売掛金と買掛金の違いとは?相殺処理の解説

『相殺処理』は、単純で尚且つ非常に便利に仕訳ができる手段として知られています。しかし、相殺をするためには、いろいろと細かい注意点も存在します。特に、売掛金と買掛金の違いは、相殺処理をする上で必要な知識といえるでしょう。ここでは、売掛金と買掛金の違いや、相殺して入金の処理をする際の仕訳のしかたなどについて徹底解説します。

売掛金とは?

「掛け」とは「ツケ」のこと

「掛け」とは俗にいう「ツケ」のことで、取引の金額が大きい企業間で一般的に使われます。
私たちの生活においては、例えばコンビニでの買い物など何かを買ったらその場での現金払いが一般的です。
しかし掛けにおいては、期限を決めて、後から回収を行います。

売掛金の意味

売り掛けとは商品やサービスをまず売り、対価を後で受け取ることです。
売掛金はのちに現金を受け取れる権利で、売った側の債権となります。
また、売り掛けには小分けにして支払われることを避ける事ができるという利点もあります。
商品やサービスを売り、何回にも分けて請求するのは手間がかかりますが、売り掛けのように期間を定めてまとめて支払いを受ければ、その面倒も避けられます。

売掛金による現金の調達

売り掛けには、債権者からすれば「すぐに現金が手に入らない」という難点もあります。
しかし、売掛金は担保にする事ができ、その担保を元に金融機関より融資を受けることもできます。
さらに、売掛債権を譲渡し、資金化を行う『ファクタリング』であれば、最短即日での売掛金の現金化も可能なのです。

売掛金の仕訳処理

500万円分の商品を得意先に販売し、代金を掛けにしたとき、その仕訳処理は以下の通りです。

500万円分の商品を得意先に販売し、代金を掛けにした
『借方:売掛金 500万円 / 貸方:売上 500万円』
3カ月後に売掛金500万円が現金で決済された
『借方:現金 500万円 / 貸方:売掛金 500万円』

買掛金とは?

買掛金とは?

買掛金の意味

買い掛けとは、商品やサービスをまず受け取って対価を後から支払うことであり、商品を買った側の支払債務を買掛金といいます。
つまり買掛金は、のちに現金を納めるという義務になります。
何かを買ってその対価を後払いにするケースは、「ツケの仕入れ」「掛けの仕入れ」など表現は様々です。
しかし、「売掛金」と同様の掛け取引の仕訳において用いる勘定科目は『買掛金』となります。

買掛金の仕訳処理

500万円分の商品を得意先から受け取り、代金を掛けにしたとき、その仕訳処理は以下の通りです。

500万円分の商品を受け取り、代金を掛けにした
借方:仕入 500万円 / 貸方:買掛金 500万円
3カ月後に買掛金500円を現金で決済した
借方:買掛金 500万円 / 貸方:現金 500万円

相殺処理の仕訳方法

相殺処理とは?

相殺処理とは、取引企業と双方の債務を対当額のみ消滅させる手段です。
相殺処理は現金が入ってくるものではなく、会計の上でのマイナスを軽くさせることができるものです。
また、他に「債権回収」という面で見ても、相殺処理には利点が多いです。
仮に、回収が難しい債権があったとしても相殺処理ができるのであれば、債権を回収する面倒が避けられます。

相殺処理の仕訳

相殺処理の仕訳方法

A社に商品200万円を販売し、代金を掛けした
『借方:売掛金 200万円 / 貸方:売上 200万円』
A社から商品120万円を仕入れ、代金を掛けした
『借方:仕入 120万円 / 貸方:買掛金 120万円』
A社との取引で売掛金と買掛金を相殺した
『借方:買掛金 120万円 / 貸方:売掛金 120万円』
残りの売掛金80万円を現金で受け取った
『借方:現金 80万円 / 貸方:売掛金 80万円』

売掛金と買掛金を知り効率的に相殺処理を行う!

売掛金と買掛金を知り効率的に相殺処理を行う!

相殺処理による仕訳のしかたを知ることで、効率よく会計の上での負債を軽減させる事ができます。
しかし、売り掛けや買い掛けとはどのようなものなのか、どのような権利を主張できるのかを知らずにいると、相殺処理をする中でトラブルが生まれてしまうこともあります。
相殺を実行する際には、他方への通知が必要となるためです。
誤った知識を元に相殺処理を行えば、取引相手に迷惑をかけてしまうかもしれません。
そのような事態を避けるためにも、相殺は正しい知識を持った上で最適なタイミングで行っていきましょう。

PAGE TOP