マンションの管理費を早期現金化! ファクタリング活用術

ファクタリングはマンションの管理費で活用できる

不動産業を営んでいるとさまざまな理由で急に資金が必要になることがありますが、そのような場合、どのような方法で資金調達をしていますか?不動産業の資金調達方法として一般的なのは銀行など金融機関からの融資ですが、不動産業でもファクタリングを契約することができます。ファクタリングでは銀行融資と全く異なる方法で審査をするため、銀行融資と比べると審査期間がとても短く、すぐに現金化することができます。

必要なときに必要な資金を調達することは、ビジネスを営む上でとても重要です。急いで資金調達をする必要が生じたら、まずはファクタリング会社に相談してみましょう。

マンション経営における管理費の重要性

マンションの住民は、マンション管理会社に管理費を支払っています。管理費は、マンション管理会社との契約により、毎月決まった額を口座振替で支払うのが一般的です。マンションに管理費として支払っているお金は大きくわけると、日常的な管理費用(一般会計)と長期的な修繕費用の積立(特別会計)の2つの用途で使用されています。

日常的な管理とは、管理員の派遣、共用部の清掃や整備、設備の点検、小さな修理などの業務をさします。また、共用部の電気料金や水道料金などの光熱費や、住民組織である管理組合の運営費なども管理費から支払われます。

長期的な修繕とは、マンションの劣化に伴って実施される外壁の修復や塗装、屋根の防水工事、鉄部分の塗装、配管の修理、機械式駐車場の整備や修理といったさまざまな部分の修繕のことをいいます。多くの場合、10年から15年に1回、マンションの大規模修繕としてまとめて行われます。大規模修繕の費用は、毎月住民から支払われる管理費の中から積み立てられるのが一般的で、最初に大規模修繕に必要な費用を見積もり、それを分割する形で積み立てる額が決められています。

日常的な管理費用も、長期的な修繕費用も、マンションを維持するために重要なお金です。将来にわたって安心して住むために、また安定してマンション管理を行うために使われています。

マンションの管理費はファクタリングで早期現金化できる!

ファクタリングとは、主にBtoBで活用されている、売掛金譲渡による資金調達サービスのことをいいます。ファクタリングは、通常であれば売掛金などの債権をファクタリング会社に譲渡して現金を得るというものですが、管理費も売掛金と同じように扱うことができるため、不動産業でもファクタリングのサービスが利用されています。

管理費は、継続的に入ってくる収入です。今後も毎月決まった額が入ってくる予定があることから売掛金と同じように解釈され、ファクタリングを活用することができるのです。不動産業でファクタリングが利用されることは多くはありませんが、取引されているケースはあります。

不動産業でファクタリングを利用するには?

不動産業でファクタリングを利用する場合は、継続的に入ってくる収入を売掛金として扱います。

不動産業者には、管理費・共益費や家賃といった定期的な収入があります。ファクタリングを利用する場合、不動産業者(ファクタリング利用者)はこれらの収入を売掛金としてファクタリング会社に売却し、ファクタリング会社は、その金額から手数料を引いた額を不動産業者に支払います。不動産業者は、住民などから管理費・共益費や家賃を受け取ったら、そのお金をファクタリング会社に支払って弁済します。

不動産業でファクタリングを利用するメリット・デメリット

不動産業でファクタリングを利用するには、メリットとデメリットがあります。

不動産業界では、物件調達などの都合で急に資金調達の必要が生じることがあります。しかし、銀行融資は申し込んでから審査に数週間かかってしまうため、急ぐ場合には間に合わないという問題が生じます。一方ファクタリングの場合は、審査期間がとても短く、早ければ即日現金化できることもあります。必要なときにすぐに現金を受け取れるというのは、不動産業でファクタリングを利用するメリットの一つといえるでしょう。

また、ファクタリングには未回収リスクをなくすことができるというメリットもあります。管理費・共益費や家賃は万が一の未回収リスクも抱えていますが、ファクタリングを利用した場合、万が一未回収があったとしてもファクタリング利者が負担する必要はありません。ファクタリングは、収納代行のような感覚で利用することができるサービスなのです。

なお、ファクタリングには、デメリットもあります。それは、ファクタリング会社に支払う手数料です。ファクタリングを利用する場合、ファクタリング利用者はファクタリング会社に手数料を支払う必要があます。その手数料は一般的な銀行融資と比較すると高めの傾向があります。しかし、手数料は高くともメリットが大きいサービスであることから、ファアクタリングは多くの企業などで活用されています。

不動産業では、他業種に比べて売掛金による取引は少ないですが、管理費・共益費や家賃を売掛金として、ファクタリングを利用することができます。資金調達を急ぐときや、未回収リスクの対策として活用してみましょう。

ファクタリングのご利用をご検討の方は、ぜひビートレーディングにご相談ください。
・お問い合わせはこちら

サイトマップ