売掛金回転期間の見方と計算方法とは

『売掛金回転期間』を把握しておくことは、売掛金の未回収リスクを減らすための重要なポイントとなります。売掛回転期間とは売掛金が現金化されるまでの期間のことを指すのですが、その回転期間を知ることで企業は様々な問題点を知り、その改善を行うことが可能となるのです。この記事では、そんな売掛回転期間の見方や計算方法、それぞれの状況に応じた注意点などの情報を徹底解説していきます。

売掛金回転期間とは?

売掛金回転期間

売掛金回転期間は、売掛金がどのくらいの期間で回収できるかを表す指標であり、その期間は月数か、もしくは日数で示されます。
売掛回転期間が短ければ短いほど売掛金を早く資金化できているということであり、その分資金繰りも良くなります。
そしてその逆も然りであるため、売掛回転期間を知ることにより、その企業の資金繰りの状態も把握できるようになるのです。
また、売掛金と受取手形を合わせて計算した「売上債権回転期間」は、売掛債権全体の数値を示します。

売掛金回転期間の見方

1.同業他社と比較する

売掛金回転期間の見方としまして、同業他社と比較する方法があります。
たとえば、小売業を営むA社が売掛金回転期間が正常かを計るために、同じく小売業を営んでいるB社と比較したとします。
すると、A社の回転期間が平均2ヵ月であるのに対し、B社の回転期間が1ヶ月だったことが分かりました。
この場合両社を比べると、A社の方が商品を売って現金化するまでに、B社よりも1ヶ月も遅いという事が分かります。
上記のように、基本的に同業他社と比べて売掛金回転期間に1カ月以上の違いがあるならば、回収方法や経営について検討や改善が必要とされています。

2.過去の回転期間と比較する

売掛金回転期間は、常に一定というわけではありません。
経営を継続していく中で、取引先が変わったりすることでその期間は短くも長くもなります。
また、売上高を増やすと複式簿記では相手勘定である売掛金も増えるため、過去と比較して売掛金の残高が多くなり、回転期間が悪化することもあります。
勿論、過去と比較し回転期間が短いならば問題ないのですが、悪い方向へ大きく変化しているならば、その原因を追究し改善を行っていかなくてはいけません。

売掛金回転期間は短いほうが良い

売掛金回転期間は短いほうが良い

売掛金回転期間が短い場合

前述の通り、売掛金回転期間は短いほうが望ましいです。その理由は、期間が短いほど売掛金の現金化が早いからなのです。
また、一般的な売掛金回転期間の目安は「1.5カ月~2カ月以内」とされています。
あくまで目安ですが、自社の売掛金回転期間がこの期間よりも大きく異なる場合は改善を検討することをおすすめします。
ただし、この目安は業界によっても変わってくるので、ここではその一部をご紹介します。

【業種別平均売掛回転期間】

  1. 建設業:約3ヶ月
  2. 通信業:約2.5ヶ月
  3. 卸売業:約2.5ヶ月
  4. 農業:約2ヶ月
  5. 小売業:約1ヶ月
  6. 食料品製造業:約1.5ヶ月
  7. 不動産業:約0.5ヶ月

売掛金回転期間が長い場合

売掛金回転期間が長いということは、場合によっては多数の問題点が浮上することとなります。
ここでは、その問題点をみていきましょう。

【売掛金回転期間が長い場合の問題点】

1.売掛金の回収が滞っていることを指す(資金繰りを圧迫する)

売掛金の回収が円滑に行えているならば、売掛金の回収期間は短くなっているはずです。
ですので、長いということは売掛金の回収が滞っていることを指します。
また、売掛金の発生には売掛債権の管理費用や、商品費用、製造費用など、様々なコストがかかっているため、回収できなければ現金が不足し、自社の資金繰りを圧迫し始めることとなります。
企業が売上を上げているのに倒産してしまういわゆる「黒字倒産」は、売掛金が回収できずに資金繰りが悪化する事が大きな原因となってしまうため、売掛金回転期間が長いという問題は決して軽視できる問題ではないのです。

2.貸し倒れの可能性も高い

売掛金の回転期間が長いと、貸し倒れのリスクも高くなります。
回転期間が長いということは、定められた期限日に支払いが行われていないということ。決められた期限内に債権を回収できていないということは、債務者の財務状況に何かしらの問題点があるということです。
万が一取引先が破産してしまった場合には、売掛債権を回収できる見込みがなくなってしまいます。
そのような結果にならないよう、早め早めの対策を打たなければいけません。

3.不良債権を大量に抱えている可能性あり

売掛金回転期間が長い企業の中には、そもそも売掛金の管理が曖昧な事が原因というケースもあります。
また、売掛金の管理がずさんだと「いつの間にか不良債権を多く抱えてしまっている」ということも考えられます。
不良債権を多数抱えているケースだと、売掛債権の金額は膨らんでいる状態となるため、最終的に売上債権回転期間に悪い意味で、大きく影響を与えてしまいます。
売掛金の管理状況を見直すのも、売掛金回転期間を改善する一つの方法となります。

売掛金回転期間の計算方法

売掛金回転期間の計算方法

売掛金回転期間=期末売掛金÷(年間売上÷12カ月)

(例)売掛金800万円、年間の売上高が4,800万円の場合、売掛金回転期間を求めるならば、以下のような計算となります。
『800(売掛金)÷(4,800(売上高)÷12(月数))=2カ月』
※以上の計算から、売上を計上してから現金化されるまで、平均2カ月かかるという事が算出されます。

売掛債権回転期間=売上債権(売掛金+受取手形)÷(年間売上÷12カ月)

(例)売掛金900万円、受取手形300万円、年間の売上高が4,800万円の場合、売掛債権回転期間を求めるならば、以下のような計算となります。
『(900万(売掛金)+300万(受取手形))÷(4,800(売上高)÷12(月数))=3カ月』
※「12カ月」で割るところを、「365日」で割れば、日数での期間を求めることが可能です。

売掛金回転期間を把握し、資金繰りの悪化を防ぐ!

売掛金回転期間を把握し、資金繰りの悪化を防ぐ!
売掛金回転期間は、正常な期間の中で売掛金を回収できているかどうかを測る重要な指標となります。
資金繰りの悪化で悩んでいる企業は多いですが、それは売掛債権が資金化できるまでに時間がかかりすぎているからかもしれません。
ですので、まずは売掛金回転期間を見直してみるといいでしょう。
売掛債権を回収するまでに平均よりも期間がかかってしまっているならば、まずは売掛債権の管理状況から改善すべきです。
財務状況を良好に保っておくためにも、売掛金回転期間は常に把握しておくことをおすすめします!

PAGE TOP