見積依頼

ファクタリングは違法でやばい?優良なファクタリング会社の選び方を解説

ファクタリングは違法でやばい?優良なファクタリング会社の選び方を解説

ファクタリングの基礎知識

「ファクタリングって違法なの?」
「ファクタリングがやばいと言われる理由を知りたい」

ファクタリングが気になるものの、利用に不安を感じているのではないでしょうか。

実際に「ファクタリングはやばい」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

しかし、ファクタリング自体に違法性はなく、経済産業省も推奨している方法です。

本記事では、最初にファクタリングとは何かを説明した後、やばいと言われる理由、悪徳業者の見分け方、ファクタリングを利用するメリットについて解説します。

最後に、おすすめのファクタリングサービスも紹介するので参考にしてください。

ファクタリングについて詳しくは「【図解】ファクタリングとは?仕組みや種類・注意点を簡単に解説!」の記事をご覧ください。

目次

1.ファクタリングはやばいサービスではない!やばいと言われる理由とは

話し合いをしている様子

ここまで説明したように、優良のファクタリングは違法性もなくやばい資金調達方法ではありません。

しかし、一部でやばいと噂されているのも事実です。

本章でその理由について解説していきます。

1-1.やばいと言われる理由1:免許・登録なしで営業できるため

貸金業者が融資を行うには登録が必要ですが、ファクタリングサービスを始める際は免許や登録が不要です。

ファクタリングビジネスは誰でも気軽にスタートしやすいため、やばいと思われている可能性があります。

1-2.やばいと言われる理由2:法律が整備されていないため

貸金業者は貸金業法、利息制限法、出資法などを遵守する必要がありますが、ファクタリングを規制する法律はありません。

利用可能額や手数料などの条件はファクタリング会社が自由に設定できるため、ファクタリングはやばいという印象があるのでしょう。

1-3.やばいと言われる理由3:売掛金から手数料が差し引かれるため

ファクタリングを利用するには、ファクタリング会社に手数料を支払わなければなりません。

期日まで待てば売掛先から売掛金を受け取れるにもかかわらず、ファクタリングを利用することによって目減りするため、印象が悪くなっている可能性があります。

1-4.やばいと言われる理由4:悪徳業者による詐欺が横行しているため

金融庁が注意喚起しているものの、優良のファクタリング会社を装って詐欺などの犯罪行為をする悪徳業者が存在します。

そのような悪徳業者によって、ファクタリング全体がやばいと思われているのかもしれません。

ファクタリングを利用する際は、悪徳業者をきちんと見極める必要があります。

2.やばいファクタリング会社とは?悪徳業者の見分け方を解説

書類を確認する男性

要するにやばいファクタリング会社とは悪徳業者のことです。

ここでは、悪徳業者を見分ける方法について解説していきます。

2-1.手数料が相場と違いすぎる

2者間ファクタリングの手数料相場は8%〜18%、3者間ファクタリングで2%〜9%です。

相場よりも高すぎる、または低すぎる場合は悪徳業者の可能性があります。

手数料が高すぎる場合は分かりやすいでしょう。

利用者にとって不利な契約が前提になっている可能性があります。

逆に手数料が低すぎる場合も気を付けてください。

悪徳業者は「契約直前に手数料を上げればいいから、まずは低い手数料で人を集めよう」と考える傾向があるからです。

2-2.見積書や契約書を見せてくれない

優良なファクタリング会社に対しては、見積書や契約書などを提示したうえで、書面によって契約を締結するのが基本です。

しかし悪徳業者は資料を提示しなかったり、内容が不明瞭だったりという場合が多いでしょう。

そのため、ファクタリングの契約段階で資料が揃っているかどうかを疑うことが大切です。

2-3.償還請求権ありの契約を締結しようとする

償還請求権とは、債務の責任範囲を限定することなく、金銭債権などを全額請求できる権利です。

要するに費用の返還を求める権利と言えます。

利用者がファクタリング会社と「償還請求権あり」の契約を結ぶと、売掛先の倒産などで売掛金を受け取れなかった場合でも支払わなければなりません。

一方、「償還請求権なし」であれば、利用者は支払う必要がありません。

ファクタリングは基本的に「償還請求権なし」の契約です。

「償還請求権あり」の場合は悪徳業者の可能性が高いので注意しましょう。

2-4.不審な対応をとる

理由なく不審な対応をとる担当者がいる場合は注意が必要です。

頑なに対面でのやり取りを拒んでいる場合、「悪徳業者だから利用者に顔を見られたくない」と考えている可能性があります。

「電話やメールの対応が何となく怪しい」と思った場合も、違法業者を疑うほうが賢明です。

2-5.会社が存在していない

ホームページに会社の住所が記載されていなかったり、架空の住所が使われていたりする場合は悪徳業者の可能性が高いです。

まずはネットで住所を検索し、建物が存在するかどうかを確かめてみてください。

存在する場合も架空の可能性があるため、建物への問い合わせや、実際に足を運んで確認することをおすすめします。

2-6.「分割返済ができる」と謳っている

ファクタリングは原則、売掛金を一括でファクタリング会社に支払う仕組みです。

分割返済は貸し付けとみなされ、貸金業者の登録がなければ貸金業法違反に該当します。

それにもかかわらず、「分割返済可」と謳っている場合は悪徳業者として疑うほうがよいでしょう。

2-7.継続取引を求めてくる

前述の通り、売掛金を売却して資金を受け取る仕組みがファクタリングです。

同じ売掛金を何度も売却することは難しいため、しつこく継続取引を求められた場合は注意してください。

悪徳業者の可能性が高いです。

悪徳業者について詳しくは「ファクタリング会社に悪徳業者はいる?手口の事例や見分け方を解説 」の記事をご覧ください。

3.ファクタリングを利用するメリットとは

ビジネスマンと仕事アイコン

ファクタリングサービスを利用する3つのメリットを解説するので参考にしてください。

3-1.スピーディーに資金調達できる

ファクタリングによって売掛金の本来の期日前に資金を調達できます。

利用するファクタリング会社や状況によっては最短即日の入金も可能です。

したがって、すぐに資金繰りを改善したい場合や、新たなビジネスの機会を捉えたい場合におすすめです。

3-2.未回収リスクを回避できる

前述の通り、原則ファクタリングには償還請求権がありません。

そのため、利用者はファクタリング会社に売掛金を売却後、万が一売掛先から支払われない状態になっても責任を負わないというメリットがあります。

3-3.借入金を増やさずにすむ

ファクタリングは売掛金の売却であり、借入金に該当しません。

そもそも売掛金は資産として扱われます。

結果的に財務諸表を汚さずにすむため、金融機関から融資を受けやすくなるという効果が期待できます。

4.違法性がなく安全に利用できるファクタリング会社の特徴とは

握手するビジネスマン

違法性がなく、安心して申し込めるファクタリング会社の特徴を解説します。

主な5つのポイントを押さえてください。

4-1.相場程度の手数料が設定されている

先ほど解説したように、ファクタリングの手数料が相場よりも高すぎる、または低すぎるのは悪徳業者の兆候かもしれません。

逆に言うと、相場程度の手数料が設定されていれば、優良なファクタリングの可能性が高いです。

そのため、複数のファクタリング会社を比較して見極めましょう。

4-2.債権譲渡契約について明記された契約書を提示してくれる

ファクタリングは金融機関の融資ではなく、売掛金の売却による債権譲渡に該当します。

したがって、優良なファクタリング会社であれば、契約書に債権譲渡に関する記述があります。

ファクタリング契約を締結する前に必ず契約書の内容を確認してください。

4-3.契約書に怪しい箇所がない

契約書に曖昧な表現がないなど、簡潔で分かりやすいかどうかもポイントです。

先ほど説明した債権譲渡に関する記載だけでなく、手数料が明確かどうかもチェックしてください。

契約書に不明点がある場合は担当者に質問しましょう。

しっかり回答してもらえるようであれば、優良なファクタリング会社の可能性が高いと言えます。

4-4.実績が豊富にある

一般的に実績豊富なファクタリング会社は信頼できます。

公式ホームページで運営歴の長さや実績を確認してみてください。

実績があれば、それだけ利用者の支持が厚いと予測できます。

累計取引者数や累計買取額も実績に含まれるので、合わせて確認しましょう。

4-5.会社の情報が公開されている

優良なファクタリング会社であれば、公式ホームページやパンフレットで自社に関する詳細な情報を公開しています。

会社名、代表者名、住所、設立年、実績、連絡先(電話番号・メールアドレス)が載っているかどうかを確認してみてください。

ただし、詳細な情報が掲載されている場合も、架空の会社名や住所という可能性があります。

前述したように会社の所在地を検索したり、SNSで利用者の感想を調べたりするとよいでしょう。

5.やばいファクタリング会社を避けよう!おすすめの相談先5選

書類に印鑑を推そうとしている手

ファクタリングサービスのおすすめ相談先を紹介します。

5-1.ビートレーディング

ビートレーディングの特徴は以下です。

入金スピード最短2時間
手数料2%~
利用可能額下限上限なし                       
主な契約の種類2者間
3者間
個人事業主
主な必要書類通帳のコピー(表紙付き、2か月分)
売掛金に関する資料(請求書・契約書など)
サポート対応お問い合わせフォーム(24時間受付)
電話(平日9時30分~18時)
運営会社株式会社ビートレーディング
公式HP詳しく見る

ビートレーディングは手軽かつスピーディーに資金調達できるファクタリング会社です。

2者間ファクタリング、3者間ファクタリングの両方に対応しており、個人事業主でも利用できます。

2023年9月時点の累計取引者数は5.2万社累計買取額1,170億円月間契約件数1,000件と実績豊富なファクタリング会社でもあります。

5-2.日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構の特徴は以下です。

入金スピード最短3時間
手数料1.5%~
利用可能額下限上限なし                       
主な契約の種類2者間
3者間
個人事業主
主な必要書類通帳のコピー(表紙付き、3か月分)
売掛金に関する資料(請求書・契約書など)
サポート対応お問い合わせフォーム(24時間受付)
電話(平日9時30分~18時)
運営会社一般社団法人日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構は支援総額113億、対応業種27種、取引件数4,800社と実績豊富な一般社団法人です。

財務局長および経済産業局長から認定を受けた経営革新等支援機関ということもあり、安心かつ信頼性が高いでしょう。

手数料の低さも魅力です。

5-3.ペイトナーファクタリング

ペイトナーファクタリングの特徴は以下です。

入金スピード最短10分
手数料10%~
利用可能額~100万円 (初回利用時は最大25万円)                  
主な契約の種類2者間
個人事業主
主な必要書類請求書
入出金明細
本人確認書類(運転免許証・マイナンバーカード・パスポート・住基カード)
サポート対応お問い合わせフォーム(24時間受付)
運営会社ペイトナー株式会社

ペイトナーファクタリングは個人事業主・フリーランス向けのサービスです。

事業計画書などの書類提出は不要、最短10分で入金というメリットがあります。

5-4.QuQuMo

QuQuMoの特徴は以下です。

入金スピード最短2時間
手数料1%~
利用可能額下限上限なし
主な契約の種類2者間
個人事業主
主な必要書類請求書
通帳
サポート対応メール(24時間受付)
電話(平日10時~17時)
運営会社株式会社アクティブサポート

QuQuMoはオンライン完結でスピードを追求した2者間のファクタリングサービスです。

手数料の低さと入金までの早さに定評があります。

必要書類が少ないという点もメリットと言えます。

5-5.BestFactor

BestFactorの特徴は以下です。

入金スピード最短即日
手数料2%~
利用可能額30万円~1億円
主な契約の種類2者間
3者間
個人事業主
主な必要書類通帳(Web通帳可)
請求書・見積書・基本契約書(取引先との契約関連書類)
本人確認書類(免許証・パスポートなど)
サポート対応お問い合わせフォーム(24時間受付)
電話(平日10時~19時)
運営会社株式会社アレシア

BestFactorは最短即日で資金化できるファクタリングサービスです。

最短24時間以内で入金のスピード審査、最低手数料2%、平均買取率92.2%という魅力があります。

注文書ファクタリングにより、仕事開始前でも資金化できるという点もメリットでしょう。

6.まとめ

立ち並ぶビル群

本記事では「ファクタリングはやばい?」をテーマに解説しました。

ファクタリングに違法性がない根拠として、
・民法第466条
・経済産業省の公開資料
があります。

それでもファクタリングがやばい言われる理由として、
・免許・登録なしで営業できる
・法律が整備されていない
・売掛金から手数料が差し引かれる
・悪徳業者による詐欺が横行している
が挙げられます。

やばいファクタリング会社の特徴は以下です。
・手数料が相場と違いすぎる
・見積書や契約書を見せてくれない
・償還請求権ありの契約を締結しようとする
・不審な対応をとる
・会社が存在していない
・「分割返済ができる」と謳っている
・継続取引を求めてくる

また、ファクタリングを利用するメリットには以下が挙げられます。
・スピーディーに資金調達できる
・未回収リスクを回避できる
・借入金を増やさずにすむ

安全に利用できるファクタリング会社の特徴は以下です。
・相場程度の手数料が設定されている
・債権譲渡契約について明記された契約書を提示してくれる
・契約書に怪しい箇所がない
・実績が豊富にある
・会社の情報が公開されている

おすすめの相談先には、
・ビートレーディング
・日本中小企業金融サポート機構
・ペイトナーファクタリング
・QuQuMo
・BestFactor
があります。

実際にファクタリング会社を選ぶ際は、実績を重視するとよいでしょう。

本文で記載したように、ビートレーディングは累計取引者数5.2万社、累計取引額1,170億円、月間契約件数1,000件(2023年9月時点)という実績があります。

お客様のニーズに合わせて柔軟に対応いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

株式会社ビートレ―ディングのロゴ

監修者

株式会社ビートレーディング 編集部編集長

筑波大学大学院修士課程修了後、上場企業に勤務。不動産ファンドの運用・法務を担当した後、中小企業の事業再生や資金繰り支援を経験。その後弊社代表から直々の誘いを受け、株式会社ビートレーディングに入社。現在はマーケティング・法務・審査など会社の業務に幅広く携わる。

<保有資格>宅地建物取引士/貸金業務取扱主任者