資金調達の方法のひとつ! シンジケートローンとは?

シンジケートローンについて知りたい方

事業者にとって、資金繰りは頭痛のタネになることもあるでしょう。資金調達の方法をできるだけ多く知っておくと、資金繰りも円滑に進められるはずです。資金調達方法の一つに、シンジケートローンがあるのをご存知ですか。ここではシンジケートローンについて、深く掘り下げていきます。

シンジケートローンとは?

シンジケートローンを聞いたことがない方に概要を簡単に説明すると、複数の金融機関が連携して融資を行う手法です。複数の金融機関がシンジケート団と呼ばれるグループを結成して、「Aからいくら、Bからはいくら」というようにそれぞれ分担して資金融資を行います。見た目は社債発行に似ているかもしれません。参加金融機関を幹事金融機関が募集しているのも一緒です。しかし社債発行の場合出資の形をとる一方で、シンジケートローンはあくまでも資金融資であり、後々返済義務が発生します。

シンジケートローンの契約~運用までの流れ

シンジケートローンの契約~運用までの流れをお伝えします。

募集~契約締結

幹事金融機関をアレンジャーといいます。このアレンジャーがシンジケート団に参加してくれる貸付金融機関を募集します。この時に契約条件を決めるのもアレンジャーの役割です。そして参加すると手を挙げた金融機関と契約締結のための手続きを進めていきます。アレンジャーがシンジケート団に対して貸し付けを行うという条件で契約するのが日本では一般的です。

資金決済に関する事務の取りまとめ

契約締結をしたら、各貸付人の代理人であるエージェントが事務の取りまとめを担当します。この作業は多岐にわたり、契約期間中の借入人と貸付人の通知のための取次、元利金の受払における決済の取り決めなどが含まれます。ちなみに借入人はエージェントに対する手数料も返済の際に負担しなければなりません。

シンジケートローンのメリット

シンジケートローンのメリットを紹介します。

金融機関取引の強化

シンジケートローンによる資金調達を行う大きなメリットは、金融機関とより親密な取引ができるところです。上で紹介したようにシンジケートローンは一つの金融機関ではなく、複数の金融機関から融資を引き出す手法です。つまりいろいろな金融機関と取引できるようになり、今後の資金繰りの選択肢を増やせます。例えば1億円の融資を希望した場合、一つの金融機関から1億円を借りるのは難しいかもしれません。しかし、もし4つの金融機関と取引があれば、それぞれ2,500万円ずつ借入して資金調達もできます。融資金額が1/4になれば、金融機関も融資しやすくなるでしょう。機動的に資金調達が行え、資金繰りがぎりぎりで行われる危険性を排除できます。

財務体質の改善

財務体質を強化できるのも、シンジケートローンのメリットの一つといえます。バランスシートのスリム化を実現できますし、借入長短比率の是正など返済条件を自分たちにとって有利なように柔軟に設定できます。返済計画が無理のないものになるでしょう。また複数の金融機関から融資を受けるにあたって、取引条件を原則一元化できるのもシンジケートローンのメリットです。例えば金利が他と比較して高めでなかなか申込できなかった金融機関でも、ほかと同じ金利条件で融資してくれるかもしれません。結果的に利息支払いの負担を軽減できます。

財務・経理業務の効率化

財務や経理の業務も効率化できます。融資に関する交渉窓口は基本的にアレンジャーに一本化できます。複数の借入先があっても、いちいちそれぞれの金融機関に出向く必要はありません。条件交渉もアレンジャーと行って、話がまとまればシンジケート団にすべて統一されるので、交渉のわずらわしさから解放されます。資金決済や期中管理などの事務負担も、一本化することによって大きく軽減できるでしょう。

シンジケートローンの注意点

このように資金調達するにあたって魅力的なシンジケートローンですが、注意すべきこともあります。それは通常の銀行融資と比較して、審査が厳しくなる傾向にあるという点です。シンジケートローンの場合、複数の金融機関が協議して、融資をするかどうか判断します。ということは逆の言い方をすれば、参加するすべての金融機関が融資に同意できるほどの高い信用力が要求されることになります。中小企業をはじめとして、あまり今までに実績のない企業においては、シンジケートローンを利用して資金調達するのは難しいかもしれません。しかしこれも見方を変えれば、もしシンジケートローンで資金融資できれば、複数の金融機関が皆さんの事業の実績を高く評価している証にもなります。

設備投資をはじめとして、時に多額の資金調達が必要な場面に出くわすことがあります。その際、資金の全額を一つの銀行から融資してもらうのは難しくても、複数の金融機関に分けて融資を受けるのであれば可能かもしれません。審査が厳しいなどの注意すべきポイントはありますが、資金調達の方法として必要に応じてシンジケートローンの導入を検討してみてはいかがですか。もし売掛金があれば、ファクタリングも有効な資金調達方法です。ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことで現金が手に入る資金調達サービスです。審査も簡単で、即日対応、翌日の現金化が可能です。融資ではないので、極めてハードルの低いリスクの少ない資金調達手段です。

サイトマップ