期日現金とは?メリットとデメリット解説

期日現金は、振り込みとは似て非なるものであり、債権者にとってはあまりメリットのない決済方法とされています。また、その名の通り支払い期日が来なければ入金されない期日現金ですが、ケースによっては期日前に資金調達が可能な方法があるということをご存知でしょうか?この記事では、そんな期日現金と振り込みとの違いやメリット・デメリット、期日前に資金を調達する方法などを徹底解説していきます。

期日現金とは?

期日現金の基本

期日現金とは、決められた日に現金を銀行へ振り込むという取引の形で、信用取引の基本的な手段になります。
また、期日現金は本来の手形の期日に約束手形を発行せず、現金による取引となりますが、実際にも手形と同じ効果が望めます。

期日現金と振り込みの違い

期日現金および振り込みは、取引のしかたこそ一緒であるものの、締め日にそれぞれ特徴があります。
比較すると期日現金のほうが締め日は長く、基本的に期日現金の締め日は「90日後や120日後」などが一般的となっています。

期日現金のメリット・デメリット

メリット

手形発行による経費を節約できる

期日現金は、手形発行に伴う印紙税や手形管理費などを削減する事ができます。そのため、大企業を中心に、手形から期日現金に変更する企業が増えているのです。
また、銀行に当座勘定がなくても利用することができるという利点もあります。

デメリット

資金化や回し手形として支払いに当てられない

期日現金は金融機関で割り引いたり、回し手形として支払いに当てたりすることができません。
通常手形は、裏書譲渡することにより第三者へ譲渡し、資金化することができますが、期日現金の場合はこれができません。

ファクタリング会社を利用した対応策

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、売掛債権の支払保証や買取りを引き受けるサービスです。
期日現金を手形のように現金化する手法であり、支払期日を待たずとも資金を手元に確保することができます。

ファクタリングの方法

ファクタリングを利用する際、ファクタリング会社に対して手数料を支払う、または期日現金を割引売却することで資金を調達することができます。

ファクタリング会社を利用するメリット

1.期日以前に資金を調達できる

ファクタリング会社を利用すれば、期日以前でも手数料を払えば代金を受け取ることができます。
急な支出などがあって期日まで待てないといった事情に対応できるため、利便性が良いです。

2.債権の早期回収が図れる

ファクタリングは、債権の早期回収を図る事ができます。
申し込みを行えば、最短ならば即日で代金を受け取ることができるため、手形割引と同じ効果が得られるでしょう。

期日まで待てない場合はファクタリングで早期現金化しよう!


期日現金は、締め日が90日や120日と長めです。
そのため、中には資金繰りの悪化などが原因となり、支払期日よりも前に現金が必要となることがあります。
このような場合には、ファクタリングの利用をすることをおすすめします。
ファクタリングは、銀行等と比較をすると手続きが比較的簡単なだけでなく、即時現金化できます。
今すぐにでも資金が必要となった場合は、ファクタリングでの調達を検討しましょう!

サイトマップ