ファクタリングの基礎知識|資金調達コラム

ファクタリングは違法? 法的に問題ないことを解説

企業が運転資金などの資金調達を行う方法の1つとして、売掛金を売却して買い取り金額の入金を受けるファクタリングがあげられます。このファクタリングについて、経営者は貸金に該当するのではないか、またそうであれば諸々の法律に抵触するのではないかといった危惧を抱くこともあるでしょう。

しかし、ファクタリングは基本的に法律の適用が認められるものであり、正しく手続きを取る分には違法にはあたらないのです。今回は、ファクタリングと法律について詳しく解説します。

続きを読む

ABLとファクタリングの違いとは?

企業が資金調達を行う際の方法として、ABLとファクタリングの2つの手法が語られることがあります。この2つの方法は共通点も多いですが、基本的なところに大きな違いがあるのです。では、ABLとファクタリングには具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

続きを読む

悪徳ファクタリング会社の詐欺を見破る方法

ファクタリングは、企業が資金調達を行うにあたって有効な手段です。企業は売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらい、売掛債権に該当する金額から手数料を差し引いた金額を現金化できます。しかし中には、詐欺まがいの手法を使う悪徳ファクタリングが存在するのです。こちらでは、企業が悪徳ファクタリング会社、優良ファクタリング会社の見分ける方法などを紹介します。

続きを読む

飲食店経営の基本! クレジットカード売掛金の仕訳と会計処理

クレジットカードは、キャッシュレスで商品やサービスを利用できる便利なものです。多くの人が1枚は持っているクレジットカードですが、さまざまな店舗で導入されており、飲食店でもクレジットカード払いを利用できるのが普通になってきました。そのため、これからクレジットカードの導入を考える飲食店経営者も多いのではないでしょうか。今回は、飲食店でクレジットカードを導入したときの会計処理などについて説明します。

続きを読む

売掛金の残高がマイナスになる原因と対処法

企業が商品やサービスなどを取引先に提供した際、その分の代金を後払い処理にすると売掛金が発生します。この売掛金の残高について、経理処理上でマイナスになってしまったとき、何らかのミスが起こっている可能性が大きいです。では、売掛金の残高がマイナスになったときにはどのようなケースが考えられるのでしょうか。

続きを読む

1 / 712345...最後 »
PAGE TOP