売掛金の回収をするのは面倒!代行してもらうことはできる?

売掛金の代行回収をしてもらいたい人

売掛金の回収がうまくいかず、困ったことはありませんか? 売掛金の回収は、会社の資金繰りのために必要な作業ではありますが、相手によってはとても手間がかかることがあります。請求書を送ったのに支払ってもらえないなど回収がうまくいかない場合は最終的には貸し倒れになる危険性もあるため、そうなる前にきっちり回収しておきたいところです。この記事では、売掛金の回収に困っているという方のために、売掛金の回収代行に関する情報をご紹介します。

売掛金とは?

売掛金とは、代金を後で受け取る「掛け」で商品などを売った場合に、その代金を後で受け取ることができる権利のことをいいます。会社の事業では多くの取引が掛けで行われており、その支払いサイトは1カ月から2カ月ということが多いです。会社の取引の場合、期日通りにきちんと回収されることも多いですが、中には回収されないまま時効を迎えてしまうケースもあります。

売掛金回収手続きを代行してもらうことは可能

売掛金の回収手続きがうまくいかない場合は、債権回収代行を依頼することができます。ただし、債権回収代行を引き受けることが認められているのは、弁護士、認定司法書士のみで、それ以外の者が行うことは禁じられています。

認定司法書士とは、試験に合格して法務大臣の認定を受けた司法書士のことをいいます。本来、司法書士など弁護士以外の者が法律を扱う業務を行うことは弁護士法で禁じられていますが、金額が140万円以下の民事訴訟などに限り、認定司法書士が代理業務を行うことができます。これらの代理業務を簡裁訴訟代理関係業務といい、債権回収代行もそれに該当します。

なお、最近回収代行の一部業務については、サービサー(債権回収業を専門に行っている業者)も代行できることになっています。サービサーとは、「債権管理回収業に関する特別措置法」という法律に基づいて法務大臣が認定した株式会社のことをいい、サービサーとして営業をするには、法律で定められた条件を満たしている必要があります。サービサーは督促の電話をかけたり、督促状を郵送したりといった事務仕事を請け負うことはできますが、法的な業務を行うことは認められていません。また、取り扱う債権の種類も限られています。

売掛金回収の流れ

ここで、売掛金回収代行を依頼した場合の流れを見てみましょう。売掛金回収の流れは状況によって変わりますが、主に下記のように進められています。

認定司法書士や弁護士などから債務者に電話で交渉

認定司法書士や弁護士などに売掛金回収代行を依頼して契約すると、まずは電話で債務者に交渉します。司法書士や弁護士などから連絡して相手にプレッシャーを与えることで、早期に解決する場合もあります。

催告書を内容証明で送付

電話で交渉しても回収できない場合は、内容証明で催告書を送付して支払いの催促をします。内容証明とは、どのような文書が誰から誰に送られたということを郵便局が証明してくれるサービスのことをいいます。内容証明で書類を送付する場合には、文書の謄本を2通用意し、1通を郵便局が保管、そしてもう1通を差出人が保管することになっています(パソコンで完結する電子内容証明というサービスもあります)。内容証明には法的な拘束力はありませんが、日付と内容を公的に記録として残すことで、裁判になった際に証拠として提示することができるほか、遅延損害金を求める根拠とすることができるなどのメリットがあります。

支払督促手続

支払督促手続とは、裁判所から債務者に対して「支払督促」という書類を送って支払いを督促する手続のことをいいます。債権者からの申し立てにより行われるもので、基本的には書類での手続のみで完結します。

民事訴訟

支払督促をしても支払われない場合や、支払督促に対して債務者が異議を申し立てた場合は、民事訴訟で争うことになります。債権額が60万円以下の場合は少額訴訟、60万円を超える場合は通常訴訟となり、簡易裁判所または地方裁判所で行われます。

強制執行

強制執行とは、裁判で支払いが命じられたにもかかわらず債務者が支払いをしない場合に、債権者裁判所が債務者の財産を差し押さえて、債権の回収を実現させることをいいます。強制執行は、債権回収の最終手段として行われます。

ファクタリングを活用する手もある

売掛金の回収には手間がかかり、売掛先によってはなかなか支払ってもらえないこともあります。そのようなときは、ファクタリングという方法を利用することで、売掛金の回収の手間を省くことができます。売掛債権をファクタリング会社に売却すると、その額から手数料を引いた金額がファクタリング会社からすぐに支払われます。支払い期日になっても売掛金が支払われない場合など、未回収リスクはファクタリング会社が負うため、手間のかかる売掛金の回収をする必要がなくなる上に、本来の支払いサイトよりも早く現金化することができます。また、債権回収代行を依頼するよりも低コストでスピーディーに現金化できるため、売掛金の回収に困っているという企業によく選ばれているサービスです。

売掛金を回収する際は、ぜひ上記を参考にしてみてください。また、ファクタリングを活用するのもお勧めです。

サイトマップ