社債による資金調達! そのメリットと注意点について

社債発行について知りたい人

企業を経営していくには、資金が必要です。そのため経営者が資金繰り、資金調達について頭を悩ませることも多々あるでしょう。資金調達の方法はいくつかありますが、その中のひとつに社債の発行があります。ここでは社債を使った資金調達方法について解説します。

社債とは?

社債とは債権の一種で、企業が資金調達のために発行する借用証書の一種です。社債には、借用金額、返済期日、利息が明記されています。ここでは、社債の特徴について紹介します。

複数の個人、団体から調達が可能

複数の投資家からの資金調達が可能です。以前は大口の投資家向けに発行する社債が大半でしたが、最近では個人向け社債と呼ばれる、個人投資家向けに発行する社債も増えています。

多額かつ長期

金融機関を間に挟まず、投資家から直接資金を調達できます。多くの投資家を募集できるため、うまくいけば多額の資金調達が可能です。また投資家の賛同を得ることができれば、長期的な借り入れも可能です。

コストが確定

あらかじめ利息の額を社債の中で明記するため、コストが確定しています。その後の公定歩合がどのように変化しても、支払額が確定しているので返済計画には影響がありません。

償還がある

投資家にとって社債購入は、企業にお金を貸す行為に相当します。償還期限を迎えれば元本である購入額がほぼ確実に返済されることから、投資家からみればリスクが少ないです。よって、企業にとっては資金調達をしやすいといえます。

株式との違い

社債と株式との違いについて説明します。

分配可能額

株式の配当の有無は、分配可能額によって決まります。法的に定められている分配可能額を算出し、配分可能な資金があれば投資家に分配します。この資金がなければ、配当金が発生しないこともあります。社債の場合、分配可能額にかかわらず、利息の支払いや償還をしなければなりません。発行体が存続する限り、償還や利息の支払い義務は基本的に継続します。

経営に参加する権利の有無

株式購入は出資に相当し、株式会社の一部を保有することと同義です。このため、株式を購入した投資家に対して、株主総会などに出席して会社の経営について発言する権利を与えることとなります。一方、社債は貸付です。社債の購入には、会社の経営方針などに対して意見するような権利は伴いません。

社債の種類

社債の種類について説明します。

普通社債

ストレートポンド(SB)とも呼ばれる社債です。満期までの期間を定め、それまでの間はあらかじめ定めた期日がくるたびに、投資家に対して一定の利息を支払います。社債の中では、最もオーソドックスな仕組みです。基本的に信用力のない社債であればあるほど、利息も高くなります。

新株予約権付社債

文字通り、新株予約権を付与した社債です。新株予約権付社債を購入した投資家によって新株予約権が行使されると、社債分の金額は株式を取得するために払い込まれたものとしてみなされます。新株予約権が行使された場合に発行する株式数と行使できる期間については、新株予約権付社債発行時に定めます。

劣後債

普通社債に比べて元本と利息の支払いの順位が低い社債です。もし発行した企業が倒産した場合、投資家は一般の債権者より、債権の回収が後回しにされます。投資家にとっては損失を被るリスクが高い債権です。その一方で通常の債券と比較すると高金利に設定されているため需要はあります。

永久債

こちらは満期を設定しない社債です。つまり償還の規定はなく、発行体が存続する限り利息を支払い続けます。償還は発行体の任意で行われ、投資家からは要求できません。長期の運用に耐えられるほどの高い信用力を持つ企業でなければ、投資家からも敬遠される可能性がある社債です。

社債発行の手続き

社債発行の手続きについて説明します。

社債発行の決定

社内で取締役会などを開催して、社債の発行を決定します。

募集事項の決定

募集社債の総額、各社債の金額、利率、返済期日と支払方法、払込金額、払込期日、社債券を発行するか、記名式にするか、社債管理者が無制限で裁判を起こせるかといったことを決めます。

募集社債の申込み

社債を購入してくれる投資家の募集を行います。このとき上で紹介した条件で通知を行います。投資家はその通知に同意すれば、氏名、住所、引き受ける社債の数、金額などを書面に記載して発行体に提出し申し込みます。

募集社債の割当て払込み

投資家から申し込みを受け付けると、それぞれの投資家に対して社債をどのくらい引き受けてもらうかを決めます。割り当てが決まれば、その旨を投資家に通知します。その後、投資家から割り当てられた債権に相当する金額が支払われ、社債の発行手続きは完了します。

資金調達が必要になったときは、社債の発行を検討してみても良いでしょう。もし、売掛債権があればファクタリングも有効な資金調達方法です。ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことで現金が手に入る資金調達サービスです。審査も簡単で、即日対応、翌日の現金化が可能です。融資ではないので、極めてハードルの低いリスクの少ない資金調達手段です。

サイトマップ