株式会社ビートレーディング

FACTORING

売掛金買取サービス(ファクタリング)

診療報酬債権買取サービス(診療報酬債権ファクタリング)は、
医療事業者の資金繰りの改善に有効な手段です。

診療報酬債権買取サービス(診療報酬債権ファクタリング)を活用するメリットや特徴など、
診療報酬債権買取サービス(診療報酬債権ファクタリング)の基礎知識を紹介します。

ビートレーディングの診療報酬債権買取サービス(診療報酬債権ファクタリング)

診療報酬債権買取サービス(診療報酬債権ファクタリング)とは、お客様が社保や国保から受け取る診療報酬債権を当社が買い取ることで、入金を早期化する資金調達方法です。

通常の保険請求では、仕事をした月の翌々月に国保や社保から資金が振込まれます。そのため、診療報酬債権が資金化されるまでに実質60日近く要します。

ですが、当社の診療報酬債権買取サービス(診療報酬債権ファクタリング)では、当社が診療報酬債権を買い取ることで、最大55日早く資金化できるほか、最大3箇月分を早期資金化することも可能です。買い取る額に上限もなく、全国対応しておりますので、大変ご好評をいただいております。

また当社では、クリニックや病院だけでなく、保険薬局が社保や国保から受け取る調剤報酬債権も買い取ることが可能です。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

診療報酬債権買取サービス(診療報酬債権ファクタリング)のメリット

診療報酬債権は売却することで現金に換えることが可能です。診療報酬債権買取サービス(診療報酬債権ファクタリング)を利用して資金調達をするのには、以下に挙げる3つのメリットがあります。

契約~現金化までの手続きが簡単

診療報酬債権買取サービス(診療報酬債権ファクタリング)は、銀行での融資と比較すると手続きに手間がかかりません。審査期間が短く、提出書類の準備や説得も容易です。審査の通りやすさは、診療報酬債権買取サービス(診療報酬債権ファクタリング)と融資の違いに大きくかかわっています。当社としても、診療報酬債権はほぼ回収が確実なので、審査時には経営状況などを重視していません。また、使途を制限していないため、診療報酬債権買取サービス(診療報酬債権ファクタリング)で得た資金は自由に使えるというのもメリットでしょう。

担保や保証人が不要

診療報酬債権買取サービス(診療報酬債権ファクタリング)は診療の対価である債権を譲渡する仕組みであり、借り入れではありません。また、未回収リスクが低い債権でもあります。診療の対価は、大部分が保険で支払われますが、保険で支払われる分は、医療事業者がレセプトをもとに国民健康保険団体連合会や、社会保険診療報酬支払基金に請求します。これらは事実上、回収が確実であるため、借り入れ時のような担保や保証人が不要です。

借入ではないため信用情報への影響がない

診療報酬債権買取サービス(診療報酬債権ファクタリング)は負債計上されないというのも大きなメリットです。貸借対照表(BS)への影響もないため、事業者としての信用に傷がつく心配もありません。今後、事業の拡張にあたって融資が必要になることがあったとしても、金融機関の審査に影響することはないと考えています。

診療報酬債権買取サービス(診療報酬債権ファクタリング)はこんな方におすすめ

短期での資金調達が必要になった

想定外の需要変動や出費があり、すぐに手元に資金が必要になってしまったときには、診療報酬債権買取サービス(診療報酬債権ファクタリング)がおすすめです。通常、診療報酬を受け取れるのは2ヶ月先ですが、ビートレーディングなら最短翌日で手元に資金を準備することができます。急な出費で職員への給与支払いや薬の問屋などへの支払いに困ったときに便利です。

新たに病院を開業、増設したい

新たな病院を開業または増設を検討している方で、銀行融資の審査を受けられない事情があったり、審査を受けている時間がなかったりする場合にも、診療報酬債権買取サービス(診療報酬債権ファクタリング)は有効です。一時的な設備投資のために、わざわざ時間をかけて銀行融資の審査を受けなくて済みます。

調剤薬局の方でも利用が可能

病院、クリニックのみならず、診療報酬を受け取る施設であれば診療報酬債権買取サービス(診療報酬債権ファクタリング)は利用可能です。薬の問屋などへの支払いなどで急な資金が必要になる場合に診療報酬債権買取サービス(診療報酬債権ファクタリング)をおすすめしています。

診療報酬債権買取サービス(診療報酬債権ファクタリング)は、医療事業者の資金繰りの改善に有効な手段です。診療報酬債権買取サービス(診療報酬債権ファクタリング)を活用するメリットや特徴など、診療報酬債権買取サービス(診療報酬債権ファクタリング)の基礎知識を紹介します。

 

診療報酬債権買取サービス(診療報酬債権ファクタリング)とは

診療報酬の基礎

日本では6歳から70歳までの現役世代の医療費は、患者の自己負担が3割、国の負担が7割と定められています。年齢や収入によって若干の違いはありますが、診療報酬の大部分は国から支払われるお金だということです。国からの支払いは、病院が社会保険診療報酬支払基金や国民健康保険団体連合会へレセプト(医療報酬の明細書)をもとに請求しています。これが診療報酬の考え方の基本です。

診療報酬債権とは?

医療事業者は、社会保険診療報酬基金や国民健康保険団体連合会に対して医療サービスの対価を請求し、支払いを受ける権利があります。これが診療報酬債権です。そのため、帳簿上は売掛金にあたりますが、請求先が国という性質上、未回収になるリスクが少ない優良債権だといえます。

診療報酬債権買取サービス(診療報酬債権ファクタリング)とは?

診療報酬債権買取サービス(診療報酬債権ファクタリング)とは、病院が持つ診療報酬債権を売掛金買取会社に売却して現金化することです。診療報酬の支払いは、診療から2ヶ月~3ヶ月弱の時間差があります。しかし、ビートレーディングに売却していただければ最短翌日で債権を現金に換えることが可能です。支払いまでの資金繰りが難しいときにご活用ください。

なお、診療報酬債権買取サービス(診療報酬債権ファクタリング)は、保険医療ができる医療機関であればどこでも利用が可能です。病院、クリニックはもちろん、調剤薬局、歯科、介護事業者も含まれています。

見直されている診療報酬債権買取サービス(診療報酬債権ファクタリング)の活用

昨今医療業界では、市民のヘルスケアへの意識の高まりからクリニック開業が増えたり、その他事業体が多様化したりと日々動きがあります。医療従事者の雇用についても非常勤や派遣など多様化しています。以前であれば先を予想した資金繰りで安定的な経営が求められていましたが、なかなか先の見通しをたてることは難しくなっています。その際に診療報酬債権買取サービス(診療報酬債権ファクタリング)は、より安全で回収の目途が立ちやすい資産を利用した資金繰り改善で注目を集めています。

診療報酬債権買取サービス(診療報酬債権ファクタリング)は、短期間の資金集めに強いサービスです。銀行融資のような手間がかからないのもメリットでしょう。資金の流動性を高めることで、新たな投資をして事業を拡大させるのにも有効でしょう。医療業界では認知度が高い資金調達方法のひとつです。医療事業者で銀行融資の審査を受ける時間がない場合や、短期間で資金繰りをしたい方は、ぜひご検討ください。

SIMULATION

ビートレーティングのスピード査定

買取希望金額必須
翌月売掛金額必須
売掛先への確認
法人・個人事業主
会社名
氏名
所在地
電話番号必須
メールアドレス必須

無料の査定はこちら 0120-979-559