買掛金(債務)の回転期間とは? その目安を解説

買掛金の回転期間を調べたい人

経営を安定させるためには、キャッシュフローが重要です。損益計算書上は黒字であっても、売上の入金前に仕入れの支払いをしている状態が続けば、キャッシュが足りなくなって黒字倒産してしまう可能性もあります。
それを防ぐためのポイントは、できるだけ多くのキャッシュを手元に置いておくこと。そこで今回は、資金繰りのために大切な、買入・売上の回転期間・回転率の算出方法と見方についてご紹介していきます。

買掛(仕入)債務回転期間とは?

買掛(仕入)債務とは、商品や原材料などを掛けで仕入れた場合の、「その代金を後日支払わなければならない」という義務のことをいいます。買掛(仕入)債務回転期間とは、仕入れてから支払いまでどの程度の期間を要するかという、事業の安全性の一つの指標として使われる数字で、具体的には下記のように算出されます。なお、買掛(仕入)債務は日数または月数で示すのが一般的です。

買掛(仕入)債務回転期間(日) = 買掛(仕入)債務 ÷ 仕入高(売上原価) × 365
買掛(仕入)債務回転期間(月) = 買掛(仕入)債務 ÷ 仕入高(売上原価) × 12

買掛(仕入)回転率とは?

買掛(仕入)回転率は、買掛(仕入)債務の支払いを効率よく行っているかどうかの指標となる数値です。

買掛(仕入)回転率が低いということは、仕入れてから支払うまでの期間が長いことをあらわします。支払いが先になるため、その企業は資金繰りに余裕があり効率的であるという見方をされます。ただし過去と比べて回転率が低くなっている場合は、資金繰りの悪化により支払いが遅延しているという見方をされるのが一般的です。

反対に、買掛(仕入)回転率が高いということは、仕入れてから支払うまでの期間が短いことをあらわします。この場合は仕入先から早期支払いを求められている可能性が高いため、資金繰りに苦労している可能性があるという見方をされることが多いです。ただし、逆に資金繰りに余裕があるため早く支払うことができている可能性もあるため、他の指標と合わせて調査する必要があります。買掛(仕入)回転率を見るときには、それ単体の数字だけでなく、過去にさかのぼって全体の数字とあわせて検討するというのが一般的です。

買入債務回転期間は長いほうが良い? 短いほうがよい?

買掛金と支払手形を合計したものを、買入債務といいます。買入債務回転期間とは、仕入れてから支払いまでにどの程度の期間を要するかという指標です。買入債務回転期間は、下記の方法で算出されます。

買入債務回転期間(日) = 買入債務 ÷ 仕入高(売上原価) × 365
買入債務回転期間(月) = 買入債務 ÷ 仕入高(売上原価) × 12

買入債務回転期間が長いということは、支払いが先になるため、長ければ長いほどキャッシュに余裕ができ、資金繰りが良くなります。しかし上述の通り、過去と比較して長くなっている場合はマイナスに判断される可能性もあるため、注意が必要です。

買掛(仕入)回転率の計算方法

買掛(仕入)回転率は、下記のように算出されます。

買掛(仕入)回転率 = 仕入高(売上原価) ÷ 買掛(仕入)債務

<例>
A社とB社の買掛(仕入)回転率は、以下の通りです。
A社 仕入高(売上原価):8,000万円 / 買掛(仕入)債務:2,000万円
B社 仕入高(売上原価):5,000万円 / 買掛(仕入)債務:1,000万円

このとき、A社およびB社の買掛(仕入)回転率は以下のようになります。
A社 買掛(仕入)回転率:8,000万円 ÷ 2,000万円 = 4回
B社 買掛(仕入)回転率:5,000万円 ÷ 1,000万円 = 5回

A社はB社と比較すると回転率が低く、仕入れてから支払いまでの期間が長いため、買掛(仕入)債務の支払い効率が良いと判断されます。

買入債務回転期間と売上債権回転期間の関係

売掛金と受取手形を合計したものを、売上債権といいます。売掛金とは、商品を掛けで販売したときの「その代金を後日受け取れる」という権利のことをいいます。売上債権回転期間とは、販売してから回収するまでどの程度の期間を要するかという指標です。具体的には下記のように算出されます。

売上債権回転期間(日) = 売上債権 ÷ 売上高 × 365
売上債権回転期間(月) = 売上債権 ÷ 売上高 × 12

買入債務回転期間は、売上債権回転期間より長いほうが資金繰りに余裕ができます。買入債務回転期間が売上債権回転期間よりも短い場合、買入債務の支払い時にキャッシュが不足してしまう可能性があります。しかし、買入債権回転期間が売上債権回転期間よりも長い場合は、売上債権の回収後に支払えば良いということになるため、資金繰りが良くなります。

自分の会社の売上債権回転期間や買入債務回転期間を算出してみましょう。売上債権回転期間が買入債務回転期間よりも短い方が、資金繰りをしやすいです。しかし実際には、売上債権回転期間を短くするのは難しいことも多いでしょう。その場合は、ファクタリングを利用して売上債権回転期間を短くするという方法も有効です。

サイトマップ