行融資は金利が低く、企業の負担を軽減させることが可能です。さらに、企業としてではなく経営者個人として融資を受ける場合は審査時間が短縮されることが多いです。

 

融資以外の資金調達方法

上記にあげた融資以外に、企業がつなぎ融資と同様の資金調達を行える方法として、ファクタリングがあげられます。ファクタリングは、企業が所有している売掛債権をファクタリング会社に売却することで、素早く現金化できるものです。ファクタリングの場合は金利が発生せず、ファクタリング会社への手数料を支払うのみで済むところもおすすめのポイントです。

 

つなぎ融資は、企業の一時的に資金ショートを起こしたときにぜひ利用したい資金調達方法です。ただし、つなぎ融資は近い将来に返済が可能である場合にのみ利用するべきでしょう。もし慢性的な運転資金不足に陥った場合は、融資ではなくファクタリングの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

ファクタリングは売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらうことで現金が手に入る資金調達サービスです。審査も簡単で、即日対応、翌日の現金化が可能です。融資ではないので、極めてハードルの低い資金調達手段です。運転資金調達の一助になるでしょう。

サイトマップ