キャッシュフローの改善につながる債務管理について解説

企業において、現金の流出・流入を示すキャッシュフローを改善することは重要なポイントです。キャッシュフローに問題がある場合、企業が持つ債権・債務についてスムーズな処理ができなくなってしまうのです。そこで、企業がキャッシュフローを改善するためにきちんと行っておきたいのが、債権管理・債務管理です。今回は、この2つのうち債務管理について詳しく説明します。

債務管理とは?

企業には、売掛先に商品や原材料などの代金の支払を請求・回収できる権利=債権があります。この債権について、売掛先の信用情報や支払状況などを管理するのが債権管理です。企業間の取引はその都度現金のやりとりが行われるものではなく、ほとんどが売掛・買掛で成立するものであるため、売掛金を適切に回収できるかはキャッシュフローの改善において大きなポイントとなるのです。

一方債務は、企業が買掛先=債権者から商品や原材料を仕入れて、その代金を支払う義務を指します。この債務を企業がきちんと遂行できるかどうかを管理するのが債務管理です。キャッシュフローが悪化することで、買掛先に代金を支払うことができなくなって債務の遂行が難しくなります。そのため、債務管理も債権管理と同様にきちんと行っておくことが必要なのです。

 

債務管理を行うメリット

では、企業が債務管理を行うことで得られるメリットとはどのような点でしょうか。

支払予定を考慮した資金繰りができる

企業経営においては、仕入などの支払予定をきちんと把握し、それを見越してキャッシュフローを整理することが大切です。そして、この整理を行う作業が債務管理であり、支払予定や金額などを明確にすることで次の対策が打てるようになるのです。支払予定を把握するときは、月ごとに加えて日ごと、週ごとにまとめておけばキャッシュフローの整理が細かく行えるでしょう。

支払漏れや遅延が防げる

上記のように、支払予定を考慮しキャッシュフローを整理することは、支払漏れや遅延を防ぐことにつながります。たとえば支払漏れについては、支払期日はもちろんのこと仕入と納品書・請求書の内容に相違がないかもチェックすることで防ぐことが可能です。さらに支払期日までに遅延なく取引先に支払を終えるために、債務管理によって十分に現金の準備を行っておくことも必要でしょう。さらに、支払う金額を明確にするために現場と経理が連携して、仕入数の変更や割引などの状況もしっかり把握しておくことが大切です。

取引先から信用を得ることができる

債務管理によって支払状況をきちんと把握し、滞りなく債務を遂行することは取引先からの信頼を得ることにつながります。企業間の取引は基本的に信頼関係で成り立っているものであり、双方が良好な関係を築くことが業績の向上をもたらすのです。さらにキャッシュフローが健全な企業は資金調達サービスを提供している会社からも信頼され、今後の資金の融資も受けやすくなるでしょう。

 

債務管理の流れ

ここからは、債務整理の大まかな流れについて説明します。

仕入先別買掛金台帳を作成

仕入先別買掛金台帳とは、その月の買掛金の流れを仕入先別に記載するものです。買掛金全体については総勘定元帳で確認できますが、買掛金台帳を別に作っておくことで仕入先ごとの詳細な金額の流れが把握できるのです。そして買掛金台帳では、仕入先に支払うべき金額だけではなく支払期日などについても管理することが可能です。

取引先別支払予定実績表を作成

さらに、キャッシュフローの状況を把握するために支払予定実績表を作ることも大切です。支払予定実績表では、まず取引先への支払予定をまとめ、それに対し予定どおりに支払が行われたかどうかの実績と比較を行うのです。支払予定と実績を照合することで現金の流れを管理できるほか、発注と支払額の差異や処理漏れなどにも気づけるでしょう。

 

債務管理をうまく行うポイント

企業が債務管理を行うにあたって、スムーズに進めるためにいくつかのポイントがあります。そのポイントとは、主に以下のようなものです。

買掛金が発生した時点ですぐに支払期日を記入

買掛金の流れや予定・実績を整理するためには、買掛金が発生した時点で台帳や予定実績表に記載するのが得策です。後でまとめて記載する方法では、どうしても抜けや漏れが生じてしまうでしょう。その抜け漏れが、支払漏れや遅延を引き起こす原因となりうるのです。

仕入先ごとに作成

買掛金の管理は、全体の流れを把握することも大切ですが、やはり仕入先ごとにまとめておくべきでしょう。仕入先ごとに支払期日や支払方法などの条件は異なります。その条件を遵守し支払の抜け漏れを防ぐためには、それぞれにきちんと整理することが大切なのです。また、前月と当月の残高についても仕入先ごとにまとめておくと、より現金の流れがわかりやすくなります。

取引先が多い場合は債務管理システムを導入

上記のように細かく債務管理を行うには、経理業務が煩雑になることもありえます。特に取引先や取引回数が多数に及ぶ場合には、整理しきれないケースも出てくるでしょう。このような煩雑な業務を簡素化するためには、債務管理システムが便利です。債務管理システムは仕訳や金額計算などをスムーズに行え、多岐にわたる債務管理業務の一元化も可能です。

 

企業におけるキャッシュフローを改善するためには、取引先に対する支払を確実に遂行することに加え、支払による現金の流れを可視化することが重要です。そのためには、債務管理が有効なのです。キャッシュフローの改善は企業の経営を安定させるだけではなく、取引先の信用を得ることにもつながるため、債務管理はきちんと行っておきましょう。

また、債権管理についてお悩みの方は、ファクタリングをうまく利用すると良いでしょう。ファクタリングは売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらうことで現金が手に入る資金調達サービスです。審査も簡単で、即日対応、翌日の現金化が可能です。融資ではないので、極めてハードルの低い資金調達手段です。キャッシュフローを改善の一助になるはずです。

サイトマップ