ファクタリングとは

ファクタリングとは

ファクタリング(factoring)とは、お客様がお持ちの売掛金(売掛債権)をファクタリング会社に売却し、債権を現金化することにより売掛金(売掛債権)の入金日よりも前にその代金を受け取ることができる金融商品です。
通常、売掛金(売掛債権)が支払われるのは、商品・サービスの提供が完了してから平均30~60日後と、手元に現金が支払われるまでタイムラグが生じてしまいます。ファクタリングは、この入金されるまでのタイムラグを解消することができる金融サービスであり、近年経済産業省が普及に力を入れて取り組んでいます。
なぜなら金融庁のグレーゾーン撤廃により上限金利の引き下げが銀行融資やビジネスローンの審査基準を大幅に引き上げる結果となりました。
そのため経済産業省は新たな資金調達方法のひとつとしてファクタリングの普及に取り組んでいるのが現状です。
まだまだファクタリング自体の認知度は低いですが、資金調達が完了するまでのスピードが融資などと比べて格段に速いため利用する企業が年々増えてきております。
今回はファクタリングの仕組みから法的解釈までわかりやすくご紹介します。
初めてご利用される方はこちら!ファクタリング診断

ファクタリングとは

売掛金(売掛債権)を早期現金化することができるファクタリングは、売掛金(売掛債権)の売却による資金調達なので「借入」ではありません。繰り返しになりますが「借入」ではないことから、融資を受ける際に重要視される信用情報に一切影響がなく、赤字・税金滞納であっても問題なく利用できるサービスとして知られています。また、資金調達に時間がかかる銀行融資などに比べて、最短即日~3日で資金調達できるのもファクタリングの特徴のひとつです。

売掛金(売掛債権)(債権)とは

企業間の取引において日々の支払いの手間を省くために通常「掛け取引」が行われます。※「信用取引」とも呼ばれます。
商品やサービスの提供後に請求書を発行します。その後に双方で取り決めた支払いサイト(平均30~60日後)に合わせて支払いが行われます。この後日支払われる予定のお金のことを売掛金(売掛債権)と呼びます。決算書では資産として取り扱われ、貸借対照表上では流動資産に該当します。

ファクタリングの仕組み

ここでは、ファクタリングの仕組みについて下の説明図で手順ごとに説明していきます。

  • 1
    売掛先への商品・サービスの提供が完了すると、売掛金(売掛債権)が発生します。
売掛金(売掛債権)発生の説明図
  • 2
    その売掛金(売掛債権)をファクタリング会社に売却します。
売掛金を売却の説明図
  • 3
    売却した売掛金(売掛債権)の金額から買取手数料が引かれた額が
    ファクタリング会社から振り込まれます。※資金調達後の流れについては、後ほど説明する契約方法によって異なるため省いています。
資金調達完了の説明図

ファクタリングの歴史

諸説ありますが、ファクタリングの始まりの原型はアメリカ・イギリスといわれており、14世紀頃にスタートしたと考えられています。現在において欧米やヨーロッパではファクタリングは有効な資金調達方法のひとつとして広く認識されており、アメリカにおいては日本と比べて5~10倍もの市場規模があるともいわれています。
1970年代初め頃、日本ではじめてファクタリングが登場しましたが、認知度が低くそれほど注目されませんでした。その背景として1970年代での日本は手形取引が主流であり、手形は手形割引という方法で現金化することができたため、売掛債権の譲渡というファクタリングは手形と類似していることから普及しなかったといわれています。
また、日本でファクタリングサービスが広まったのは、バブル崩壊後といわれています。バブル崩壊後は手形取引が減少しましたが、その原因は手形割引の特性にあります。手形割引は、支払い日よりも前に割引料を払って銀行から融資を受ける資金調達方法ですが、手形を振り出した会社の倒産などにより手形が不渡りとなった場合は、手形割引で受取っているお金を返済する必要があります。手形割引はあくまでも融資だからです。
多くの会社がバブル崩壊後、倒産に追い込まれ、手形の不渡りが多発しました。その結果、連鎖倒産などが起こり手形の減少に繋がったとされています。
その後の現在では経済産業省が売掛債権の流動化による資金調達を推奨し始めたことから、ファクタリングが広まりつつあります。

参照元経済産業省中小企業庁:売掛債権の利用促進について

銀行融資との違い

ファクタリングと銀行融資の違いについて、表にまとめたものを紹介します。

ファクタリング 銀行融資
調達までの日数 最短即日~3日 1ヶ月程度
手数料・金利 1~20%前後(内容により変動) 2~9%前後
リスケ・税金滞納中の利用 可能 不可
審査重視 売掛先 利用会社
返済方法 一括 分割

比較してみるとそれぞれの違いがよく分かります。
銀行融資は調達コストを安く抑えられますが、その分審査が厳しく資金調達までに時間がかかってしまうため、誰でも利用できるものではありません。その点ファクタリングは、手数料は銀行融資と比べるとどうしても高くなってしまいますが、手続きが比較的簡単なので資金調達までに時間がかからず信用情報に影響がありません。また、銀行融資の審査中のつなぎ資金として利用することもできます。

初めてご利用される方はこちら!ファクタリング診断

ファクタリングの種類

ファクタリングは大まかに分けて2種類の契約方法があります。「2社間ファクタリング」・「3社間ファクタリング」と呼ばれていて、この2つには大きな違いがあります。それは、売掛先にファクタリングの利用を知らせるかという点です。それぞれの仕組みについて図とともに説明していきます。

2社間ファクタリング

「2社間ファクタリング」は、お客様とファクタリング会社の2社間で契約が完了します。そのため売掛先にファクタリング契約によって売掛債権を譲渡したことの通知または承諾を必要としません。「2社間ファクタリング」は取引上、立場が比較的弱い中小企業や個人事業主様から特に支持いただいているファクタリングサービスです。
もしもファクタリングを利用していることを売掛先に知られてしまうと、
「この会社は資金繰りが危ういのではないか・・・」
「今後の取引が心配・・・」
などといったマイナス要素を与えてしまい、今後の取引に影響がでる可能性があるからです。
「2社間ファクタリング」は売掛先にファクタリングの利用を知られることがないので、今まで通りの取引を続けながら、売掛金(売掛債権)を早期現金化できるサービスなのです。

2社間ファクタリングの仕組み

2社間ファクタリングの仕組みの説明図
  • 1
    売掛先との仕事が完了すると、売掛金(売掛債権)が発生します。※入金は平均30~60日後
  • 2
    その売掛債権(売掛金)をファクタリング会社に売却します。
  • 3
    売却した売掛金(売掛債権)の金額から買取手数料を差し引いた額が振り込まれます。
  • 4
    売掛先から入金日になるとお客様の口座に通常通り売掛金(売掛債権)の金額が振り込まれます。
  • 5
    売掛先から入金された金額を、そのままファクタリング会社へ送金します。

上の図のように、2社間ファクタリングは売掛先が一切介入しないため、取引後の影響がなく比較的利用しやすいサービスとなっています。
また、申し込みから最短即日で資金調達ができるので、急場で資金が必要となった場合にとても便利な契約方法となります。
手続きが簡単な分、資金調達までの日数も短いですが、3社間ファクタリングに比べて買取手数料が高く設定されているのも2社間ファクタリングの特徴のひとつです。
理由として、先ほどの図の④・⑤のように売掛先からの入金がファクタリング会社ではなく、お客様の口座となるため、ファクタリング会社のリスクが高まってしまうからです。

・例

お客様が500万の売掛金(売掛債権)をお持ちの場合、全額もしくは一部の金額でもお申込みいただけます。
500万のうち300万で申込いただいた場合、買取手数料の10%を引いた270万を売掛債権の買取代としてファクタリング会社から振込まれます。
1ヵ月後に売掛先からお客様に500万のお振込みがあった同日に300万をファクタリング会社にお客様からお振込みいただきファクタリング契約が完了となります。

2社間ファクタリングの手数料について

2社間ファクタリングは、上述した通りファクタリング会社のリスクが高くなってしまうため手数料は、平均10~20%前後とされています。3社間ファクタリングに比べると手数料の相場は高いですが、売掛先に知られずに利用できるという大きなメリットがあるので、ご自身の状況に合った契約方法を選択してください。

2社間ファクタリングに向いているのはこんな方(業種)

2社間ファクタリングは、売掛先に知られずに資金調達が出来る分、手数料が高いという特徴があります。以下に当てはまる方(業種)は2社間ファクタリングの利用をおすすめします。

  • ・売掛先にファクタリングの利用を知られたくない
  • ・1~2日以内にまとまった資金を調達したい方

2社間ファクタリングのポイント

では2社間ファクタリングのポイントをここでおさらいしましょう。

ポイント
  • ・売掛先に知られずにファクタリングの利用ができる
  • ・最短即日で資金調達ができる
  • ・手数料は3社間ファクタリングに比べ、高く設定されている

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは、お客様・ファクタリング会社・売掛先の3社で行なう契約方法となっています。先ほど説明した2社間ファクタリングとは違い、売掛債権を譲渡することを売掛先に通知し、承諾してもらう必要があります。

3社間ファクタリングの仕組みの説明図
  • 1
    売掛先との仕事が完了すると、売掛金(売掛債権)が発生します。※入金は平均30~60日後
  • 2
    その売掛債権(売掛金)をファクタリング会社に売却します。
  • 3
    ファクタリング会社から売掛先に、債権譲渡の通知を行ない承諾を取ります。
  • 4
    売却した売掛金(売掛債権)の金額から買取手数料を差し引いた額が振り込まれます。
  • 5
    譲渡した売掛金(売掛債権)の入金日に、売掛先からファクタリング会社に直接送金します。

上の図のように、債権譲渡の承諾を売掛先からもらわないといけないため、2社間ファクタリングに比べて資金調達までに日数がかかります。平均すると2~3日ほどです。

・例

お客様が1000万の売掛金(売掛債権)をお持ちの場合
まず売掛先にファクタリングを利用することに対して、承諾をとります。その後買取手数料の5%を引いた950万を売掛債権の買取代としてファクタリング会社からお客様の口座に振込まれます。
1ヵ月後に売掛先からファクタリング会社に1000万円が振り込まれ、ファクタリング契約が完了となります。

手数料について

3社間ファクタリングは、売掛先からファクタリング会社へ直接送金が行なわれるため、ファクタリング会社のリスクが低いことから手数料は平均1~9%と比較的低く設定されています。しかし、売掛金の入金先をお客様の口座ではなく、ファクタリング会社の口座に変更してもらう必要があります。これにより売掛先の手間が増えてしまうというデメリットが生じてしまうため、利用する際は注意が必要です。

3社間ファクタリングの利用に向いているのはこんな方(業種)

3社間ファクタリングは、売掛先も契約に関わるため誰でも利用できるサービスとは言い難いのが現状です。しかし、以下に当てはまる方(業種)は3社間ファクタリングの利用をおすすめします。

  • ・売掛先との強固な関係が築けている方
  • ・医療・介護事業者
  • ・継続的な取引が見込めない取引先の場合

3社間ファクタリングのポイント

では3社間ファクタリングのポイントをここでおさらいしましょう。

ポイント
  • ・売掛先に債権譲渡の承諾をとる必要がある
  • ・資金調達までに平均2~3日かかる
  • ・手数料は2社間ファクタリングに比べ、低く設定されている
  • ・医療・介護事業者の方におすすめ

ファクタリングのメリット、デメリット

ファクタリングは便利な資金調達方法ですが、メリット・デメリットが存在します。それぞれについて以下で説明していきます。

メリット
  • ① 資金調達までの日数が短い(最短即日~3日) 銀行融資に比べて審査書類も少なく、手続きも簡単なため、申し込みから最短即日には資金調達ができます。「2社間ファクタリング」であれば最短即日が可能となりますが、「3社間ファクタリング」は手続きに多少手間がかかるため最短2日~と契約方法によって調達日数に差が出るので注意しましょう。
  • ② 売掛先に知られずに資金調達ができる 売掛先にファクタリングの利用を知られてしまうと、今後の取引に影響が出てしまう・・・というお悩みも「2社間ファクタリング」であれば解決できます。なぜかというと、「2社間ファクタリング」は売掛先に債権譲渡の通知をする必要がないからです。
  • ③ 信用情報に影響がない ファクタリングは「借金」ではなく、売掛債権の売買契約となるため、信用情報に傷がつく心配はありません。そのため、たとえ銀行融資の審査中にファクタリングの利用をしたとしても、審査に影響は出ないのです。
  • ④ 赤字・税金滞納があっても利用できる ファクタリングはお客様ではなく、売掛先の「信用度」を重視しているので赤字や税金滞納等があっても利用できるサービスです。とはいっても、あまりにも滞納額が多かったり、過去に金銭事故を数回起こした経験がある、などお金に対する扱いが「雑」だと認識されてしまうと審査に通りにくかったり、手数料が高くなる可能性があるので注意が必要です。
  • ⑤ 売掛先が倒産しても、支払い義務は発生しない 償還請求権なしのファクタリングであれば、売掛先が倒産してもお客様に支払い義務は発生しません。償還請求権なしであれば、売掛金(売掛債権)を売却した後に、売掛先が倒産したとしても、売却後であればお客様には関係ないからです。
デメリット
  • ① 手数料が発生する 契約方法によって異なりますが、2社間ファクタリングで平均10~20%、3社間ファクタリングで平均1~9%手数料がかかります。この手数料がファクタリング会社の利益となり、売掛金(売掛債権)を立て替えるというリスクが発生するため、手数料は必ず発生します。
  • ② 3社間ファクタリングの場合は売掛先の承諾が必要 3社間ファクタリングは、売掛先も契約に関わるため承諾を得てからではないと資金調達ができません。なぜかというと売掛金の入金を直接ファクタリング会社の口座に変更してもらう必要があるからです。そのため売掛先の承諾は必須となります。
  • ③ 売掛金(売掛債権)の範囲内でしか資金調達ができない ファクタリングは売掛金(売掛債権)を早期現金化する資金調達方法なので、お持ちの売掛金(売掛債権)より上の資金調達はすることができません。もしも希望金額よりもファクタリングでの資金調達額が下回ってしまう場合は、銀行融資やビジネスローンなど別の資金調達と併用して利用することをおすすめします。
  • ④ 分割返済ができない 銀行融資とは違い借入ではないので、売掛金(売掛債権)の入金日に一括でファクタリング会社へ送金をする必要があります。分割返済となると、ファクタリングではなく「貸金」に該当します。そのためどのようなファクタリングであっても、全て一括返済がファクタリングのルールとなります。

ファクタリング契約の流れ

契約までの流れは以下のようになります。

  • STEP01
    お問い合わせ・申し込み
  • STEP02
    審査
  • STEP03
    ファクタリング契約締結
    資金調達完了

STEP1~3の資金調達が完了するまで、最短即日~3日と銀行融資よりも圧倒的に早く資金調達ができるのがファクタリング最大の特徴です。

ファクタリングの活用シーン

ファクタリングをどのようなタイミングで活用しているのか、幣社をご利用いただいたお客様にアンケートを実施し、わかりやすくまとめましたので初めてご利用される方は是非ご覧ください。

ファクタリング契約時の注意点

かなりのスピードで資金調達ができるファクタリングですが、ここ数年でファクタリング会社は数社から数百社と非常に増えています。その中には、悪徳業者と呼ばれるファクタリング会社も存在するので、契約時は以下の点に注意する必要があります。

  • ・契約書の説明をしっかりとしてくれるか
  • ・契約書の原本もしくは控えをもらえるか
  • ・事前に伝えられていた手数料よりも高くなっていないか

上記のように、契約書の説明がないまま押印を進めてきたり、原本・控えをもらえないようなファクタリング会社との契約は避けるべきでしょう。また、手数料を直前に高くするなどということも悪徳なファクタリング会社の手法ですので注意が必要です。

支払い期日について

ファクタリングは、売掛金(売掛債権)をファクタリング会社に売却して資金調達する方法ですので、売掛先から入金されたその日に、ファクタリング会社へ送金を行なわなければなりません。もし入金を行なわなかった場合は、ファクタリング会社によって異なりますが、法的措置を取る会社もあります。3社間ファクタリングであれば上記のような心配はありませんが、2社間ファクタリングの場合にこのようなことが起こらないよう注意しましょう。

ファクタリングの法的解釈

最後に、ファクタリングについて法的部分もふまえ説明していきます。
結論からいうと、ファクタリングに違法性は全くないのです。何故かというと、そもそもファクタリングは売掛金(売掛債権)をファクタリング会社に売却し、手数料を差し引いた分を買取代金として受け取る資金調達方法です。この金融取引は、銀行融資にも出資にも該当しないため貸金業などの金融関連法には属しません。

2社間ファクタリングの法的解釈

2社間ファクタリングは、民法第555条の売買に該当します。

民法第555条(売買)
  • 売買は、当事者の一方がある財産権を相手方に移転することを約し、相手方がこれに対してその代金を支払うことを約することによって、その効力を生ずる。

3社間ファクタリングの法的解釈

3社間ファクタリングは、民法466条の債権の譲渡性に該当します。

民法第466条(債権の譲渡性)
  • ① 債権は、譲り渡すことができる。ただし、その性質がこれを許さないときは、この限りでない。
  • ② 前項の規定は、当事者が反対の意思を表示した場合には、適用しない。ただし、その意思表示は、善意の第三者に対抗することができない。

2社間ファクタリング・3社間ファクタリングはそれぞれ法律に基づいているということが上記でお分かりいただけたかと思います。ファクタリングに違法性はなく、とても便利な資金調達方法ですので、いざという時に是非ご利用ください。

  • お急ぎの方 スピード査定
  • 本査定のお申込みこちら!web査定