ファクタリングの種類|資金調達コラム

【総まとめ】ファクタリング9種類のメリット・デメリットを徹底解説

ファクタリングは、経済産業省が借入に代わる新たな資金調達方法として推奨するなど、近年中小企業や個人事業主を中心に人気を集める金融サービスです。
ファクタリングには売掛金に保険をかけられるものや、売掛金を早期資金化できるものなど、さまざまな種類があります。
続きを読む

一括支払信託とファクタリングの違い

これまでは売掛債権は決済期日まで保有するのが一般的な考え方でした。しかし、売掛債権の流動化も徐々に進みつつあります。現在では、ファクタリングや一括信託支払いを活用する企業も少なくありません。この記事では、これからの資金繰り、資金調達における有効な手段として、二つの違いについてご案内します。

続きを読む

でんさい(電子記録債権)とファクタリングの違い

売掛債権資金化の主な手段として、でんさい(電子記録債権の1種に当たる)とファクタリングがありますが、両者を同じ手段と認識されている方もいるかもしれません。これらには共通点がある半面、異なる点もあります。今回はでんさいとファクタリングの違いについてお伝えします。

続きを読む

医療ファクタリングのメリットとは

早期に売掛債権を回収できる資金調達サービス・ファクタリングは、資金繰りを円滑にするために、日本国内でも浸透しつつある資金調達サービスです。ファクタリングにはいくつか種類があり、特定の業界向けのファクタリングもあります。今回はそういったファクタリングのひとつ、医療ファクタリングについて説明します。

続きを読む

保証ファクタリングのメリットとは

売掛債権を持っているけれども、売掛先からの入金がされる前に、早期に資金調達をする必要がある場合に有効な資金調達サービスがファクタリングです。売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらう事で、最短即日対応、翌日現金化が可能です。また、ファクタリングにはいくつか特徴があります。今回はその中のひとつ「保証ファクタリング」について、詳しく解説します。

続きを読む

1 / 212
サイトマップ