【必見】ファクタリングの審査はポイント4つ!銀行融資と徹底比較

の債権譲渡禁止特約とは?

ファクタリングは、急に資金が必要となった場合に売掛金を売却することにより早期に資金化できるサービスです。
しかし、初めて利用を検討する場合、以下のような疑問や不安を持つ方も多くいらっしゃるかと思います。

 

「ファクタリングを利用してみたいけど、審査はあるの?」
「銀行融資の審査とは何が違うの?」
「初めての利用で審査に通るか不安…」

今回はこのようなお悩みを持つ方に向けて、ファクタリングの審査についてご説明します。

お急ぎの方は、下記よりご相談ください。

簡単スピード見積り!

ファクタリングにも審査がある

ファクタリングを利用するためには審査が必要です。

契約後、仮に売掛先の会社から売掛金が支払われなかった場合、ファクタリング会社は貸し倒れのリスクを負うことになります。

そのため、ファクタリング会社はそういった事態を避け安全に取引を行うために、売掛金の内容や取引状況などを用いて審査を行ないます。

ファクタリングと銀行融資の審査基準を比較

ファクタリングはお金を貸し借りする取引ではないので、銀行融資とは異なる審査や取引の流れです。

それぞれの審査基準の違いを以下の表で比較してみました。

ファクタリング 銀行融資
売掛金と利用希望額のバランス 安定的な収入・返済能力の有無
売掛金の支払期日 事業計画書の内容や使用用途
売掛先の信用力 申込者の信用力
税金・社会保険料などの滞納の有無
他社からの借入状況や返済滞納の有無

一般的に銀行融資は金利が低いというメリットがありますが、その分審査が厳しく、「返済に問題がない」「資金が企業にとって必要」という条件を満たした上で、保証人か担保が必要です。

そのため、銀行融資までに時間がかるケースが多いです。

一方、ファクタリングは手持ちの売掛金があれば、銀行融資と比べて最短即日で資金調達できるファクタリング会社も多いので審査に時間がかからないことがメリットの一つと言えるでしょう。 

ファクタリングの審査ポイント4つ

ファクタリングの審査のポイントは下記4つです。

①売掛金とファクタリング利用希望額のバランス
②売掛金の市払い期日
③売掛先の信用力
④申込者の信用力

詳しく説明します。

①売掛金とファクタリング利用希望額のバランス

まず、ファクタリング利用会社の買取り希望の売掛金の額とファクタリングの利用希望額金額のバランスは重要です。

例えば、入金予定の売掛金が100万円の会社が、5,000万円のファクタリングの利用を申請してきたらどうでしょうか?

売掛金入金後も回収ができないことが予想されます。

ファクタリングは、ファクタリング会社に売掛金を売却して資金化する金融サービスのため、売掛金の金額以上は利用できません。

よって、お手持ちの売掛金の金額と利用希望額のバランスは必ず審査されます。

②売掛金の支払期日

ファクタリングの審査では、「売掛先から代金が回収できるか」が重要視されます。

支払日までの間隔が長くなるほど、その間に災害や経営悪化など万が一の事態が起こり支払い出来なくなるリスクが高くなります。

そのため、売掛金の支払日が遠いほど審査の通過が難しくなり、近ければ近いほど審査には有利になるでしょう。

③売掛先の信用力

 ファクタリングの審査では、売掛先の経営状況が大きく影響します。

売掛先の経営状況が悪化してしまうと売掛金の支払いが出来ず、ファクタリング会社が回収出来なくなるリスクがあるためです。

現時点の経営状況が良好でも、過去に金融事故や現在税金の滞納がある場合には信用性が低下し審査は厳しくなることがあります。

ファクタリング会社の審査における信用性には取引実績が大きく影響するので、取引実績の証明ができる書類を用意しましょう。

④申込者の信用力

 上述の通り、ファクタリングは売掛金を早期資金化するサービスのため、申込者の経営状況は実はそこまで重要ではありません

銀行融資の審査で断られてしまった方でも、ファクタリングを利用できる可能性があると言えます。

ここで判断される信用力とは、「嘘をついていないか」「売掛金が架空ではなくきちんと存在するか」などといった部分です。

また、面談時の対応や審査に必要な書類をしっかり準備することも気を付けましょう。

ファクタリングの審査で落ちてしまう理由3つ

ファクタリングの審査で落ちてしまう理由3つを紹介します。

①売掛金が譲渡不可

もし買取りを希望する売掛金に「譲渡特約禁止条項」が付いているのであれば、ファクタリング会社は買取ることができません。

そのため、「譲渡特約禁止条項」のついていない売掛金を利用しましょう。

②個人事業主への売掛金は契約不可

ファクタリング利用者は個人事業主であっても利用が可能ですが、売掛先が個人事業主である場合は原則契約ができません

個人事業主は、法人とは異なり、決算公告義務が無いので財務状況の判断が難しいことが主な理由です。

③支払期日までの期間が長い

売掛金の支払日までが長い売掛債権は、ファクタリング会社から買取りを拒否されてしまう危険があります。

支払サイトが長いとその分ファクタリング会社が回収出来ないリスクも高まります

また、審査に通過できたとしても手数料が高くなる可能性もあります。

複数債権がある場合、支払い期日までが短い債権を選ぶと審査に通る可能性が高くなるでしょう。

ファクタリングの審査に必要な書類

ファクタリングの審査基準や落ちてしまう理由がわかったところで、最後に審査に必要な書類についても説明します。

その他に、ファクタリング会社によって提出書類が異なりますが、基本的に下記3点の書類の提出が必要です。

① 売掛先からの入金が確認できる通帳のコピー
② 売掛金があることが確認できる成因証書(契約書・請求書など)
③ 申込者の本人確認書類

なお、契約時には別途書類が必要です。

ビートレーディングのファクタリング契約には下記4点の書類をご準備いただきます

・履歴事項全部証明書(1か月以内)
・ファクタリング利用会社と代表者の印鑑証明書
・ファクタリング利用会社と代表者の実印
・代表者の住民票

契約時と審査時に必要な書類を把握し事前にご準備いただければ、スムーズにご対応を進めることができます。

まとめ

ファクタリングは、銀行融資とは異なる基準で審査され、銀行融資の審査で断られてしまった方でも比較的利用しやすい資金調達方法です。

審査のポイントをしっかりとおさえ、準備して申し込みを行えば、審査の通過は決して難しくありません

ビートレーディングでは、他にもファクタリングについて詳しく知ることができる記事を掲載しておりますので、ぜひご覧いただければと思います。

少しでもご興味またはご不明点があればお気軽にお問い合せください。

簡単スピード見積り!

サイトマップ