見積依頼

土日でもファクタリングできる?おすすめの利用先まとめ

土日でもファクタリングできる?おすすめの利用先まとめ

ファクタリングの基礎知識

ファクタリングは土日でも利用できる可能性があります。ただし、実際にいつ入金されるかについては、ファクタリング会社や手続きの進捗によっても異なるため確認が必要です。

この記事では、土日にファクタリングを利用する方法を解説したうえで、土日の利用や申し込みに対応しているファクタリング会社を紹介します。土日にファクタリングを利用するうえでの注意点も解説するので、ぜひ参考にしてください。

ファクタリングについて詳しくは「【図解】ファクタリングとは?仕組みや種類・注意点を簡単に解説!」の記事をご覧ください。

1.結論:土日でも利用できるファクタリング会社はある

土日でも利用できるファクタリング会社はある

基本的に、金融機関は土日に営業していないため、ファクタリングの利用も難しいと考えている人が多いでしょう。しかし、ファクタリング会社のなかには、土日にも相談に応じているところがあります。週末に資金が必要になった場合、必ずしも諦める必要はありません。

ただし、土日のうちに入金まで完了できるファクタリング会社は少数です。土日に申し込めるファクタリング会社は複数存在するため、土日に手続きを済ませて休み明けに入金してもらうことは可能です。休み明けの入金を許容できれば選択肢も増えるので、より条件の合うファクタリング会社を利用しやすくなります。

2.土日にファクタリングを利用する方法を解説

土日にファクタリングを利用する方法を解説

土日にファクタリングを利用するには、具体的にどうしたらよいのでしょうか。以下で流れを詳しく解説します。

2-1.土日対応のファクタリング会社を探す

ファクタリング会社全体を見ると、土日に営業しているファクタリング会社は決して多くはありません。そのため、まずは土日に対応しているファクタリング会社を探しましょう。

たとえば、オンラインで24時間365日ファクタリングの相談を受け付けているところもあります。また、なかには相談や手続きのために曜日を問わず担当者が出張できるファクタリング会社もあります。土日のうちに入金まで完了できる可能性は高くないものの、土日で契約を済ませられれば休み明けすぐに資金を受け取ることが可能です。

ファクタリング会社を探すときは、土日に対応できる範囲についてもあわせて確認しましょう。

2-2.審査スピードが速いファクタリング会社を利用する

ファクタリング会社によって、審査のスピードは異なります。なるべく素早く審査できるファクタリング会社を選んだほうが資金調達はスムーズに進みます。審査スピードについては、ホームページに記載しているファクタリング会社が多いです。利用を検討しているファクタリング会社のホームページに審査スピードについての記載が見当たらない場合は、問い合わせてみましょう。

2-3.オンライン対応のファクタリング会社を探す

なるべく早く資金調達するには、オンライン対応のファクタリング会社がおすすめです。ファクタリング会社への訪問または担当者の出張対応などにより対面で書類をやり取りする必要があると、手続きに時間がかかります。特にファクタリング会社の所在地が遠方であれば、即日での契約は困難です。

オンラインに対応していてWeb上のやり取りだけで手続きが完了するファクタリング会社なら、書類がすべて揃い次第すぐに審査に応じてもらえます。

また、電子契約によりスピーディーに手続きを完了させられます。土日のうちの入金や月曜日の早い時間での入金を希望している場合は、オンラインで完結できるファクタリング会社を選びましょう。

オンライン型のファクタリングの仕組みやファクタリング会社について詳しくは「クラウドファクタリングとは?利用方法やメリット・デメリットを解説」の記事をご覧ください。

2-4.入金のタイミングが休み明けになる前提で相談する

土日にファクタリング会社が営業していても即日での入金が難しいのは、土日に銀行が営業していないからです。ファクタリング会社が入金の手続きをしても、銀行が処理するタイミングは休み明けとなります。よって、ファクタリング会社に対しては、基本的に休み明けの入金を前提として相談しましょう。

なかには、土日のうちに利用者が資金を手にできるようにしているファクタリング会社も存在します。ただし、それもあくまで最短の場合であり、状況によって審査や入金のスピードは変化します。土日に入金できる可能性があるファクタリング会社を選んでも、土日に資金を得られるという確約があるわけではないため、注意しましょう。

2-5.2者間ファクタリングに申し込む

ファクタリングでスムーズな入金を実現するには、2者間ファクタリングを選ぶ必要があります。2者間ファクタリングとは、ファクタリング会社と利用者が契約する方法です。契約に売掛先は関与しないため、ファクタリング会社と利用者が合意すればすぐにファクタリングによる資金調達を実現できます。

2者間ファクタリング以外には3者間ファクタリングもありますが、3者間ファクタリングは契約に売掛先も関与します。よって、ファクタリングの利用について売掛先から承認を得なければなりません。

ただし、ファクタリング会社にとっては、3者間ファクタリングよりも2者間ファクタリングのほうがリスクが高いです。そのため、2者間ファクタリングの手数料は高めに設定されている点に注意しましょう。

2者間ファクタリングについて詳しくは「2者間ファクタリングとは?メリット・デメリットとやり方・注意点を解説」の記事をご覧ください。

2-6.必要書類を事前に用意しておく

ファクタリングの必要書類は、事前に用意しておくと手続きがスムーズに進みます。一般的にファクタリングの手続きに必要な書類をまとめると、以下のとおりです。

・売掛先とやり取りした請求書、納品書、注文書など
・身分証明書
・登記簿謄本(法人のみ)
・決算報告書(確定申告書)
・売掛先との取引履歴の確認できる通帳
・売掛先との基本契約書

ただし、ファクタリング会社によって提出を求められる書類は異なる可能性があります。より少ない書類のみで手続きできる場合もあれば、他の追加資料が必要な場合もあるでしょう。実際にどのような書類が必要かについては、ファクタリング会社に直接確認してください。

ファクタリングの必要書類について詳しくは「ファクタリングに必要な書類一覧|最短利用の流れまで徹底解説」の記事をご覧ください。

2-7.遅くとも午前中までに申し込みを完了させる

可能な限り早く資金を手にしたいなら、申し込みは午前中に完了させましょう。なるべく早めに手続きを終えれば、土日のうちに資金調達できる可能性が上がります。申し込みが午後になると入金の手続きが遅くなり、即日での着金が難しくなるため要注意です。

ただし、午前中に手続きを終えても、絶対に土日のうちに入金されるという保証はありません。そもそも土日に対応しているのは申し込みのみで、入金は最短で休み明けとなるファクタリング会社もあるでしょう。

具体的にいつ入金されるかについては、ファクタリング会社に確認する必要があります。いずれにせよ、できるだけ早く申し込みを済ませることが重要です。

2-8.お金が必要になった理由を説明する

ファクタリング会社に相談する際は、なぜお金が必要になったか説明しましょう。明確な理由を伝えると理解を得やすく、可能な限りスピーディーな入金に協力してもらえる可能性があります。

2-9.債権譲渡登記がいらないファクタリング会社を選ぶ

入金のスピードを重視している場合は、債権譲渡登記が不要なファクタリング会社を選ぶことも大切です。債権譲渡登記とは、法人が所有している債権の譲渡について記録するための登記です。債権譲渡登記は債権譲渡登記所として指定されている東京法務局で行う必要がありますが、土日は窓口が営業していません。

東京法務局以外の法務局ではそもそも債権譲渡登記ができないため、地方の利用者は手続きに数日以上かかるでしょう。よって、債権譲渡登記が必須となっているファクタリング会社を選ぶと、土日に手続きを完了させられなくなります。

ファクタリングで可能な限りスピーディーな入金を希望するなら、債権譲渡登記が必要ない、もしくは留保で対応できるファクタリング会社を選びましょう。

3.土日・週末までにファクタリングを利用したい場合の注意点とは

土日・週末までにファクタリングを利用したい場合の注意点とは

ファクタリングのサービスを提供している企業は複数存在するものの、なかには悪徳業者も存在します。土日や週末までにファクタリングを利用したい場合も悪徳業者には注意しましょう。

悪徳業者であると気づかずに契約してしまうと、トラブルに発展する可能性があります。たとえば、法外な手数料を請求される恐れもないとは言えません。すぐに資金が必要な状況では焦りも生じますが、冷静な判断ができないと後からさまざまなリスクにさらされる危険性があるでしょう。

悪徳業者を見極めるには、まず手数料の料率を確認する必要があります。手数料の相場は、2者間ファクタリングなら8%~18%程度3者間ファクタリングなら2%~9%程度です。

相場と比較して高すぎる手数料を設定しているファクタリング会社は、悪徳業者である可能性があります。

優良なファクタリング会社のなかにも土日のスピーディーな入金に対応しているところは複数あるため、悪徳業者とは契約しないようにしましょう。

また、契約内容もよくチェックすべきです。本当に土日や休み明けにすぐ入金できるのか慎重に確認しましょう。ほかにも、債権譲渡登記の有無や契約解除の条件などが契約書で明確に示されているか見る必要があります。

悪徳業者について詳しくは「ファクタリング会社に悪徳業者はいる?手口の事例や見分け方を解説」の記事をご覧ください。

4.土日でも利用できるおすすめのファクタリング会社5選

土日でも利用できるおすすめのファクタリング会社5選
最短入金スピード手数料利用可能額主な契約の種類
ラボル最短60分10%1万円~2者間
みんなのファクタリング最短60分要問い合わせ最大50万円2者間
JTC最短1日5%~10%100万円以上2者間
ランクファクター最短即日要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ
えんナビ最短1日要問い合わせ50万円~5000万円2者間、3者間

土日でも相談や契約ができ、入金にも対応しているファクタリング会社は複数存在します。なかには曜日を問わず最短60分で入金できるサービスもあるため、土日に急いで資金調達したい場合も安心です。

ただし、利用できる条件はそれぞれ異なります。個人事業主は利用できないサービスもあるため、注意が必要です。また、利用可能額はファクタリング会社ごとに定められているので、よく確認しましょう。各ファクタリング会社のサービスを比較し、最適なものを選ぶ必要があります。

ここでは、土日でも利用できるおすすめのファクタリング会社を5つ紹介します。

4-1.ラボル

  ラボル
 最短入金スピード 最短60分
 手数料 10%
 利用可能額 1万円~
 主な契約の種類 2者間
 個人事業主 〇
 主な必要書類・本人確認書類
・請求書
・エビデンス(担当者とのメールなど)
 サポート対応 お問い合わせフォーム(24時間受付)
 運営会社 株式会社ラボル

ラボルは、フリーランスや個人事業主向けのファクタリングサービスです。運営会社の株式会社ラボルは、東証プライムに上場している式会社セレスの100%子会社です。

独立直後や新規取引であっても、業種や職種を問わず利用できます。すべての手続きがオンラインに対応しています。必要書類は本人確認書類、請求書、取引を示すエビデンスのみで、契約書や入出金の明細などは必要ありません。

24時間365日振込に対応しているため、手続きがスムーズに進めば土日に資金を確保できる可能性があります。

4-2.みんなのファクタリング

  みんなのファクタリング
 最短入金スピード 最短60分
 手数料 要問い合わせ
 利用可能額 最大50万円
 主な契約の種類 2者間
 個人事業主 〇
 主な必要書類・身分証明証
・請求書
・通帳
 サポート対応 お問い合わせフォーム(24時間受付)
 会員専用個別チャット機能あり
 運営会社 株式会社チェンジ

みんなのファクタリングは、2者間ファクタリングに特化したサービスです。そのため、スピーディーな契約や入金を実現できます。毎日9時から19時まで営業しており、土日でも利用できます。

マイページへの登録が必要なため、事前に登録しておくと手続きがスムーズに進むでしょう。買取申請を行って可決された場合、18時30分までに契約依頼をすると当日付での振込が可能です。土日でも平日と同様の対応となります。

4-3.JTC

  JTC
 最短入金スピード 最短1日
 手数料 5%~10%
 利用可能額 100万円以上
 主な契約の種類 2者間
 個人事業主 ×
 主な必要書類 新規申込書など
 サポート対応・お問い合わせフォーム(24時間受付)
・電話 8:30~19:00(土日も対応)
 運営会社 株式会社JTC

JTCは、年商7,000万円以上の法人を対象としているファクタリング会社です。

リピーター率は8割以上を誇っています。土日も営業しているため、休日に資金が必要になっても相談や契約が可能です。 JTCでは、契約時は基本的に対面が必要です。営業所があるのは東京、大阪、名古屋のみですが、出張サービスにより全国対応しています。

そのため、営業所がないエリアであっても、スピーディーに入金できる可能性があります。ホームページに掲載されている申込時必要書類をあらかじめダウンロードして記入しておくと、審査をよりスムーズに進めることが可能です。

4-4.ランクファクター

   ランクファクター
 最短入金スピード 最短即日
 手数料 要問い合わせ
 利用可能額 要問い合わせ
 主な契約の種類 要問い合わせ
 個人事業主 要問い合わせ
 主な必要書類 要問い合わせ
 サポート対応・電話 9:00~27:00(365日対応)
・メール 9:00~27:00(365日対応)
 運営会社 FCマーケティング株式会社

ランクファクターは、優良なファクタリング会社を紹介しているサービスです。複数の税理士や公認会計士などの専門家と連携しているため、資金繰りに関する悩みを相談しながら最適なファクタリング会社を見極められます。

状況に応じてファクタリング以外の融資や補助金などについても提案でき、幅広い選択肢のなかから最適な決断ができます。土日や夜中も対応しているため、急に資金が必要になった場合もすぐに相談可能です。

4-5.えんナビ

   えんナビ
 最短入金スピード 最短1日
 手数料 要問い合わせ
 利用可能額 50万円~5000万円
 主な契約の種類 2者間、3者間
 個人事業主 ○
 主な必要書類 要問い合わせ
 サポート対応・お問い合わせフォーム
・電話(24時間365日受付)
 運営会社 株式会社インターテック

えんナビは、東京都にある株式会社インターテックが運営しているファクタリングサービスです。問い合わせは24時間365日受け付けています。契約時は基本的に来社が必要ですが、担当者の出張も可能です。また、電話やメールで契約できるケースもあります。

土日にも対応しており、最短1日で入金できる可能性があります。比較的少額から対応しているため、状況に応じた柔軟な資金調達を実現できるでしょう。

利用者の満足度は93%以上でリピート率も高いサービスです。

5.土日に申し込みできるおすすめのファクタリング会社5選

土日に申し込みできるおすすめのファクタリング会社5選
最短入金スピード手数料利用可能額主な契約の種類
ビートレーディング最短2時間2者間:
4%~12%
3者間:
2%~9%
下限上限なし2者間、3者間
QuQuMo最短2時間1%~上限なし2者間
日本中小企業
金融サポート機構
最短3時間1.5%~下限上限なし2者間、3者間
ペイトナー
ファクタリング
最短10分10%25万円~
100万円程度
2者間
PAYTODAY最短30分1%~9.5%10万円〜上限なし2者間

土日に営業していないものの、土日に申し込みができるファクタリング会社は多くあります。土日に申し込みをしておけば、休み明けにすぐ審査や手続きを進めることが可能です。

土日でも利用できるファクタリング会社と同様、特徴はサービスによってそれぞれ異なります。それぞれの違いを理解したうえで、最も適しているファクタリング会社を選びましょう。

ここでは、土日でも申し込みできるおすすめのファクタリング会社を5つ紹介します。

5-1.ビートレーディング

  ビートレーディング
 最短入金スピード 最短2時間
 手数料 2者間:4%~12%程度
 3者間:2%~9%程度
 利用可能額 下限上限なし
 主な契約の種類 2者間、3者間
 個人事業主 〇
 主な必要書類・債権に関する資料(請求書、注文書など)
・通帳のコピー(2か月分)
 サポート対応・お問い合わせフォーム(24時間受付)
・電話(平日9:30~18:00)
・メール(24時間受付)
・LINE(24時間受付)
 運営会社 株式会社ビートレーディング
 公式HP  詳しく見る

ビートレーディングは、取引実績5.2万社以上、累計買取額1,170億円超のファクタリング会社です(2023年9月時点)。豊富な実績があるため、利用者にとって最適な提案が可能です。

クラウドサインを導入しているためパソコンやスマホでオンライン契約できるだけでなく、審査が最短2時間で完了するため即日の資金調達にも対応できます。

ビートレーディングへの問い合わせは、お問い合わせフォーム、電話、メール、LINEで受け付けています。電話以外なら曜日を問わずいつでも申し込みできます。

5-2.QuQuMo

  QuQuMo
 最短入金スピード 最短2時間
 手数料 1%~
 利用可能額 上限なし
 主な契約の種類 2者間
 個人事業主 〇
 主な必要書類・請求書
・通帳
 サポート対応・電話(平日10:00~19:00)
・メール(24時間受付)
 運営会社 株式会社アクティブサポート

QuQuMoは、オンラインで完結するファクタリングサービスです。クラウドサインを導入しているため、インターネットを介した契約でも情報漏洩の心配はありません。面談が必要なく、スピーディーな資金調達を実現できます。ヒアリングが必要な場合も電話で対応でき、来店は不要です。

また、手数料が低く、利用可能額は少額から高額まで対応可能です。メールは土日も送信できるため、急に資金調達が必要になったときもすぐに相談や申し込みができます。

5-3.日本中小企業金融サポート機構

  日本中小企業金融サポート機構
 最短入金スピード 最短3時間
 手数料 1.5%~
 利用可能額 下限上限なし
 主な契約の種類 2者間、3者間
 個人事業主 〇
 主な必要書類・通帳のコピー(3か月分)・請求書、契約書など
 サポート対応・お問い合わせフォーム(24時間受付)
・電話(平日9:30~18:00)
 運営会社 一般社団法人日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構は、一般社団法人として資金調達・経営のサポートをしています。中小企業経営力強化支援法に基づいて関東財務局や関東経済産業局から経営革新等支援機関に認定されています。

日本中小企業金融サポート機構は、中小企業に対してさまざまな支援を行っています。ファクタリングにも対応しており、安い手数料で幅広い金額の売掛債権に対応可能です。問い合わせフォームでの問い合わせは24時間受け付けています。

5-4.ペイトナーファクタリング

  ペイトナーファクタリング
 最短入金スピード 最短10分
 手数料 10%
 利用可能額 25万円~100万円程度
 主な契約の種類 2者間
 個人事業主 〇
 主な必要書類・本人確認書類
・請求書
 サポート対応 お問い合わせフォーム (24時間受付)
 運営会社 ペイトナー株式会社

ペイトナーファクタリングは、フリーランスや個人事業主に特化したファクタリングサービスです。累計申請件数は10万件を突破しています。

会員登録後、資金調達が必要なタイミングで必要書類をアップロードすれば、最短10分で審査結果が出ます。初回の利用可能額は25万円ですが、利用状況に応じて最大100万円まで拡大される可能性があります。ホームページ上のフォームから24時間問い合わせが可能です。

5-5.PAYTODAY

  PAYTODAY
 最短入金スピード 最短30分
 手数料 1%~9.5%
 利用可能額 10万円〜上限なし
 主な契約の種類 2者間
 個人事業主 〇
 主な必要書類・本人確認書類
・請求書

・入出金明細(直近6か月以上)

・決算書
 サポート対応 お問い合わせフォーム (24時間受付)
 運営会社 Dual Life Partners株式会社

PAYTODAYは、AIによる審査でスピーディーな振込を実現しているファクタリング会社です。手続きがオンラインで完結するため、全国に対応しています。2者間ファクタリングに特化しており、売掛先から承諾を得る必要もありません。お問い合わせフォームからの申し込みは24時間可能です。

PAYTODAYは、特にベンチャー企業、地方中小企業、フリーランスなどから支持を得ています。

6.ファクタリング以外の方法で資金調達する手段もある

ファクタリング以外の方法で資金調達する手段もある

資金調達の手段はファクタリング以外にもあります。ここでは、ファクタリング以外の資金調達の手段を紹介します。

6-1.資金調達の方法1:カードローン

資金調達の手段としては、銀行や消費者金融などのカードローンの利用もあげられます。カードローンのサービスは銀行やクレジットカード会社などが運営しており、専用のカードを利用してお金を借りる仕組みです。キャッシングよりも金利が低いため、少ない負担で資金を確保できます。

ただし、カードローンを利用するには契約が必要です。事前に契約していなければ、土日のうちに借り入れが完了しない可能性があります。

6-2.資金調達の方法2:キャッシング

キャッシングとは、クレジットカードのキャッシング枠を活用してお金を借りる方法です。企業の代表者個人が保有するクレジットカードにキャッシング枠がついていれば、キャッシングによって確保した資金を法人での利用に回せます。

ただし、カードローンと比較して金利が高めに設定されているため、具体的な返済計画を立てたうえで利用しなければなりません。

6-3.資金調達の方法3:周囲の人から借りる

資金を援助してくれる家族や友人などがいる場合、周囲からお金を借りるのもひとつの方法です。金融機関や消費者金融などと契約するわけではないため、資金を確保する際に融通が利きやすいでしょう。ただし、返済が遅れたり、双方の認識に食い違いが生じたりすると、人間関係のトラブルに発展する恐れがあります。

7.まとめ

土日に利用できるファクタリング会社は少ないものの、まったく存在しないわけではありません。ただし、最適なファクタリング会社を見極めるには、休み明けの入金を前提にしたほうがよいでしょう。

ファクタリング会社とは高額な取引をするケースも多いため、安心して契約できるところを選んでください。

ビートレーディングは、豊富な実績をもつファクタリング会社です。利用者のニーズにあわせた柔軟なサポートを得意としています。

また、手続きが簡単で、入金までの時間は最短2時間です。土日に申し込みができるため、休み明けにスピーディーな資金調達を実現できる可能性が高くなっています。急に資金が必要になった際は、ぜひ相談してください。

株式会社ビートレ―ディングのロゴ

監修者

株式会社ビートレーディング 編集部編集長

筑波大学大学院修士課程修了後、上場企業に勤務。不動産ファンドの運用・法務を担当した後、中小企業の事業再生や資金繰り支援を経験。その後弊社代表から直々の誘いを受け、株式会社ビートレーディングに入社。現在はマーケティング・法務・審査など会社の業務に幅広く携わる。

<保有資格>宅地建物取引士/貸金業務取扱主任者