株式会社ビートレーディング

FACTORING

売掛金買取サービス(ファクタリング)

大企業、中小企業に関わらず、会社運営において資金繰りは生命線と言えます。
経営者の皆様は、資金繰りの改善・資金調達方法などご存知だとは思います。
ただ資金繰りは急に変わることが多く、資金調達などにおいて重要な点はスピードだと考えております。
ビートレーディングでご提供している「売掛金買取サービス」(ファクタリング)は、
資金調達までのスピードを重視したサービスになっております。

通常の融資や貸付、ビジネスローンなどとは全く違う、
「売掛金買取サービス」(ファクタリング)についてご紹介いたします。

売掛債権(売掛金)とは?

売掛債権の定義

営業活動などで顧客に商品やサービスを提供すると、代金の受け取りまでに間が空くことはしばしばあります。売掛債権とは、このまだ受け取っていない代金を請求できる権利のことです。別名「売上債権」「営業債権」と呼ばれることもあります。

会計上、売掛債権は企業の資産のひとつとみなされます。すぐに入金が見込める債権のため、勘定科目では「流動資産」として処理されます。売掛債権は、さらに売掛金と受取手形に分類することができます。通常、3060日間後に入金するものを売掛金、これ以上の期間になる場合は受取手形とする企業が多いです。

「売掛債権担保融資保証制度」による広まり

以前は資金確保として、土地を担保にした融資や、手形取引が活用されていました。現在はこれらの取引量は低迷しており、最も多かった時期と比べると、バブル崩壊後の手形取引は10分の1にまで低下しています。

このような背景から、経済産業省中小企業庁によって、売掛金を担保にする融資の際に信用保証協会が保証を行う「売掛債権担保融資保証制度」がつくられました。これによって、売掛債権にも注目が集まるようになったのです。

受取手形・金銭債権との違い

受取手形とは

受取手形は手形法に基づいた取引で、手形を振り出した人が受け取った人に対し、指定した期日までに手形に記載された代金を支払うというものです。支払期限を延長したい際に使われています。しかし、受取手形は法律に基づいた取引で、売掛債権は企業間の信用取引に基づく取引です。手形通りに支払いが行われない場合は、銀行との取引が停止されてしまうという点には注意しなければなりません。

手形を振り出すためには銀行で当座預金を開設する必要がありますが、もし支払いがされなければ、銀行との取引は停止されます。企業が銀行との取引を停止されれば、営業活動にも支障が出てしまいます。受取手形は振り出す人にとっては倒産リスクを伴い、支払いを受け取る側にとっては確実に支払いをしてくれるものなのです。一方、売掛債権は信用取引のため、極端な話では、支払わなくても銀行取引が停止されるなどはありません。

金銭債権とは

金銭債権は、売上債権、受取手形、貸付金など、将来現金として回収できる権利のことです。金銭債権は、本業から発生した売上債権と、本業取引以外で発生したその他債権に分けることができます。

企業の貸借対照表上では、本業から発生した債権のうち、短期間に循環して取引する手形債権や売掛債権の場合は、「流動資産」に記載します。ただし、1年未満に支払いを受けることができない場合は、「投資その他の資産」に表示しなければなりません。本業以外で発生した債権の場合は、1年未満に現金化できるものなら「流動資産の部」、それ以外であれば「投資その他の資産」として扱われます。

売掛債権回収の重要性

売掛債権は、企業間の信用のもとで成り立っています。回収を怠ると資金繰りに影響を及ぼすばかりではなく、企業間の信用問題にも発展しかねません。また、債権の種類によっては時効の期限があります。時効が近くなったら、支払い誓約書に署名を求めるなどすることで、時効を中断することも可能です。請求せずに放置したまま時効を過ぎてしまうと権利を行使することができなくなるため気をつけましょう。

確実な売掛債権の回収は、安定した経営には不可欠です。しかし、売掛金の入金が遅れる場合や、取引先が倒産して売掛金の回収ができなくなるケースもあります。なかなか支払ってくれない相手と取引してしまうと、自社の倒産リスクも高めてしまうため、扱いには注意が必要です。

売掛債権の売掛金買取サービス(ファクタリング)

売掛債権の注意点

売掛債権の回収はタイムラグが発生するため、急な仕入れや、人件費の支払い、設備投資には対応することができません。このようなリスクを想定し、資金繰りを意識する必要があります。こうした懸念を解消できるのが、売掛債権の売掛金買取サービス(ファクタリング)です。特に中小企業では恩恵の大きい手段で、正しい知識を知り活用すれば、安心で安全な資金調達が可能となります。

売掛金買取サービス(ファクタリング)の仕組み

売掛債権を利用した資金繰り方法が売掛金買取サービス(ファクタリング)です。以下のような仕組みで売掛金を現金に換えることができます。

1. 売掛債権を譲渡(債権譲渡契約を締結)

売掛金買取サービス(ファクタリング)会社と契約を結び、売掛債権を売却する契約を結びます。売掛金買取サービス(ファクタリング)会社へは手数料を支払わなければなりません。また、3社間での取引になる場合は、売掛金の回収先となる企業にも承諾を得る必要があります。

2. 売掛債権の支払い

契約が結ばれると、売掛先企業からの売掛金の回収を待たず、売掛金買取サービス(ファクタリング)会社から顧客へ買取代金の支払いが行われます。顧客が保有する売掛金を売掛金買取サービス(ファクタリング)会社に譲るため、売掛金の支払い期日前に支払いを受けることが可能です。会社によって支払いまでの期間は異なりますが、長くとも数日程度でしょう。

3 売掛債権の回収

基本的に売掛金の回収は、通常通りに売掛先から顧客が回収を行います。
その後、顧客から売掛金買取サービス(ファクタリング)会社へ回収金を支払うことで一連の流れが完了します。
売掛先からの支払いが遅れたり、倒産したとしても、顧客側には何の義務も発生しません。

売掛債権を買取ってもらうメリット

売掛債権売却で得た資金は借入ではないため、金融機関の借入と比べて、審査期間が短く、担保が不要で、入金までが早いというメリットがあります。通常であれば期日前に売掛金を受け取ることは出来ませんが、売掛債権を売却することで、期日前に現金化が可能となり、キャッシュフローの改善が見込めるでしょう。

また、売掛金を譲渡する資金調達で、返済義務は発生しません。万が一、売掛先の倒産などで売掛金が回収できなくなった場合も、顧客は支払う義務を負う必要がないのです。リスク対策と資金調達を同時にすることができます。ノンリコースで契約すれば、売掛金の未回収リスクを売掛金買取サービス(ファクタリング)会社で負担してくれるため、結局資金調達が叶わないという不安もありません。

売掛債権の活用の見直し

 昨今はIT系などのベンチャー企業に限らず、かつて安定とされていた生活用品、食品といった業界でも事業再編が進み事業体が多様化しています。加えて非常勤や派遣など雇用制度も多様化しています。経営者はより安定した資金繰りの方法を模索していることでしょう。以前であれば先を予想した資金繰りで安定的な経営が求められていましたが、なかなか先の見通しをたてることは難しくなっています。融資をする方として、多くの要素を加味した回収リスクの判断は難しく思うように資金提供に踏み切れないこともあるでしょう。そのために安全で回収の目途が立ちやすい売掛金を買取ってもらう(ファクタリング)という手法が、注目を集めているのです。

資金調達の際に融資を募る方法は大きな労力がかかりますが、売掛金を売掛金買取サービス(ファクタリング)会社に譲渡すれば、リスクも手間もかけずに売掛金を現金化することが可能です。企業経営の流動性を高める方法として、売掛金買取サービス(ファクタリング)利用の流れを知っておくことは有用でしょう。資金繰りに悩んでいる方は、ぜひ売掛金買取サービス(ファクタリング)を検討してみてはいかがでしょうか。

SIMULATION

ビートレーティングのスピード査定

買取希望金額必須
翌月売掛金額必須
売掛先への確認
法人・個人事業主
会社名
氏名
所在地
電話番号必須
メールアドレス必須

無料の査定はこちら 0120-979-559