株式会社ビートレーディング

FACTORING

売掛金買取サービス(ファクタリング)

大企業、中小企業に関わらず、会社運営において資金繰りは生命線と言えます。

経営者の皆様は、資金繰りの改善・資金調達方法などご存知だとは思います。

ただ資金繰りは急に変わることが多く、資金調達などにおいて重要な点はスピードだと考えております。

ビートレーディングでご提供している「ファクタリング」(売掛金買取サービス)は、
資金調達までのスピードを重視したサービスになっております。

通常の融資や貸付、ビジネスローンなどとは全く違う、
「ファクタリング」(売掛金買取サービス)についてご紹介いたします。

ファクタリングとは

ファクタリングとは、企業が持つ売掛金(売掛債権)をファクタリング(売掛金買取)会社へ手数料を支払って売却することによって、取引先の決済日より前に資金を調達できる資金調達手段の一つです。
ファクタリングを利用することで申し込み企業は売掛金の売却代金を受け取ることにより、つなぎ資金を確保できるサービスになっております。そのため、ファクタリングは入金と支払いのタイムラグを埋めるためのサービスと言っても過言ではありません。

ファクタリングという言葉はここ数年で急激に広まったのですが、「売掛金の早期化」「売掛金前払いサービス」「売掛金買取」など他にも呼び方が色々とあります。
しかし、呼び方が違っても「売掛金をファクタリング(売掛金買取)会社に買取ってもらい、現金化するサービス」ということに変わりありません。

  • ※売掛金とは?

    製品・商品の販売やサービスの提供などが済んでおり、支払いサイトの都合により、まだ入金が完了しておらず、回収が見込まれている資金のこと。

ファクタリング浸透の背景

ファクタリングは1~2世紀前にアメリカで作られたサービスになります。
欧米では広く浸透しているサービスですが、日本においては浸透しているとは言いがたく、現在では少しずつ認知されつつありますが、それでも欧米と比べると5分の1以下といわれております。
なぜ日本においては浸透しなかったのか。
その要因として1番大きいのは、手形取引が発展したことにあると言われております。
ただそんな手形取引も、最近までの手形取引量を見てみると1991年に比べて減少傾向にあるのが分かると思います。

第3-2-35図 手形交換の推移手形取引量の推移

資料:全国銀行協会ホームページ

その理由としては、コストとリスクが密接に関係しています。

手形は、手形用紙を銀行から購入し使用する際には印紙も必要です。

また紛失してしまったり悪用された場合に、不渡りを招いてしまうリスクもあるために、利用者が減っているのだと考えられます。

そんな中、1998年10月の債権譲渡特例法施行によって、登記による対抗要件制度が新たに設立されるなど、経済産業省が国策としてファクタリング(売掛金買取サービス)の普及に取り組むことによって、1995年に約1,600億円あった国内の買取債権残高が、2007年には推計約1兆5,000億円と急拡大しています。経済産業省は『売掛金を活用した資金調達が真っ当な資金調達方法であることの周知徹底が必要である』との認識を表明しております。

更に、中小企業の保有する売掛債権は約50兆円との統計調査(経済産業省)もあり、ファクタリング(売掛金買取サービス)での資金調達ニーズは今後も増加が期待されます。

ファクタリング(売掛金買取サービス)の種類

ファクタリング(売掛金買取サービス)には2社間契約と3社間契約の2種類の契約方法があります。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは、取引先にファクタリング(売掛金買取サービス)の利用を知られずに売掛金(売掛債権)を売却して資金調達する方法になります。
通常のファクタリング(売掛金買取)契約だと、売掛債権を譲渡した際、取引先に債権を譲り渡した旨を通知する必要があります。しかし、取引先に知られることでのリスクが様々考えられるため、2社間ファクタリングの利用を希望される方が圧倒的に多いです。
申込会社にとっては取引先に知られずにファクタリング(売掛金買取サービス)を利用できるため便利ですが、ファクタリング(売掛金買取)会社にとってはリスクが高くなります。
売掛金(売掛債権)の入金が、申込会社に入金された後にファクタリング(売掛金買取)会社へ引き渡す前に使われるリスクなどがあるため、3社間ファクタリングに比べ売掛金の買取金額が低くなってしまいます。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリング

2社間ファクタリングとの違いは、債権を譲渡したということを売掛先に通知する、または売掛先から債権譲渡対しての承諾を得る方法をとることです。
取引先からの承諾を得た上で行うため、売掛金はファクタリング(売掛金買取)会社へ直接振込まれます。そのため、ファクタリング(売掛金買取)会社にとってリスクが2社間ファクタリングに比べると低くなり、売掛金の買取金額が高くなります。

ファクタリング(売掛金買取サービス)を受けられる企業とは?

売掛金(売掛債権)を持っている企業であれば、個人事業主様でも全く問題なくご利用できます。

融資などの場合だと、代表者様の信用情報や企業の税金滞納状況などといった様々な理由から断られる事も多いとは思いますが、ファクタリング(売掛金買取サービス)の場合は、売掛金(売掛債権)があるかないか、取引先は問題ないかが重要となります。

銀行調達などが常時可能な一部の優良企業を除き、全ての企業が受けられる資金調達の選択肢の1つになっています。

ファクタリング 5つのメリット

ここではファクタリング(売掛金買取サービス)をすることによって得られるメリットについて考えてみます。
もちろん資金調達の方法なので資金を調達できるというメリットはありますが、ファクタリング(売掛金買取サービス)には皆様も知らない、5つのメリットを受けることが出来ます。

キャッシュフローの改善

まずは資金調達につながるサービスになるため、キャッシュフローの改善につながります。
ファクタリング(売掛金買取)会社に売掛金(売掛債権)を売却して資金調達するので、入金予定の売掛金額分を現金化することができるだけでなく、好きなタイミングで行うことが出来ます。
下請けへの支払日、給与支払日などキャッシュフロー上で苦しいタイミングでいつでも現金化できるため、他の資金調達サービスよりキャッシュフローへ与える影響は高いです。

償還請求権のないノンリコース契約

ファクタリング(売掛金買取サービス)の契約には、償還請求権のある「ウィズリコース」と償還請求権のない「ノンリコース」に2種類があります。ビートレーディングのファクタリング(売掛金買取サービス)は、償還請求権のない「ノンリコース」に該当します。

では、償還請求権とは何でしょうか?

ファクタリング(売掛金買取)会社が遡って請求をする権利のことを償還請求権といい、簡単にご説明すると、取引先が倒産した場合にファクタリング(売掛金買取)会社が申込会社に遡って請求する権利が有るか無いかです。
ビートレーディングのファクタリング(売掛金買取サービス)など民間の会社が提供しているファクタリング(売掛金買取サービス)の多くは償還請求権のない「ノンリコース」だと考えてください。

支払い義務は発生しない

ノンリコースの場合だと、取引先が倒産した際に申込み会社がファクタリング(売掛金買取)会社に対して買取代金を保証する必要はないのです。何故かというと、ファクタリング(売掛金買取)会社は取引先が支払わないというリスクを含め売掛金を買い取っているからです。
取引先が支払わない状況とはどんな時でしょうか?
倒産、資金繰りが厳しくて支払いを延期、民事再生などが考えられます。このようなケースだと、申込み会社に支払義務は発生しません。
しかし、請求書のミスや相殺があったなど、申込み会社に非があったり事前に知っていたにも関わらず売掛金(売掛債権)を売却した場合は契約違反としてファクタリング(売掛金買取)会社への支払い義務が発生するので、十分な注意が必要となります。

簡単な手続きで資金調達できる

ファクタリング(売掛金買取)会社の審査は貸金業者とは違います。
個人情報や決算書の資産状況などで判断することはありません。
あくまでも売掛金(売掛債権)を買取るため、取引先が必ず支払いをしてくれる会社かどうかの部分になりますので、お急ぎの方は資料さえご準備いただければ、早ければ即日に結果が分かります。

貸借対照表(バランスシート)がスリム化され、企業としての信頼度が上がる

貸借対照表(バランスシート)においてファクタリングで調達した現金は売掛金を現金化しているため「負債」ではありません。売掛金は貸借対照表(バランスシート)上では「流動資産」に分類されます。
金融機関などは売上に対して売掛金がどのくらいの割合であるかをチェックします。
売上に対して売掛金が多いと、資金繰りが回らなくなる可能性が高くなるからです。
そのためにも売掛金を売却することにより「流動資産」の現金が増えることは貸借対照表(バランスシート)上でのスリム化につながるのです。
経営者の方ならお分かりになると思いますが、ファクタリング(売掛金買取サービス)は同じ「流動資産」内の売掛金の項目から現金に数字が移動しただけなのです。

ビートレーディングのファクタリングはここが違う!

  • POINT 1 「スピード査定」

    ビートレーディングのファクタリングは資金調達までのスピードを重視しています。
    受付時間内にお申し込み頂き必要書類が揃っていれば、専任の担当者が即日対応し、最短翌日の資金調達が可能です。

  • POINT 2 「高価買取」

    どこよりも高い金額で売掛金を買取ります。金額の下限上限は設けておりません。小口(数十万円)から大口(数億円)まで取引可能ですので、一度ご相談ください。

  • POINT 3 「柔軟な対応力」

    赤字・債務超過・税金滞納や個人事業主様など、貴社の事情を踏まえて専任の担当者が丁寧にご相談を承ります。

  • POINT 4 「豊富な実績と安心の業歴」

    ファクタリングを開始した2012年以降、全国各地15,000社以上に選ばれた豊富な実績がございます。
    業界全体で考えてもトップクラスの業歴から培った豊富な経験によって業種に偏りなく、適正な価格での査定が可能です。

ファクタリング(売掛金買取サービス)の手数料

ファクタリング(売掛金買取サービス)の手数料とは、簡単に説明すると売掛金額と買取金額の差のことです。
例えば200万円の売掛金を160万で買取った場合、ファクタリング(売掛金買取)会社の手数料は40万円です。ファクタリング(売掛金買取)会社は売掛金を八掛けで買取ったという形になりますので、手数料は売掛金に対し20%になります。
では一般的に手数料はどれくらいなのでしょうか。

一般的な相場

一般的な2社間ファクタリングの手数料は20%が基本ラインだと考えてください。
そこに取引先の信用情報などが加味されて上下します。
なぜ20%なのでしょうか?
これは5年前にビートレーディングがファクタリング(売掛金買取)サービスを開始した時には、手数料などの基本ラインが無かったので、社内でリスク等を話し合った結果、売掛金を八掛けで買取ろうということになりました。その後ファクタリング(売掛金買取)会社が増えていき、ファクタリング(売掛金買取サービス)業界の手数料が20%が基本ラインになってしまいました。
これは他社のファクタリング(売掛金買取)会社から聞いた話なので外部ではそういう話になっているようです。

ビートレーディングと他社の手数料の比較

ビートレーディングの現在の手数料の平均は15~17%程です。
取引先の信用情報や過去に取引が無い場合などのケースですと手数料が高くなる場合もありますが、取引先の評点によっては手数料が2%になるなど、実際は売掛金(売掛債権)の状況などによってさまざまです。
では、他社のファクタリング(売掛金買取)会社はどうでしょうか。
これは当社のお客様の体験をヒアリングさせていただいた内容になりますので100%正しいわけではありませんが、複数の方から聞いている内容です。
100万円以下の売掛金の買取手数料の平均値が25~35%
100万円~500万円の場合は20%前後
500万以上に関しては10~15% が当社で調査した他社の手数料状況です。

お問合せから実行までの流れ

大まかに実行(現金化)までの流れをご案内いたします。
直接電話などで流れをご質問するのは抵抗があると思いますので、ご参考にしていただけたら幸いです。

STEP1 仮査定

電話・メール・来社・出張にて売掛金の詳細をお伺いさせていただきますので
まずはご連絡ください。

ヒアリング内容

・会社概要(会社名、住所、電話番号、資本金、決算月、事業内容)
・代表者情報(氏名、住所、生年月日、電話番号)
・希望条件(調達希望金額、いつまでに必要か、資金使途)
・譲渡債権内容(取引先名、住所、取引内容、金額、入金予定日)

STEP2 本査定~結果報告

このタイミングで選任の担当者が付くことになります。
仮査定でお聞きした債権の内容をもとに、追加でヒアリングや資料のご提出をお願いしております。資料のご提出が最短で当日には買取金額をご提示させていただきます。

必要書類

希望金額などによって若干変わりますが、基本的には下記の資料が必要となります。
・登記簿謄本やHPなど
申し込む会社様の情報を確認するために必要となります。
・売掛金の内容がわかる資料
請求書・発注書・注文書・取引基本契約書など取引内容や請求金額がわかるものが必要となり、査定する際には最も重要な資料となります。
・通帳のコピー3ヶ月分
買い取らせていただく売掛金が取引先から過去に入金されているかどうかを確認します。
・身分証のコピー
運転免許証など顔写真付きのものですが、お申し込みいただいている方がご本人様かどうかの確認のために必要となります。

STEP3 ご成約

ご提示させていただいた金額でご了承いただきましたら、ご契約に移ります。
ご契約はご来社いただくか、ご訪問のどちらか選んでいただきます。
ご契約当日、15時までに契約書の締結完了の場合は当日お振込みさせていただきます。
もしも15時を過ぎてしまった場合は振込予約により翌日に口座に反映いたします。

※上記はあくまでも初回の買取時の内容となります。2回目以降はSTEP1がなくなりますし、STEP2でご紹介した資料も格段に減りますので詳しくはお客様の専任担当者にご質問ください。

結び

ファクタリング(売掛金買取サービス)のメリット・デメリット・ご利用時の流れなどをご紹介いたしました。今や中小企業の資金繰りにおいて、ファクタリング(売掛金買取サービス)は無くてはならない資金調達手段の一つとして確立されつつあります。
当社ビートレーディングでは、ファクタリング(売掛金買取サービス)において多くの実績とお客様に合わせたご提案が出来ます。
ファクタリング(売掛金買取サービス)が会社運営の味方となることを信じ、企業様側に立った経営のサポートをしていきたいと思っております。

ご検討の際はぜひご相談ください。

SIMULATION

ビートレーディングのスピード査定

買取希望金額必須
翌月売掛金額必須
売掛先への確認
法人・個人事業主
会社名
氏名
所在地
電話番号必須
メールアドレス必須

無料の査定はこちら 0120979559