見積依頼

特別キャンペーン実施中! 特別キャンペーン実施中!
ファクタリングは製造業で使うべき資金調達方法|メリットや注意点を紹介

ファクタリングは製造業で使うべき資金調達方法|メリットや注意点を紹介

ファクタリングの基礎知識

「最近、ファクタリングという言葉をよく聞くが、製造業で使うのは実際のところどうなの?」

こんな疑問を持つこともあるのではないでしょうか。

ファクタリングとは、売掛金をファクタリング会社が買い取って資金化する資金調達方法のことです。

近年、新たな資金調達方法として注目されているものの、実際に使うとなると

「安易に使って大丈夫なものか」
「思わぬデメリットはないか」

などと心配は尽きませんよね。

結論をいうと、ファクタリングは製造業の資金調達におすすめの方法といえます。

おすすめする理由は、下記のように製造業に特有の状況において役立つからです。

製造業においては、掛取引が多く売上が入金されるまで時間がかかり、資金繰りを圧迫することが少なくありません。

そうした状況でファクタリングはとても有効です。

しかし、製造業でファクタリングがおすすめとはいえ、どんな状況でもおすすめというわけではありません。

内部留保が十分に確保できているなど、手元に資金が潤沢にある場合は無理に使う必要はありません。

本記事では、ファクタリングを利用する上でのメリット・デメリット、また製造業でファクタリングを使うべきシチュエーションについても紹介しますので、使うべきときに使えるようにしましょう。

▼この記事でわかること

  • ファクタリングとは
  • ファクタリングが製造業の資金調達手段としておすすめな理由
  • ファクタリングを利用するメリット
  • ファクタリングを利用するデメリット
  • ファクタリングの利用がおすすめな製造業のシチュエーション
  • ファクタリングで失敗しないために押さえておくべきポイント
  • 製造業が利用すべきファクタリング会社の選び方

最後まで読むことで、ファクタリングで失敗しないためのポイントや、ファクタリング会社の選び方も把握することができます。

ファクタリングによる資金調達を成功させるためにも、ぜひ最後まで目を通してみてください。

目次

1. ファクタリングとは売掛金を資金化できる資金調達方法

ファクタリングとは、売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらい、資金化する資金調達方法です。

買い取りといっても実際は債権譲渡の契約で、自社の持つ売掛金が決済される前に、ファクタリング会社に売掛債権を譲渡をし、資金化するものです。

売掛債権の譲渡代金は、即日~数日程度で受け取ることができます。

ただし、手数料が2%~18%ほど発生します。

融資や出資と異なり、複雑な手続きなしに素早く資金が調達できるため、年々注目度を増している資金調達方法です。

ファクタリングについて詳しくは、「ファクタリングとは?仕組みや基礎知識を初心者にもわかりやすく解説」を参照してください。

2. ファクタリングは製造業の資金調達手段としておすすめ

冒頭でも触れましたが、ファクタリングは製造業における資金調達手段としておすすめです。

おすすめするのは下記のように製造業特有の資金繰りにおいて役立つからです。

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

2-1. 掛取引が多いため活用機会が多い

製造業では掛取引が多いため、ファクタリングの活用機会が多いと言えます。

ファクタリングは売掛金がないと使えない資金調達方法です。

他の業種ではファクタリングを使おうとしても現金取引が多いために使えないというケースも多くありますが、製造業では使える機会が多くあります。

製造業はファクタリングを使いやすい環境にあるため、資金調達方法の一つとしておすすめです。

2-2. 売掛金を回収するまでの期間を短縮できる

製造業では売掛金の回収まで長い期間がかかりますが、ファクタリングを使うことで回収までの期間を短縮することができます。

製造業では、売上が立っても入金までに数か月かかることが少なくありません。

一方で、次の販売に向けての製品を作るための原材料費や人件費、光熱費といった費用の支払いは日々発生します。

入金サイトの長さが資金繰りを悪化させる要因になることも少なくありません。

その際に、ファクタリングを使って売掛金を資金化することで資金繰りの悪化を抑えることができます。

ファクタリングは「売掛金が支払われるまで必要な支払いが滞って困る」といった事態を解消することができるためおすすめです。

2-3. 受注の急増により支払いが先行して一時的に資金が必要なときに役立つ

ファクタリングは、受注の急増により支払いが先行して一時的に資金が必要なときに役立つため、おすすめです。

製造業では、急に受注が増えて生産体制を増強しなければならなくなることがよくあります。

そうした際に、材料費や人件費といった費用もいつも以上に多く発生します。

内部留保など手元の資金に余裕があればよいですが、いつも潤沢に資金があるとは限りません。

資金がない中で急な支払いに対応するためには、審査に1~2か月かかる融資をあてにすることは現実的ではありません。

即日~数日で資金調達ができるファクタリングを活用することがおすすめです。

2-4. 機械や設備の故障で急な支払いに迫られたときに役立つ

ファクタリングは、機械や設備の故障で急な支払いに迫られたときにも役立ちます。

製造業では、突然機械や設備が故障してしまうことも少なくありません。

機械や設備の故障は生産性の低下に繋がるため、すぐに修理する必要があります。

そのための費用を急いで調達したいといった場合に、早期に資金調達ができるファクタリングが便利です。

2-5. 一時的な受注減少に伴う資金繰り悪化に対応できる

ファクタリングでは、一時的に受注が減少して資金繰りが悪化しているような状況に対応しやすい資金調達方法です。

製造業では、一時的に受注が減少したからといって、製造にかかる費用を急に削減することはできません。

急に材料費や人件費をカットしてしまうと生産性が下がってしまうからです。

受注が回復したときに生産性が低下していては生産が追いつかなくなります。

このため受注が減少してもこれまで通りの固定費の支払いが必要となり、資金繰りが悪化することがよくあります。

この一時的な資金繰りの悪さを解消するためにもファクタリングは役立ちます。

売上の減少で融資が受けにくい状況でも、売掛金さえあればファクタリングでの資金調達が可能です。

3. 製造業でファクタリングを利用するメリット7つ

ファクタリングが製造業の資金調達においておすすめである理由を理解していただけたことと思います。

おすすめの理由でも触れた通り、ファクタリングには、売掛金が決済されるまでの期間を待たずに資金を確保することができるなど、さまざまな利点があります。

ここでは、製造業でファクタリングを利用する際のメリットに焦点を当てて紹介します。

具体的にメリットを挙げると次の7点です。

ファクタリングを有効活用するためにも、どのようなメリットがあるか詳しくチェックしておきましょう。

3-1. 最短即日で資金を手に入れることができる

ファクタリングの大きなメリットは、最短即日で資金を手に入れることができるという資金調達のスピードの早さです。

ファクタリングは遅くとも数日で資金化が可能です。

最短でも1か月ほどかかる銀行融資などに比べて、圧倒的に早いといえます。

ファクタリングは、急な支払いに迫られた場合など、資金の入手を急ぐ場合に非常に役立つ資金調達方法です。

3-2. 売掛先の承諾を得ずに資金調達ができる

ファクタリングは、売掛先に承諾を得ず資金調達をすることができます。

ファクタリングでは売掛金を譲渡し資金化するため、売掛先に知られてしまうのではないかと心配になることもあるでしょう。

しかし、ファクタリングには、2者間ファクタリングと3者間ファクタリングがあり、2者間ファクタリングを利用すれば、売掛先に連絡することなく契約できます。

3-2-1.【2者間ファクタリング・3者間ファクタリングとは】

2者間ファクタリングとは、ファクタリングの利用会社とファクタリング会社の間で資金調達のやり取りを完結する方法です。

一方、3者間ファクタリングは、ファクタリングの利用会社がファクタリング会社に売掛金の譲渡をすることを売掛先に通知する方法です。

2者間ファクタリングと3者間ファクタリングの違いは、売掛先が誰に売掛金を支払うかです。

2者間ファクタリングでは、売掛先はファクタリングの利用会社に売掛金を支払い、利用会社が回収した売掛金をファクタリング会社に送金します。

3者間ファクタリングでは、売掛先はファクタリング会社に売掛金を支払います。

※2者間ファクタリングについて詳しくは「2者間ファクタリングとは?メリット・デメリットとやり方・注意点を解説」を、

3者間ファクタリングについて詳しくは「3者間ファクタリングとは?依頼者・売掛先双方のメリット・デメリット 」をご参照ください。

3-3. 自社の業績は審査に影響しない

ファクタリングを利用する際にも審査があるものの、ファクタリングを利用する自社の業績については、審査に影響しません。

ファクタリング会社が審査で重視するのは売掛先の状況です。

あくまで売掛金を回収できるかどうかを判断するため、売掛先の信用度や業績については審査対象となるものの、ファクタリングを利用する会社についての業績については問いません。

自社が赤字であっても債務超過であっても特に審査には影響しません。

3-4. 審査手続きが簡単

ファクタリングは、手続きが簡単であることもメリットです。

ファクタリングの手続きに最低必要な書類は下記2種類です。

  • 売掛先との継続的な取引が確認できる通帳のコピー(表紙付2か月分)
  • 売掛金の存在が確認できる請求書あるいは契約書などのコピー

決算書、事業計画書、登記簿謄本、納税証明書など多くの書類が必要な融資などに比べて、手続きに必要な書類は少なく、手続きは簡単に済ませることができます。

3-5. 売掛金が未回収になるリスクを軽減できる

ファクタリングでは、仮に売掛先が倒産して、ファクタリング会社が売掛金を回収できなくても、利用者はファクタリング会社から受け取った資金を弁済する義務はありません。

また、ファクタリング会社が回収できなかった売掛金について補償する必要もありません。

回収できなかった売掛金については、ファクタリング会社が負担します。

ファクタリングを利用する際の債権譲渡契約では、売掛金の「回収リスク」も含めて譲渡するのが原則です。

このため、売掛先の倒産リスクを負うのはファクタリング会社となります。

利用者には売掛先が倒産した場合であっても、支払義務や補償義務はありません。

3-6. 決算書や信用情報に悪影響がない

ファクタリングによる資金調達は、売掛金を支払期日前に資金化するという方法であって、資金を新たに借り入れるという負債を増やす行為ではありません。

帳簿上は、資産である「売掛金」が「預金」に置き換えられるだけで、負債項目が増えることはありません。

また、借入ではないため信用情報への影響もありません。

このため、決算書上、負債が増加して決算書の見栄えが悪くなる、信用情報に登録されるというような悪影響を与えることはありません。

4. 製造業でファクタリングを利用するデメリット4つ

次に製造業でファクタリングを利用するデメリットについて紹介します。

製造業でファクタリングを利用するデメリットは次のような点です。

ファクタリングを失敗なく使うためにもメリットと併せてデメリットもしっかりと把握しておくようにしましょう。

4-1. 手数料がかかる

ファクタリングを利用するデメリットは手数料がかかる点です。

ファクタリングの手数料は売掛金の2%~18%と言われています。

手数料は、通常、売掛金を支払う売掛先の信用度が高いほど低い傾向にあります。

また、ファクタリング会社によっても手数料の水準は異なります。

ファクタリングを利用する際には手数料が発生するため、手元に資金が十分にある場合に無理に使わないように注意しましょう。

4-2. 売掛金以上の資金は得られない

ファクタリングでの資金調達では、売掛金の金額を上回る資金調達はできません。

ファクタリングはあくまで売掛金を資金化する手段のため、売掛金から手数料を差し引いた金額しか調達することはできません。

ファクタリングでは、調達できる金額が売掛金の範囲内であることに注意しましょう。

4-3. 売掛先の信用力によっては審査が通らないこともある

ファクタリングは、売掛先の信用力によっては審査が通らず資金調達ができないこともあります。

ファクタリング会社は、売掛金を回収できなければ利益を確保することができないため、売掛金の支払義務のある売掛先の審査を入念に行います。

その際、売掛先の業績が悪化しているなど信用力に不審な点があると、ファクタリング会社は売掛金の譲受を却下することもあります。

ファクタリングは売掛先の信用力がない場合は使えない場合があるため注意しましょう。

4-4. 3者間ファクタリングは売掛先の承諾が必要

3者間ファクタリングの場合、売掛先の承諾が必要になります。

ファクタリングは、2者間ファクタリングよりも3者間ファクタリングの方が手数料が安い傾向にあるため、3者間ファクタリングを利用する会社も少なくありません。

ただし、3者間ファクタリングは、売掛先がファクタリングの利用を知ることになるため、売掛先によってはネガティブな反応をすることもあります。

資金調達が必要ということは経営不振なのでは?と疑われて今後の取引に影響が出る可能性もなくはありません。

手数料を抑えることも大切ですが、売掛先に与える影響も考えて3者間ファクタリングを活用するようにしましょう。

5. ファクタリングの利用がおすすめな製造業のシチュエーション

製造業でファクタリングをおすすめする理由や、ファクタリングを利用するメリットとデメリットを紹介しました。

ここではそれらの事情を踏まえて、製造業においてどのようなシチュエーションでファクタリングを使うべきかを紹介します。

ファクタリングは先にお伝えした通りデメリットもあるため、必ずしも使わなければならないものではありません。

使うべきシチュエーションで使うようにしましょう。

詳しくは次の通りです。

5-1. 黒字なのに資金繰りが悪いとき

黒字が続いているのに資金繰りが悪いときは、ファクタリングを活用するようにしましょう。

製造業では、売上がきちんと立っていて黒字であるにも関わらず、売掛先からの入金が遅いために、日々の原材料費や人件費の支払いに窮してしまうことがよくあります。

手元の運営資金が不足すると、これらの製造費の支払いができないうえ、融資の返済にも行き詰まり、倒産に追い込まれてしまう可能性が生じます。

黒字続きにも関わらず売掛金の入金が遅く支払いに困るようであれば、ファクタリングを使って資金を確保するようにしましょう。

5-2. 銀行に融資を断られたとき

資金が必要で銀行に融資を依頼したにも関わらず断られたときには、ファクタリングがおすすめです。

現在赤字を抱えている、税金を滞納しているなどといったときには銀行に融資を断られることがよくあります。

融資を断られても、製造業の場合は多額の売掛金を保有しているケースが多いため、ファクタリングによる資金調達が可能です。

銀行の融資を受けられない場合にはファクタリングを使うようにしましょう。

5-3. 急な支払いが必要にも関わらず手元に資金がないとき

急な支払いが必要にも関わらず手元に資金がないときには、ファクタリングがおすすめです。

例えば、製造機械や設備の故障などで資金調達を急ぐ場合などにファクタリングは役立ちます。

すぐに支払いが必要なときは、銀行融資や出資などの資金調達手段では間に合いませんが、ファクタリングの場合は最短即日で資金調達することが可能です。

急な支払いが必要となった場合には、ファクタリングを使うようにしましょう。

6. 製造業のファクタリングで失敗しないために押さえておくべき4つのポイント

製造業でファクタリングを活用するシーンがイメージできたのではないでしょうか。

ちなみに実際にファクタリングを活用する際には注意したい点がいくつかあります。

具体的には下記のような点です。

ファクタリングの利用で失敗しないためにも、ぜひ以下で詳細を確認してみてください。

6-1. ファクタリング会社によって最低買取額や買取限度額が異なることに注意する

ファクタリングは、ファクタリング会社によって売掛金の最低買取額や買取限度額が異なることに注意しましょう。

例えば、ファクタリング会社によっては、最低でも50万円以上の売掛金しか取り扱わないというケースがあります。

もし50万円以下の売掛金を資金化したい場合は、50万円以下の売掛金を取り扱うファクタリング会社を選ぶ必要があります。

また逆に買取金額に上限を儲けているファクタリング会社もあります。

例えば、1億円の売掛金を資金化したい場合、1件当たり5,000万円までの売掛金しか取り扱わないファクタリング会社では、取り扱ってもらうことができません。

ファクタリングを行う際には、資金化したい売掛金の額を扱ってくれるファクタリング会社に依頼する必要があります。

6-2. 契約書・請求書など売掛金を証明する書類を保管しておく

ファクタリングを利用する場合には、契約書・請求書・見積書など、売掛金を証明する書類が必要となります。

必要書類を保管しておくようにしましょう。

実際には

  • 売掛金がいくらあるかを証明するもの(契約書、請求書、納品書、検収書などのコピー)
  • 売掛先と継続的な取引があることを証明するもの(売掛先からの過去の入金履歴が記載された通帳のコピーなど)

が必要となります。

必要書類のコピーはファクタリングの申し込みの際に必要となるため、大切に保管しておくようにしておきましょう。

6-3. 悪徳業者に注意する

ファクタリングを取り扱う会社の中には悪徳業者も存在するため、悪徳業者に注意するようにしましょう。

例えば、「2-5. 売掛金が未回収になるリスクを軽減できる」で解説した通り、ファクタリングを利用する際には、売掛先が倒産した際の債権回収リスクはファクタリング会社が負うのが一般的です。

しかし、この債権回収リスクを利用者に負わせる契約を結ぼうとする業者もいます。

そうしたファクタリングサービスを提供する業者は、違法業者の可能性もあります。

ファクタリング会社と契約する前に契約内容をよく確認して、契約するようにしましょう

6-4. ファクタリングをしている事実を外部に漏らさないようにする

ファクタリングをしている事実を外部に漏らさないように気を付けましょう。

2者間ファクタリングを利用すれば、売掛先にファクタリングを利用していることを連絡しなくてもいいことはすでに解説した通りです。

しかし、2者間ファクタリングを利用していても、自社からファクタリングを利用していることが外部に知られると、あの会社は大丈夫なのか?といった事実とは異なる噂が広まってしまう可能性もあります。

思わぬ風評被害を避けるためにも、ファクタリングを利用している事実を外部に漏らさないように進めることがおすすめです。

7.製造業が利用すべきファクタリング会社の選び方

ファクタリングの利用で失敗しないためにはファクタリング会社選びも重要です。

ここでは、特に製造業におけるファクタリング会社の選び方について紹介します。

<製造業におけるファクタリング会社の選び方のポイント>

  • 売掛金の買取限度額を確認する
  • 売掛金の最低買取金額を確認する
  • 資金調達を急ぐ場合は資金化までが早い会社を選ぶ
  • 実績が豊富で信頼度の高い会社を選ぶ

詳しくは次の通りです。

7-1. 売掛金の買取限度額を確認する

製造業でファクタリング会社を選ぶ際には、売掛金の買取限度額を確認するようにしましょう。

製造業でファクタリングを利用する場合には、金額規模が大きくなることが少なくありません。

数千万円規模の売掛金を資金化したくても、ファクタリング会社の買取限度額を超えていては資金化することができません。

ファクタリング会社を選ぶ際には、ファクタリング会社の買取限度額を確認して選ぶようにしましょう。

7-2. 売掛金の最低買取金額を確認する

ファクタリング会社を選ぶ際には、売掛金の最低買取金額を確認するようにしましょう。

売上規模の小さな会社の場合、ファクタリングをしたい売掛金の金額が小さいケースもあります。

ファクタリング会社を選んでも、譲渡したい売掛金が最低買取金額に満たないと取り扱ってもらうことができません。

ファクタリング会社を選ぶ前に、最低買取金額を確認して選ぶようにしましょう。

7-3. 資金調達を急ぐ場合は資金化までが早い会社を選ぶ

資金調達を急ぐ場合には、資金化までが早いファクタリング会社を選ぶようにしましょう。

製造業では支払期日が迫っていて資金調達を急ぐ場合もあります。

せっかくファクタリングを利用しても、期日に間に合わないと意味がありません。

ファクタリングは融資や出資などに比べて資金調達は早いものの、ファクタリング会社によって多少審査にかかる日数が異なります。

急ぐ場合は、必要な期間内に資金調達ができるファクタリング会社を選ぶようにしましょう。

7-4. 実績が豊富で信頼度の高い会社を選ぶ

ファクタリング会社を選ぶ際には、実績が豊富で信頼度の高い会社を選ぶようにしましょう。

実績はファクタリング会社のホームページなどで確認できます。

また、インターネット上の口コミ情報やファクタリング会社を利用した同業者などの意見を参考に、信頼度の高いファクタリング会社を選ぶこともできます。

ファクタリングを安心して利用するためにも、実績が豊富で信頼のある会社を選ぶことがおすすめです。

8. 製造業のファクタリングには即日資金調達が可能で実績豊富なビートレーディングがおすすめ

前の章では、製造業でファクタリング会社を選ぶ際のポイントとして下記のようにお伝えしました。

  • 資金化したい売掛金が実際に買い取ってもらえる価格帯かどうか、「買取限度額」や「最低買取金額」を確認する
  • 資金調達を急ぐ場合は資金化までが早い会社を選ぶ
  • 実績が豊富で信頼度の高い会社を選ぶ

もし、製造業でファクタリング会社選びに迷っている場合は、弊社ビートレーディングにぜひご相談ください。

ビートレーディングでは、上記のニーズに次のようにお応えすることができます。

8-1. 買取実績は3万円~7億円!金額の大小を問わず資金調達可能

ビートレーディングのファクタリングでは、3万円~7億円の買取実績があり、金額の大小を問わず資金調達が可能です。

さまざまな売掛金の金額規模に対応できるファクタリングサービスのため、お気軽にご相談ください。

8-2. 即日の資金調達も可能なスピード審査!最短5時間での調達も可能

ビートレーディングのファクタリングでは、即日の資金調達も可能なスピード審査を行っています。

最短5時間での調達も可能です。

資金調達を急いでいる場合には、メリットが大きいファクタリングサービスです。

契約手続きについても、来社・訪問が不要なオンライン契約でも対応しています。

お急ぎの際にはぜひご相談ください。

8-3. 資金調達3.7万社以上、累計買取額900億円達成と実績も豊富

ビートレーディングは、資金調達実績3.7万社以上、累計買取額900億円達成(2022年3月時点)と実績が豊富で高い信頼を得ています。

ファクタリング会社の中には、「6-3. 悪徳業者に注意する」で解説した通り、債権回収リスクを利用者に負わせたり、高い手数料を取る悪徳業者も存在します。

悪徳業者を避け、実績の高いビートレーディングのファクタリングサービスをおすすめします。

8-4. ビートレーディングでは「注文書ファクタリング」も利用可能!

さらにビートレーディングでは、「注文書ファクタリング」というファクタリングサービスも利用可能なため、製造業のファクタリングにおすすめです。

【注文書ファクタリングとは】

売掛先から商品の受注を受けたときの「注文書」をファクタリング会社に買い取ってもらい
資金化する資金調達方法。  
通常のファクタリングでは、商品を納品した後の「請求書」ベースでの申し込みになりますが、
注文書ファクタリングでは納品前の「注文書」ベースでの資金調達が可能となります。

「納品がまだなんだけど……」

といった場合でも、「注文書」があれば、ファクタリングを受けることが可能です。

通常のファクタリングよりも早く資金調達ができ、売掛先に知られることなく手続きを進めることもできます。

以上のように、ビートレーディングのファクタリングは製造業でも安心して活用いただけます。

ファクタリングを検討している際には、ぜひビートレーディングにご相談ください。

お見積りはこちらからご請求いただけます。

9.まとめ

製造業において、ファクタリングは以下の理由からおすすめであることをお伝えしました。

ファクタリングにはメリットとデメリットがあり、それらを考慮すると特に次のようなシチュエーションで役立ちます。

ただし、ファクタリングで資金調達を失敗なく進めるためには、下記の点に注意する必要があります。

ファクタリングを活用する際には、本文で紹介したファクタリング会社の選び方も参照して選ぶようにしましょう。

これらの情報を、ぜひファクタリングによるスムーズな資金調達のために役立ててください。