女性起業家の資金調達を助けてくれる融資・助成金・補助金制度とは?

女性の起業家

女性が仕事に出るのは当たり前の時代になり、起業を検討する女性も少なくないでしょう。起業を考える場合、資金繰りには十分に注意を払わなくてはなりません。資金調達の方法は融資のほかにも、助成金や補助金の活用があります。幅広い選択肢の中から、自分にあった資金調達の方法を見つけましょう。

融資・助成金・補助金の違い

融資・助成金・補助金の違いについてお伝えします。

融資

融資とは簡単にいうと貸付のことです。金融機関のほかに公的機関でも行っています。融資の場合、後々返済義務が発生します。この時元金のほかに定められた利率に基づいて発生する利息についても支払いが必要になります。

助成金

助成金と以下で紹介する補助金は貸付ではありません。融資とは異なり、後々返済する必要はありません。助成金には受給資格が設定されています。この基準さえ満たしていれば、ほぼ確実に給付されます。

補助金

助成金とは異なり、申し込んでも確実に給付が受けられるとは限らないのが補助金です。採択されるには申請時に資金を何に使うのか、どのように社会へ貢献するかを示す資料を作成してアピールすることが重要です。

女性起業家向けの助成金制度

女性起業家向けの助成金制度についてお伝えします。

若手・女性リーダー応援プログラム助成事業(東京都)

こちらは東京都で行っている助成金制度です。都内の商店街で女性もしくは若手の男性が開業する場合、店舗の内装工事や設備導入などにかかる経費の一部を助成してくれるものです。東京で店を開業したいと思っている方におすすめの制度です。

独立行政法人 中小企業基盤整備機構の助成金

中小企業基盤整備機構では「地域中小企業応援ファンド」というものがあります。各都道府県のファンドが運営母体となって資金を提供しています。どのファンドに申請するかによって、助成金の内容が異なるので注意が必要です。助成率は多少違いがあるものの1/2もしくは2/3が目安です。

雇用関係助成金

厚生労働省が提供する助成金で、雇用調整助成金や新規採用のための助成金、人材育成のための助成金があります。主に8つの分野に分かれていますので、どこに申請すべきか、まずは内容を確認しましょう。

女性起業家向けの補助金制度

女性起業家向けの補助金制度をご紹介します。

創業補助金

新規事業を立ち上げる時にもらえる補助金です。最大200万円の給付を受けられます。補助金を申請するには、認定市区町村または認定連携創業支援事業者による「特定創業支援事業」を受ける必要があります。その上で採択されるかどうかは、事業計画書の内容にかかっていますので入念に準備しましょう。

小規模事業者持続化補助金

会社運営を続けるにあたって、幅広い用途で使える補助金です。申請書の種類も少なく、事務作業の負担もほかの補助金と比べると軽いので、初めて補助金を申請する場合でも取り組みやすいでしょう。

女性起業家向けの融資制度

女性起業家向けの融資制度をお伝えします。

女性、若者/シニア起業家支援資金(東京都)

こちらは日本政策金融公庫で募集している融資で、女性または35歳未満もしくは55歳以上で、新規開業する方または事業開始後7年以内の方が対象です。最大7,200万円(うち運転資金4,800万円)まで融資を受けることができます。運転資金は7年以内、設備資金については20年以内の返済期間が設けられています。

ちふれ 女性起業家支援制度

化粧品メーカーであるちふれ化粧品が女性起業家向けに実施している融資制度です。資本金100万円で株式会社を設立すると、設立後に同額が給付されます。株式の一部をちふれ化粧品に譲渡することが条件です。保有割合は35%がちふれ化粧品、残りの65%が企業者と定められています。

女性おうえん資金(横浜市)

横浜市信用保証協会が行っている、これから創業する女性や業歴5年未満の女性経営者もしくは個人事業主を対象とした融資制度です。3,500万円を上限として貸し付けを行います。横浜市内で起業や個人事業を開始することが条件です。

女性経営者支援資金/女性起業家支援貸付(埼玉県)

埼玉県が県内で開業しようとしている女性起業家または業歴5年未満の女性経営者を対象に実施している融資制度です。開業予定の場合は、1カ月以内に信用保証対象業種において事業を開始するか、2カ月以内に会社設立する必要があります。低利の融資制度なので、無理のない返済計画が立てられます。

女性・若者・障害者創業支援融資制度(茨城県)

茨城県の融資制度で、女性のほか、30歳未満の若者、障害者手帳を所持している方を対象としています。県内に在住または事務所を置いていることが条件です。最大3,500万円までの融資を受けることができます。

このように女性起業家の資金繰りをサポートするための助成金や補助金、融資制度は充実しています。これらをうまく活用して、必要な資金調達しましょう。また事業開始直後の運転資金の調達に不安がある場合は、ファクタリングをうまく利用すると良いでしょう。ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことで現金が手に入る資金調達サービスです。審査も簡単で、即日対応、翌日の現金化が可能です。融資ではないので、極めてハードルの低いリスクの少ない資金調達手段です。資金繰りの一助になるはずです。

サイトマップ