資金調達に困ったら!ファクタリングを利用する8つのメリット

ファクタリングは、売掛金を業者に売却することにより、早期現金化できる金融サービスです。銀行融資と比べて資金調達スピードが早いため、近年利用者が増えています。今回は、ファクタリングのメリット・デメリットを分かりやすく解説します。

ファクタリング8つのメリット

まず、こちらはファクタリングと銀行融資の違いをまとめたものです。

ファクタリング 銀行融資
資金調達までの日数 最短即日~3日 1ヶ月程度
手数料・金利 2~20%前後(内容により変動) 2~9%前後
保証人・担保 不要 必要
赤字・税金滞納中の利用 可能 不可
審査で重視する会社 売掛先 利用会社
信用情報への影響 なし あり
調達可能な金額 売掛金の範囲内 融資上限額によって異なる
戻し方・返済方法 一括 分割

それぞれ詳しく説明していきます。

①最短即日で資金調達が可能

2社間ファクタリングは、申し込みから資金調達まで最短即日で行うことが可能です。

これはファクタリング最大のメリットと言っても、過言ではありません。

一方で3社間ファクタリングでは、2社間ファクタリングと比べると手続きに時間がかかるため最短2日程かかります。

とはいえ、資金調達まで1ヶ月ほど要する銀行融資と比較すると、調達スピードは圧倒的に早いと言えます。

即日で資金調達をするポイントについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

ファクタリングで即日資金調達するための4つの手順と気を付けるべきこと

②売掛先とこれまでの取引を続けながら利用できる

2社間ファクタリングでは、お客様とファクタリング会社の2社間で契約を行います。

つまり、売掛先の承諾を得る必要がありません

売掛先の多くは大企業であるため、売掛先からファクタリング利用の承諾を得てしまうと「あそこは資金繰りが危うい」と思われて、その後の取引に影響が出てしまう可能性があります。

しかし、2社間ファクタリングであれば、これまでどおりの取引を続けながら利用することができるため、ビートレーディングでも多くのお客様が利用しています。

③信用情報に影響がない

ファクタリングは、借入ではなく売掛金の売買契約となるため、信用情報に一切影響がありません

また、会計上も負債には分類されないため、決算書において赤字が増えることもありません。

例えば、つなぎ資金として銀行融資の審査中にファクタリングを利用しても、審査に影響が出てしまう心配はありませんので、ご安心ください。

④赤字・税金滞納などがあっても利用できる

ファクタリングの審査では、お客様ではなく、売掛先の与信を重要視しています。

そのため、お客様ご自身に赤字や税金滞納があっても、ファクタリングを利用することができます。

しかし、例えば税金滞納額が多い方や、何度か金銭トラブルを起こしたことがある方は、お金の扱いが「雑」だと思われてしまうかもしれません。

その場合、手数料が高くなったり、審査に通りにくくなってしまう可能性があるので、注意が必要です。

⑤売掛先が倒産しても、支払い義務は発生しない

万が一、売掛先が倒産したとしても、お客様に支払い義務は発生しません

これは償還請求権が適応されないためで、ノンリコースとも呼ばれています。

売掛金を早期に現金化することにより、売掛先の倒産リスクを回避できるという考え方もできます。

※償還請求権とは
売掛先の倒産などにより金銭を回収できなかった場合、ファクタリングを利用している会社に、その分の金銭の返還を求めることが出来る権利のこと

⑥保証人や担保が不要

銀行融資では必須の保証人や担保ですが、ファクタリングでは一切不要になります。

不動産の価値は年々低下していますし、そもそも中小企業では不動産担保が乏しいことも少なくないため、これらが不要であることは大きなメリットだと考えられます。

⑦審査は柔軟な対応が可能

ファクタリングは売掛金の売買契約になるため、銀行融資と比べて柔軟な審査が可能です。

例えば、

  • 売掛金は実在するものであるか、虚偽ではないか
  • 売掛先からは、毎月決まった期日に入金があるか
  • 売掛先の与信は十分であるか

といった内容を審査しています。

前述したように、ファクタリングはお客様ご自身ではなく、売掛先の与信を審査しています。

そのため、銀行融資を断られてしまった場合でも、ファクタリングであれば利用できる可能性があります。

また、ファクタリング会社によっては、個人事業主のお客様でもファクタリングを利用できます

これは、ファクタリングが売掛先の与信を重要視しているためです。

お客様ご自身が個人事業主であっても、売掛先が大きな企業であったり長期の取引があり信頼できる会社であれば、ファクタリングを利用できる可能性が高いです。

⑧借入をせずに資金繰りの改善ができる

すでに説明したように、ファクタリングは借入ではなく、売掛金の売買契約です。

調達金額は売掛金の範囲内になりますので、借入をしすぎて返済に窮するリスクを抑えることができます。

また、銀行融資の予定がある場合は、信用情報にデータが残らない方が良いですね。

このように、借入をしないで資金繰りの改善ができることは、大きなメリットであると考えられます。

ファクタリングにはデメリットもある

「即日で資金調達ができて、信用情報にも影響がない・・・」

良いことづくしに思えるファクタリングにも、デメリットはあります。

こちらも詳しく見ていきましょう。

①他の資金調達方法と比べて手数料が高い

ファクタリング以外の主な資金調達方法の金利は、以下になります。

  • 銀行融資     2~9%前後
  • 日本政策金融公庫 1.0%~3.0%

一方、ファクタリングは借入ではありませんので、利用時には金利ではなく手数料が発生します。

手数料の相場は、

  • 2社間ファクタリングで平均10~20%前後
  • 3社間ファクタリングで平均2~9%

となっています。

2社間ファクタリングでは、売掛金の入金日にお客様ご自身でファクタリング会社に送金します。

よって、他の支払いに使用してしまうなどのリスクがあるため、手数料も高く設定されています。

ファクタリングの手数料について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

ファクタリングの手数料相場はどのくらい?手数料をおさえる方法とは

②3社間ファクタリングの場合は売掛先の承諾が必要

3社間ファクタリングは、売掛先も含めた3社間で契約を行います。

3社間の場合、売掛金の入金を直接ファクタリング会社の口座に変更してもらう必要があるため、売掛先の承諾が必要となります。

一方で、2社間ファクタリングより手数料を抑えることができます。

そのため、売掛先との信頼関係が築けている場合は、3社間ファクタリングの検討をおすすめします。

③売掛金の範囲内でしか資金調達ができない

ファクタリングは、売掛金をファクタリング会社に売却して早期現金化する調達方法であるため、売掛金の範囲内でしか資金調達できません

ですので、希望金額が売掛金を上回ってしまう場合は、銀行融資やビジネスローンと併せてご利用することをおすすめします。

④分割返済ができない

ファクタリングは借入ではないため、売掛金の入金日に一括でファクタリング会社に送金する必要があります。

ファクタリングでは例外なく、全額一括送金が基本ルールとなります。

なぜなら、分割返済であると貸金に該当してしまうためです。

もし一括返済が難しい場合は、こちらも銀行融資やビジネスローンと併せてご利用いただくことをおすすめします。

⑤債権譲渡登記が必要な場合もある

債権譲渡登記とは、債権譲渡をするときに債権を譲渡したことを法務局に申請し、債権者が誰なのか明らかにするための制度です。

ファクタリング利用時に、この債権譲渡登記を求められる場合があります。

利用するお客様としては、もし売掛先が登記を確認した場合、経営状況が危ういのではないかとの不信感を与えるとのデメリットがあります。

心配な場合は、各ファクタリング会社に債権譲渡登記が必要なのかどうか聞いてみることをおすすめします。

ファクタリングの利用タイミングを見極めることも必要

ご紹介したように、ファクタリングには手数料がかかるなどのデメリットもありますが、

  • 最短即日で資金調達できる
  • 信用情報に影響がない
  • 保証人や担保が不要

といった、銀行融資には無い大きなメリットがあります。

デメリットを単純に悪い点として捉えるのではなく、そのときの状況に応じて、調達スピードと利用コストとの優先順位を考える必要があると思います。

ビートレーディングでは、

  • ひとまず分からないところだけ聞きたい
  • ファクタリング継続か他の資金調達方法かについて、相談したい

といったお問い合わせにも対応させていただいております。

専任のオペレーターが丁寧に対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

サイトマップ