ファクタリング契約後に売掛先が倒産! 支払いはどうなる?

ファクタリング契約後に売掛先が倒産したら支払いはどうなる?

会社を経営していて現金が必要になった場合、どのような方法で資金調達すれば良いのでしょうか。資金調達といえば銀行など金融機関の融資が一般的で、なんとなく安心なイメージがあるという方も多いでしょう。しかし一方で、銀行融資は審査に数週間などの期間を要するため、すぐに現金が必要になった場合には間に合わないケースもあります。


また、中小企業の場合は審査を通過するのが難しいことも多く、申請して長く待ったとしても、必ず融資を受けられるという保証はありません。

そのような問題を解決する資金調達方法の一つに、ファクタリングがあります。ファクタリングとは、売掛債権を買い取ってもらうサービスのこと。ファクタリング会社では、企業の保有する売掛債権を、その額面から手数料を引いた金額で買い取っています。通常であれば、売掛金は納品の1カ月後などに売掛先から入金されますが、ファクタリング会社に売掛債権を売却すると、早ければその日のうちに審査が終わり、すぐに現金化できます。また審査対象が売掛金保有会社ではなく売掛先になるため、取引相手が大企業など信用度の高い会社であれば、自社の財務状況が厳しい状態であっても審査を通過する可能性が高いというメリットもあります。

しかし、まれにではありますが、ファクタリング会社が売掛債権を買い取った後で売掛先(債務者)が倒産してしまい、売掛金を受け取れなくなってしまうというケースが発生することがあります。今回は、そのようなケースでの対応について解説していきます。

ファクタリング契約後に売掛先が倒産した場合は支払いが必要?

ファクタリング会社は、買い取った売掛債権の期日までに売掛先から直接(3社間ファクタリングの場合)または売掛債権保有会社を経由して(2社間ファクタリングの場合)売掛金を受け取ります。では、売掛金が支払われる前に売掛先が倒産してしまった場合は、売掛債権保有会社が代わって支払う必要があるのでしょうか。

一般的なファクタリングの場合は、たとえ売掛先が倒産しても、売掛債権保有会社が代わって売掛金を支払う必要はありません。これは、2社間ファクタリングでも3社間ファクタリングでも同様です。ただし、契約内容によっては返済義務が生じる場合もあるため注意が必要です。

売掛先の代わりに返済が必要なケースもある!

ファクタリングの契約には、「償還請求権あり」の場合と「償還請求権なし」の場合の2種類があります。では、その違いはどこにあるのでしょうか。

償還請求権とは、倒産など何らかの理由により売掛先が売掛金を支払えなくなった場合に、ファクタリング会社から売掛債権保有会社(ファクタリング契約者)に対して売掛金の支払いを要求できる権利のことをいいます。

「償還請求権あり」の契約のことを、リコース(ウィズリコース)といいます。リコースで売掛先に倒産などのリスクが生じた場合、ファクタリング会社は売掛債権保有会社に対して売掛金の支払いを要求することができます。売掛金保有会社は、要求があれば売掛先に代わって売掛金を支払う必要があります。

一方「償還請求権なし」の契約のことをノンリコースといいます。ノンリコースであれば、たとえ売掛先に倒産などのリスクが生じた場合でも、売掛債権保有会社が売掛金の支払いを要求されることはありません。国内ファクタリング会社が提供している一般的なファクタリングは、すべてこちらのノンリコースの契約です。

売掛先の倒産リスク回避のために契約時は確認しよう

ファクタリング会社との契約は、前述の通り償還請求権のないノンリコースが基本です。一部の会社の契約ではリコースになっていることがありますが、リコースは、正式には「売掛債権の売却」ではなく「売掛債権を担保にした融資」になるため、扱えるのは銀行などの金融機関のみと決められています。しかし例外などさまざまなケースがあり、ファクタリング会社がリコース契約をしていることもあり、実際に償還請求されたケースもあります。そのようなリスクを回避するために、契約の際には必ず償還請求権がどのようになっているかを確認しておきましょう。

ファクタリングは未回収リスク対策に好適

ファクタリングは、売掛債権を買い取ってもらうサービスです。ファクタリングで売掛債権を売却した場合、ノンリコースの契約であれば、その後に関する責任を負うことは一切ありません。ファクタリングは、売掛債権保有会社にとっては未回収リスク対策としても有効な方法といえるでしょう。

ファクタリングには、売掛債権を早く現金化できるというメリットがあります。一方で手数料が必要になるというデメリットもありますが、少しの手数料を支払うことで売掛金を確実に現金化できるというのも大きなメリットと考えることもできます。

ファクタリングで資金調達した後に売掛先が倒産しても、売掛金を売却したファクタリング契約者には支払い義務はありません。ファクタリングは、未回収リスク回避にも有効な資金調達方法です。

ファクタリングのご利用をご検討の方は、ぜひビートレーディングにご相談ください。
・お問い合わせはこちら

サイトマップ